イベント詳細Details of an event

終了

第50回 AGC studioデザインフォーラム
U-35設計競技 「多様な光のあるガラス建築」 公開審査

2014年10月17日(金)
講演会/セミナー

ガラスは、透明性をもつ硬質素材という特質により、温度や湿度、騒音などから人々を守る役割を果たしながら、内部空間に明るい光をもたらし、外部環境への視界をクリアに広げることができる、現代建築には欠かせない存在となっています。閉ざしながら透明性をもつ未来的な空間には、人々に清々しさや感動を与える力があります。この設計競技では、今後の活躍が期待される35歳以下の新人建築家7組から、ガラス素材の新しい使い方や表現の建築の提案を募ります。

 

【CPD認定予定】

 

■日 時:2014年10月17日(金) 18:00~20:00(17:30~受付)
■テーマ:「多様な光のあるガラス建築」
■開催場所:AGC studio 2階会議室

 

■審査会参加建築家:
 設計競技に参加した以下の7組が審査会に参加予定です。
   伊藤友紀氏
   岩田知洋氏・山上弘氏
   植村遥氏
   魚谷剛紀氏
   高栄智史氏
   長谷川欣則氏
   細海拓也氏

 

■審査員:太田浩史氏
      (建築家・デザイン・ヌーブ共同主宰・東京大学生産技術研究所講師)
     佐藤 淳氏
      (構造家・佐藤淳構造設計事務所主宰・東京大学工学准教授)
     平沼孝啓氏
      (建築家・平沼孝啓建築研究所主宰・大阪大学非常勤講師)
     相武弘明
      (AGC ガラスカンパニー ビルディング・産業事業本部 日本・アジア事業部 ビルディングガラス部長)

 

■定 員:70名
(事前申込制、申し込み状況により定員が変わる場合もあります)
■参加費:無料
■特設サイト:「U-35 Under 35 Architects exhibition 2014」

 

※公開審査へお越しの皆様には、2014年展覧会図録を先着10名に差し上げます。