イベント詳細Details of an event

終了

第96回AGC Studioデザインフォーラム
「空間のしきり」

2018年9月13日(木)
講演会/セミナー

日 時:2018 年9月13日(木)
    15:45 – 16:00  開場
    16:00 – 16:15 フォーラム開始、ご挨拶
    16:15 – 17:00 舟岡技術士事務所 舟岡氏
    17:00 – 17:45 清泉女学院大学 榊原氏
    17:45 – 18:00 休憩
    18:00 – 19:00 パネルディスカッション
            舟岡氏、榊原氏、株式会社日立製作所 丸山氏、パワープレイス若杉氏、AGC株式会社小野(司会)

 

会 場:AGC Studio 2階 会議室(アクセス

 

定 員:70名

 

参加費:無料(先着順 申込制)

 


 

【テーマ】

 

空間をわける「しきり」の課題について、「しきり」が空間のバリアではなく、
空間と空間をうまくつなげるものになるにはどうしたらよいのか、を参加者で一緒に考えます。
2つの講演とアコースティックデザインフォーラムのメンバーによるパネルディスカッションを行います。

 

①舟岡技術士事務所代表 舟岡努氏
これまで多数多種な建築物の設計に携われたご経験から、
ガラスを用いた「しきり」(光は通すしきり)に関する
ニーズや技術の動向、課題などの話題をご提供いただき、
専門家ならではの解決策に関する取り組み事例、見識をご紹介いただきます。

 

②清泉女学院大学 講師 榊原 直樹氏
榊原先生は、公共空間でのバリアフリーに関するご研究をされております。
ご講演では特に、視覚障害を持つかたが頼りにしている音や、困惑する音の種類、
それらに配慮した国内外の空間設計事例などをご紹介いただきます。
また、聴覚障害の方への光を用いたバリアフリー化に関しても話を広げていただく予定です。

 

③パネルディスカッション
光と音の両方を制御できるようなしきりの可能性や展開について参加者全員で議論を行います。

 

※アコースティックデザインフォーラム・・・音や光、その他の感性に根ざした「空間創り」を手掛けるデザイナーやシステム開発者、ハードウェア技術者を中心としたオープンな集まり。感性が大切にされ、刺激されて育つ、「価値の高い空間」を、より広く提供することを目的に活動している。

 


 

《このデザインフォーラムに関連した企画展の情報はこちらへ》