イベント詳細Details of an event

終了

第21回 AGC studioデザインフォーラム
「新しい建築の楽しさ」展連動企画 講演会”風景をつくる”

2012年8月2日(木)
講演会/セミナー

「新しい建築の楽しさ」展と連動した講演会シリーズの第四弾です。
テーマは「風景をつくる」。
駅前旅館のリノベーションとオーナーの新築住宅の複合プロジェクト、障害者と高齢者が支え合うリハビリ施設とデイケアセンターの複合施設、斜面に利用した集合住宅とホテルの複合施設についてそれぞれを設計した建築家に解説していただきます。
【CPD認定】

 

■日 時:2012年8月2日(木) 18:30~20:00(18:00~受付)
■講演者:安原 幹氏(SALHAUS)
     古澤大輔氏(メジロスタジオ)
■モデレーター:中崎隆司氏(建築ジャーナリスト、生活環境プロデューサー)
■定 員:70名(事前申込制)
■参加費:無料

 

●ゲスト
安原 幹(やすはらもとき)
1972年大阪府生まれ。98年東京大学大学院修了。山本理顕設計工場を経て、08年SALHAUS(サルハウス)共同設立。東京理科大学理工学部准教授。

 

古澤大輔(ふるさわだいすけ)
1976年東京都生まれ。2002年東京都立大学(現・首都大学東京)大学院修了、メジロスタジオ共同設立。

 

●モデレーター
中崎隆司(なかさきたかし)
1952年、福岡県生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。生活環境(パッケージ・デザインから建築、まちづくり、都市計画まで)に関するプロジェクトのアドバイス、および調査、企画、計画、設計などの総合的なプロデュース、建築・都市をテーマとする取材・執筆を職業としている。著書に『建築の幸せ』、『ゆるやかにつながる社会―建築家31人にみる新しい空間の様相―』、『なぜ無責任な建築と都市をつくる社会が続くのか』、『幸せに向かうデザイン』(共編・著)がある。

 

イベントカテゴリー