イベント詳細Details of an event

終了

東京大学 建築構成材デザイン工学(AGC旭硝子)寄付講座
第6回連続シンポジウム 『ソーラーデカスロンヨーロッパ』からみた
省エネルギー住宅の傾向と日本の試み

2013年2月1日(金)
講演会/セミナー

■日 時:2013年2月1日(金)16:00~19:30(開場15:30)
■開催場所:AGC studio 2階会議室

 

■内 容:

  • 16:00~16:10:
  • 挨拶・趣旨説明・講師司会紹介
    (佐藤淳・東京大学大学院 特任准教授)
  • 16:10~16:45:
  • 講演①川瀬貴晴(千葉大学 教授)
    「ソーラーデカスロンについて」
    ソーラーデカスロンヨーロッパについて、今回の状況(モニタリング手法含め)、各出品作の特徴など
  • 16:45~17:20:
  • 講演②鈴木弘樹(千葉大学 准教授)
    「おもてなしハウスについて」
    おもてなしハウスの狙いと応募・準備・建設の過程
  • 17:20~18:00:
  • ディスカッション・質疑・応答
    (司会:清家剛・東京大学大学院 准教授)
  • 18:00~18:10:
  • 休憩(施設内見学も可能)
  • 18:10~19:30:
  • ミニ懇親会

 

■定 員:50名(事前申込制、申し込み状況により定員が変わる場合もあります)
■参加費:無料