イベント詳細Details of an event

終了

第95回 AGC Studio デザインフォーラム
ミラノデザインウィーク2018 帰国展
Soundscape スペシャルトークイベント

2018年6月21日(木)
講演会/セミナー

トークテーマ「ミラノデザインウイーク2018報告」

 

開催日: 2018年6月21日(木)
受付: 18:00、講演: 18:30-20:00
パネラー
  萬代 基介(萬代基介建築設計事務所)
  吉泉 聡(TAKT PROJECT)
  山田 泰巨(編集者)
  秋山 順(AGC旭硝子 商品開発研究所)
会場: AGC Studio 2階セミナールーム 参加無料
定員: 70名(事前申込・先着順)
申し込み:「イベント・来館予約へ」のボタンをクリックし、移動先のサイトで必要事項をご記入の上お申し込み下さい。
【CPD認定予定】

 

【パネラー】

 

萬代 基介(建築家)/Motosuke MANDAI(Architect)
建築家。2005年東京大学大学院修了後、石上純也建築設計事務所を経て2012年に独立し、萬代基介建築設計事務所を設立。2012~2015年横浜国立大学大学院Y-GSA設計助手。2016年より東京大学非常勤講師。主な作品に、東日本大震災被災地宮城県石巻市の漁業の復興拠点「おしか番屋」、日本橋木屋本店「izutuki」、ATELIER MUJI「食のかたがみ展 だし」「地球の音楽展」など。DSA空間デザイン賞大賞、JCDデザインアワード金賞など受賞多数。

 

吉泉 聡(デザイナー TAKT PROJECT 代表)/Satoshi Yoshiizumi (Designer
TAKT PROJECT)

東北大学工学部機械知能工学科卒業。デザインオフィスnendo、ヤマハ株式会社デザイン研究所を経て、2013 年TAKT PROJECT Inc. を共同設立。DESIGN THINK+DO TANK を掲げ、デザインを通して「別の可能性を作る」さまざまなプロジェクトを展開している。実験的な自主研究プロジェクトを行い、その成果をミラノデザインウィーク、デザインマイアミ、メゾン・エ・オブジェ・パリ、香港M+ など国内外の美術館やデザインインベントで発表・招聘展示。その研究成果をベースに、様々なクライアントとコラボレーション、プロジェクトに応じてデザインの役割を最大化する独自のアプローチを特徴とする。Design Miami/ Swarovski Designers of the Future Award、iFデザインアワード(独)、Red Dotアワード (独)など受賞多数。

 

山田 泰巨(編集者)/Yoshinao Yamada(Editor)

1980年、北海道生まれ。『商店建築』『Pen』編集部を経て、2017年よりフリーランスで活動。建築、デザイン、アートなどの特集を中心に、雑誌『Pen』『Casa BRUTUS』『ELLE DÉCOR JAPON』『Harper’s BAZAAR』『madame FIGARO japon』などで編集・執筆。展覧会の企画協力やカタログなどにも携わる。