イベント詳細Details of an event

終了

スペシャルトークセッション
「ヨーロッパにおけるガラスを使ったインテリアのトレンド(仮)」

2018年2月15日(木)
講演会/セミナー

日 時:2018 年2月15日(木)15:00 ~17:00(受付:14:30~)
パネラー: Liesbeth Bracke(AGC Glass Europe,Interior Design Consultant and Project Manager )
聞き手/通訳:植村遥氏
会 場:AGC Studio 2階セミナールーム (参加無料)
定 員:70 名(事前申込・先着順)
申し込み方法:「イベント・来館予約へ」のボタンをクリックし、
       移動先のサイトで必要事項をご記入の上お申し込み下さい。

 

※日本語での同時通訳がございます。

 
【リスベス・ブレック プロフィール】

 

Liesbeth Bracke(リスベス・ブレック)はヨーロッパ域内のAGCのデザインガラスの販売責任者であり、グローバルのデザインガラスのマーケティングのリーダー。
2011年にAGCに入社し、ブラジルのプロジェクトを経たのちにAGCグラス・ヨーロッパ社においてデザインガラスのマーケティングや製品開発を担当している。International business and Design managementの修士号を取得。

 

Liesbeth Bracke is responsible for the promotion of decorative glass in Europe and is taking an active role in expanding decorative glass sales on global level for AGC. Her interest in design, marketing and product development has been present throughout her career. She started working for AGC Glass in 2011 on a strategic marketing project in Brazil and continued in Europe the following year. Bracke has 10 years of experience in sales, marketing and product development. She holds a Master’s degree in Business Engineering, with a specialization in International business and Design management.

 

【植村遥氏 プロフィール】

 

京都府生まれ。
2011年Gerrit Rietveld Acadmie建築デザイン学科卒業。
2013年 Sandberg Instituutにて Studio for Immediate Spaces修士課程修了。
欧州宇宙技術研究センター(ESTEC)の月面基地の共同プロジェクトをはじめ、素材開発、パビリオン、住宅、ランドスケープなどオランダにてさまざまなプロジェクトに携わる。
Anne Holtrop事務所を経て、2014年よりUemura Architecture Lab主宰、ONDEL DE LINDE共同主宰。2017年より早稲田大学非常勤講師。
《主な受賞歴》
Art&Architect Festa 35歳以下若手建築家による建築の展覧会
旭硝子株式会社 多彩な光のあるガラス建築 優秀賞
ELLE DECOR JAPAN ヤング・ジャパニーズ・デザイナー・タレント賞