AGC studioでは、様々なイベントや講演会を開催しております。皆様のご参加をお待ちしております。

「終了したイベント・講演会」のうち、 の表示のあるものは、
デザインフォーラムレポートで講演の詳細を閲覧できます。

※AGC studioで開催されるデザインフォーラムとガラス建築ツアーは、建築CPD運営会議認定プログラムです。
    共通プログラム:建築CPD情報提供制度、JIA CPD制度、建築士会CPD制度、
    建築設備士関係団体CPD制度、APECアーキテクト、APECエンジニア

※お申し込み後、開催日1週間前を経過しても連絡がない場合は、お手数ですがご一報ください。

ガラス建築ツアー 銀座コース(2016/6/18)
AGC studioがある京橋周辺にはガラスを使った建築が数多くあります。
図面や写真ではわかりにくいガラスの仕上がりや質感など、
ガラスの説明と共にご確認いただける機会として、
「ガラス建築ツアー」を企画いたします。ガラス建築に興味をお持ちの方や、
ガラスの使い方をご自身で確かめたい方々のご参加をお待ちしております。
【CPD認定予定】
■日時:
6月18日(土)
 15:00~  AGC studio 見学と説明(30分)
 15:30~  ツアースタート(AGC studio 出発)
 17:30   AGC studio 到着
■集合場所:
AGC studio 2階
■定 員:
15名(事前申込、先着順)
※5名以上のご応募より開催します
■対象エリア:
銀座周辺
■参加資格:
ガラス建築物に興味のある方
■参加費:
無料
■申込方法:
登録フォームからのお申し込みで仮登録となり、
開催日の1週間前を目安に登録完了のご連絡を兼ねて参加票をお送りいたします。


◇参加人数・天候によってはツアーの催行を中止する場合がございます。
◇集合時刻に遅れた場合、ツアーにご参加いただけない可能性がございます。
  当日は時間に余裕を持ってお集まり下さい。
◇ご不明な点は、AGC studioまでご連絡ください。

銀座をめぐるガラス建築ツアー
左:「Glass Architecture Map GINZA」    右:ツアー風景

以前開催したツアーのブログ記事はこちら ≫前編 後編

終了したイベント・講演会

AGC studio デザインフォーラムレポート

2016.05.14

ガラス建築ツアー 丸の内コース(2016/5/14)
AGC studioからほど近い丸の内周辺にはガラスを使った建築が数多くあります。
図面や写真ではわかりにくいガラスの仕上がりや質感など、
ガラスの説明と共にご確認いただける機会として、
「ガラス建築ツアー」を企画いたします。ガラス建築に興味をお持ちの方や、
ガラスの使い方をご自身で確かめたい方々のご参加をお待ちしております。
【CPD認定予定】
■日 時:
5月14日(土)
 15:00~  AGC studio 見学と説明(30分)
 15:30~  ツアースタート(AGC studio 出発)
 17:30   AGC studio 到着
■集合場所:
AGC studio 2階
■定 員:
15名(事前申込、先着順)
※5名以上のご応募より開催します
■対象エリア:
丸の内周辺
■参加資格:
ガラス建築物に興味のある方
■参加費:
無料

◇参加人数・天候によってはツアーの催行を中止する場合がございます。
◇集合時刻に遅れた場合、ツアーにご参加いただけない可能性がございます。
  当日は時間に余裕を持ってお集まり下さい。
◇ご不明な点は、AGC studioまでご連絡ください。

マップとガラス建築ツアーの様子
「Glass Architecture Map MARUNOUCHI」と ツアー風景(右)

以前開催したツアーのブログ記事はこちら ≫

2016.04.23

ガラス建築ツアー 銀座コース(2016/4/23)
AGC studioがある京橋周辺にはガラスを使った建築が数多くあります。
図面や写真ではわかりにくいガラスの仕上がりや質感など、
ガラスの説明と共にご確認いただける機会として、
「ガラス建築ツアー」を企画いたします。ガラス建築に興味をお持ちの方や、
ガラスの使い方をご自身で確かめたい方々のご参加をお待ちしております。
【CPD認定予定】
■日時:
4月23日(土)
 13:30~  AGC studio 見学と説明(30分)
 14:00~  ツアースタート(AGC studio 出発)
 16:00   AGC studio 到着
■集合場所:
AGC studio 2階
■定 員:
15名(事前申込、先着順)
※5名以上のご応募より開催します
■対象エリア:
銀座周辺
■参加資格:
ガラス建築物に興味のある方
■参加費:
無料



◇参加人数・天候によってはツアーの催行を中止する場合がございます。
◇集合時刻に遅れた場合、ツアーにご参加いただけない可能性がございます。
  当日は時間に余裕を持ってお集まり下さい。
◇ご不明な点は、AGC studioまでご連絡ください。

銀座をめぐるガラス建築ツアー
左:「Glass Architecture Map GINZA」    右:ツアー風景

以前開催したツアーのブログ記事はこちら ≫前編 後編

2016.04.21

第69回 デザインフォーラム (2016/4/21)
U-35 Young Architect Japan. 開催記念トークイベント

【CPD認定予定】
(第一部)では、設計競技の2次審査に選出された3組による対談を行います。前半では、設計競技の提案についてのプレゼンテーションを行い、後半では、今後の活躍が期待される若手建築家に、これからのガラス建築のあり方や可能性を伺います。
(第二部)では、日本を代表し全国で活躍をする出展若手建築家のひとつ上の世代の建築家、構造家をゲストに迎え、これからのガラス建築のあり方や可能性を探ります。

■日時:
2016年4月21日(木) 17:00~21:00
(第一部)
17:00-17:15 主催者挨拶・開催の経緯
17:15-17:45 提案者(最優秀案、優秀2案)発表
17:45-18:15 座談会(提案者×進行モデレーター:平沼孝啓)

18:15-18:30 (15分休憩)

(第ニ部)
18:30-19:00 平田晃久レクチュア
19:00-20:00 平田晃久×太田浩史×佐藤淳×平沼孝啓
20:00-21:00 レセプションパーティ
■開催場所:
AGC studio 2階会議室  アクセス ≫
■ゲスト:
平田 晃久氏(建築家)
■モデレーター:
太田 浩史(建築家)
佐藤 淳(構造家)
平沼 孝啓(建築家)
■提案出展者:
U-35ガラス建築の設計競技提案者
高濱 史子氏(最優秀賞)
佐藤 研也氏(優秀賞)
植村 遥氏(優秀賞)
■定 員:
70名(事前申込制、申し込み状況により定員が変わる場合もあります)
■参加費:
無料

■ゲスト プロフィール

平田晃久氏平田 晃久 Akihisa Hirata(建築家)
1971 年大阪生まれ。97-05年伊東豊雄建築設計事務所。05年平田晃久建築設計事務所設立。15-京都大学准教授。12年第13 回ベネチアビエンナーレ金獅子賞(日本館)など他多数を受賞する。



■モデレーター プロフィール

太田浩史 太田浩史 Hiroshi Ohta(建築家)
1968年東京生まれ。00年デザイン・ヌーブ設立。主な作品に「PopulouSCAPE」(2005)、「AGCスタジオ」(2010)など。東京ピクニッククラブ共同主宰。

佐藤淳佐藤 淳 Jun Sato(構造家)
1970年愛知県生まれ。00年佐藤淳構造設計事務所設立。10年より東京大学准教授(AGC 寄付講座)。建築家と協働で、数々の現代建築を新たな設計理念によって実現させてきた。

平沼孝啓平沼孝啓 Kohki Hiranuma(建築家)
1971年大阪生まれ。99年平沼孝啓 建築研究所設立。主な受賞にイノベイティブ・アーキテクチュア国際建築賞(イタリア)や、ジャーマン国際アワード(ドイツ)など。14年ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展。

2016.03.24

第68回 AGC studio デザインフォーラム(2016/3/24)
AGC studio Exhibition No.16「Glass on Details」連動パネルディスカッション
「インテリアガラスのデザイン表現」

【CPD認定予定】

■日時:
2016年3月24日(木) 17:00~19:00
(16:30~受付)
■開催場所:
AGC studio 2階会議室  アクセス ≫
■パネリスト:
大野 力氏(sinato)
田中亜依氏(三芝硝材株式会社)
■モデレーター:
木下 純(旭硝子株式会社)
■定 員:
70名(事前申込制、申し込み状況により定員が変わる場合もあります)
■参加費:
無料


■内容:
17:00-17:10
主催者挨拶・開催の経緯
17:10-17:50
基調講演「インテリアガラスのデザイン表現」
sinato 大野 力
17:50-18:30
パネルディスカッション「ガラス加工がデザインに果たす役割」
<パネリスト>sinato 大野 力
      三芝硝材株式会社 田中 亜依
<モデレーター>旭硝子株式会社 木下 純
18:30-18:45
AGCのインテリアガラスについて
AGCグラスプロダクツ株式会社 内装・新市場営業部 添田拓司
18:50-19:00
質疑応答
19:00
終了


パネリスト:
大野力大野 力 (sinato)
1976年大阪府生まれ。金沢大学工学部にて都市工学を学び、卒業後にフリーランスを経て2004年に株式会社シナトを設立。住宅や商業施設の設計を中心に、広告やアートに関わるプロジェクトも手がけ、その多くが国内外で様々な賞を受ける。2011年より京都造形芸術大学非常勤講師。
 
田中 亜依(三芝硝材株式会社)

木下 純(旭硝子株式会社)


2016.03.10

第71回  AGC studio デザインフォーラム(2016/3/10)
ガラスラボ企画vol.2「空間を魅せる光とガラス展」連動企画
「空間を魅せる光とガラス」

【CPD認定予定】

■日時:
2016年3月10日(木) 18:30~20:30
(18:00~受付)
■開催場所:
AGC studio 2階会議室  アクセス ≫
■講演者:
久保 秀朗氏(久保都島建築設計事務所)
平松 徹也(旭硝子株式会社 日本・アジア事業部 商品開発グループ リーダー)
■定 員:
70名(事前申込制、申し込み状況により定員が変わる場合もあります)
■参加費:
無料

■講演者プロフィール
久保秀朗氏久保 秀朗(くぼ ひであき)
1982年東京都生まれ。2006年東京大学工学部建築学科卒業、06-07年SintLucas Architectuur(ベルギー)留学、08年東京大学大学院新領域創成科学研究科修了。吉村靖孝建築設計事務所を経て、11年久保都島建築設計事務所設立。14年より前橋工科大学非常勤講師。

2016.03.05

ガラス建築ツアー 丸の内コース(2016/3/5)
AGC studioからほど近い丸の内周辺にはガラスを使った建築が数多くあります。
図面や写真ではわかりにくいガラスの仕上がりや質感など、
ガラスの説明と共にご確認いただける機会として、
「ガラス建築ツアー」を企画いたします。ガラス建築に興味をお持ちの方や、
ガラスの使い方をご自身で確かめたい方々のご参加をお待ちしております。
【CPD認定予定】
■日 時:
3月5日(土)
 14:00~  AGC studio 見学と説明(30分)
 14:30~  ツアースタート(AGC studio 出発)
 16:30   AGC studio 到着
■集合場所:
AGC studio 2階
■定 員:
15名(事前申込、先着順)
※5名以上のご応募より開催します
■対象エリア:
丸の内周辺
■参加資格:
ガラス建築物に興味のある方
■参加費:
無料

◇参加人数・天候によってはツアーの催行を中止する場合がございます。
◇集合時刻に遅れた場合、ツアーにご参加いただけない可能性がございます。
  当日は時間に余裕を持ってお集まり下さい。
◇ご不明な点は、AGC studioまでご連絡ください。

マップとガラス建築ツアーの様子
「Glass Architecture Map MARUNOUCHI」と ツアー風景(右)

以前開催したツアーのブログ記事はこちら ≫

2016.02.18

第67回  AGC studio デザインフォーラム(2016/2/18)
AGC studio Exhibition No.15「新しい建築の楽しさ2015」展連動企画
「文化を再編集する」

 

【CPD認定予定】

■日時:
2016年2月18日(木) 18:30~20:00
(18:00~受付)
■開催場所:
AGC studio 2階会議室  アクセス ≫
■講演者:
畝森 泰行氏(畝森泰行建築設計事務所)
永山 祐子氏(永山祐子建築設計)
弥田 俊男氏(弥田俊男設計建築事務所)
■モデレーター:
中﨑隆司氏(建築ジャーナリスト、生活環境プロデューサー)
■定 員:
70名(事前申込制、申し込み状況により定員が変わる場合もあります)
■参加費:
無料

■講演者プロフィール
畝森泰行畝森泰行(うねもり・ひろゆき)
1979年岡山県生まれ。2005年横浜国立大学大学院修士課程 修了。2002-09年西沢大良建築設計事務所勤務。2009年畝森泰行建築設計事務所設立。2012-14年 横浜国立大学大学院Y-GSA設計助手


永山祐子永山祐子(ながやま・ゆうこ)
1975年東京生まれ。1998年昭和女子大学生活美学科卒業。1998~2002年 青木淳建築計画事務所勤務。2002年永山祐子建築設計設立。主な仕事、「LOUIS VUITTON京都大丸店」、「丘のある家」、「ANTEPRIMA Singapore ION店」、「カヤバ珈琲」、「SISII PRESSROOM」「木屋旅館」「豊島横尾館」など。ロレアル賞奨励賞、JCDデザイン賞奨励賞、ARAwards (UK)優秀賞「丘のあるいえ」、(2006)、ARCHITECTURAL RECORD Award, Design Vanguard2012、JIA新人賞「豊島横尾館」(2014)など。http://www.yukonagayama.co.jp/


弥田俊男弥田俊男(やだ・としお)
1974年愛知県生まれ。1996年京都大学工学部建築学科卒業。1998年京都大学大学院工学研究科建築学専攻修士課程修了。1998年~2011年隈研吾建築都市設計事務所。2011年~弥田俊男設計建築事務所、岡山理科大学工学部建築学科准教授


■モデレーター プロフィール
中﨑隆司氏中﨑 隆司(なかさき・たかし)
1952年、福岡県生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。生活環境(パッケージ・デザインから建築、まちづくり、都市計画まで)に関するプロジェクトのアドバイス、および調査、企画、計画、設計などの総合的なプロデュース、建築・都市をテーマとする取材・執筆を職業としている。著書に『建築の幸せ』、『ゆるやかにつながる社会―建築家31人にみる新しい空間の様相―』、『なぜ無責任な建築と都市をつくる社会が続くのか』、『幸せに向かうデザイン』(共編・著)がある。

デザインフォーラム詳細へ

2016.01.14

第66回  AGC studio デザインフォーラム(2016/1/14)
AGC studio Exhibition No.15「新しい建築の楽しさ2015」展連動企画
「署名された「アノニマス」」

 

【CPD認定予定】

■日時:
2016年1月14日(木) 18:30~20:00
(18:00~受付)
■開催場所:
AGC studio 2階会議室  アクセス ≫
■講演者:
青木 弘司氏(青木弘司建築設計事務所)
中山 英之氏(中山英之建築設計事務所)
吉村 靖孝氏(吉村靖孝建築設計事務所)
■モデレーター:
中﨑隆司氏(建築ジャーナリスト、生活環境プロデューサー)
■定 員:
70名(事前申込制、申し込み状況により定員が変わる場合もあります)
■参加費:
無料

■講演者プロフィール
青木弘司青木弘司(あおき・こうじ)
1976年北海道生まれ。北海学園大学工学部建築学科卒業後、室蘭工業大学大学院を2003年に修了。藤本壮介建築設計事務所を経て、2011年青木弘司建築設計事務所設立。2012年武蔵野美術大学非常勤講師、2013年東京造形大学非常勤講師、2014年東京理科大学非常勤講師、2015東京大学非常勤講師。


中山英之中山英之(なかやま・ひでゆき)
1972福岡県生まれ。1998東京藝術大学美術学部 建築科 卒業。2000東京藝術大学大学院 美術研究科建築専攻 修士課程 修了。2000 - 07株式会社 伊東豊雄建築設計事務所 勤務。2007 -株式会社 中山英之建築設計事務所 設立。2008 - 09東京電機大学 非常勤講師。2009 - 12昭和女子大学非常勤講師。2009 - 12東京藝術大学 非常勤講師。2010 - 12東北大学 非常勤講師。2013横浜国立大学 非常勤講師。2014 -東京藝術大学美術学部建築科准教授就任(現在に至る)


吉村靖孝吉村靖孝(よしむら・やすたか)
建築家、明治大学特任教授。1972年愛知県豊田市生まれ。1997年早稲田大学大学院理工学研究科修士課程修了。1999年~2001年MVRDV在籍。2005年吉村靖孝建築設計事務所設立。2013年~明治大学特任教授。JCDデザインアワード大賞、日本建築学会作品選奨、吉岡賞など受賞多数。「ビヘイヴィアとプロトコル」「EX-CONTAINER」「超合法建築図鑑」など著書多数


■モデレーター プロフィール
中﨑隆司氏中﨑 隆司(なかさき・たかし)
1952年、福岡県生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。生活環境(パッケージ・デザインから建築、まちづくり、都市計画まで)に関するプロジェクトのアドバイス、および調査、企画、計画、設計などの総合的なプロデュース、建築・都市をテーマとする取材・執筆を職業としている。著書に『建築の幸せ』、『ゆるやかにつながる社会―建築家31人にみる新しい空間の様相―』、『なぜ無責任な建築と都市をつくる社会が続くのか』、『幸せに向かうデザイン』(共編・著)がある。

デザインフォーラム詳細へ

2015.12.15

AGC COLOR GLASS GUILD 2ND SEASON(2015/12/15)
宇都宮賢二氏 講演会「建築家によるブランディングのすゝめ」


「ブランディング」という言葉が巷にあふれる様になって随分とたちます。 クライアント側も多くを学ぶようになり、ブランディング・サービスを提供する側も、 そのメソッドやアプローチは多岐に渡るようになってきました。 その中で、12年以上に渡って、大崎ThinkParkや航空ブランド/Peach、ワコールなど、 様々なブランディングを成功に導き、自らも一級建築士である同氏が、 建築家というスキルの人間が行うブランディングの有益性について講演します。


■日  時: 平成27年12月15日(火) 17:30~19:00
■開催場所: AGC studio 2階会議室
 
■講演者 : 宇都宮賢二氏宇都宮 賢二
2DOGS INC. 代表取締役 CEO / 一級建築士
http://www.2dogs.tokyo/
http://www.utsunomiyakenji.tokyo/
□お問い合せ: AGCグラスプロダクツ株式会社 内装・新市場営業部
TEL:03-5806-6303  E-mail:interior.glass@agc.com




2015.12.12

ガラス建築ツアー 銀座コース(2015/12/12)
AGC studioがある京橋周辺にはガラスを使った建築が数多くあります。
図面や写真ではわかりにくいガラスの仕上がりや質感など、
ガラスの説明と共にご確認いただける機会として、
「ガラス建築ツアー」を企画いたします。ガラス建築に興味をお持ちの方や、
ガラスの使い方をご自身で確かめたい方々のご参加をお待ちしております。
【CPD認定予定】
■日時:
12月12日(土)
 13:30~  AGC studio 見学と説明(30分)
 14:00~  ツアースタート(AGC studio 出発)
 16:00  AGC studio 到着
■集合場所:
AGC studio 2階
■定 員:
15名(事前申込、先着順)
※5名以上のご応募より開催します
■対象エリア:
銀座周辺
■参加資格:
ガラス建築物に興味のある方
■参加費:
無料


◇参加人数・天候によってはツアーの催行を中止する場合がございます。
◇集合時刻に遅れた場合、ツアーにご参加いただけない可能性がございます。
  当日は時間に余裕を持ってお集まり下さい。
◇ご不明な点は、AGC studioまでご連絡ください。

銀座をめぐるガラス建築ツアー
左:「Glass Architecture Map GINZA」    右:ツアー風景

以前開催したツアーのブログ記事はこちら ≫前編 後編

2015.12.03

第65回  AGC studio デザインフォーラム(2015/12/3)
AGC studio Exhibition No.15「新しい建築の楽しさ2015」展連動企画
「親和性を生み出す領域」

 

【CPD認定予定】

■日 時: 2015年12月3日(木) 18:30~20:00
(18:00~受付)
■開催場所: AGC studio 2階会議室  アクセス ≫
■講演者: 仲 俊治氏(仲建築設計スタジオ)
浜田 晶則氏(浜田晶則建築設計事務所)
山道 拓人氏(ツバメアーキテクツ)
■モデレーター: 中﨑隆司氏(建築ジャーナリスト、生活環境プロデューサー)
■定 員: 70名(事前申込制、申し込み状況により定員が変わる場合もあります)
■参加費: 無料

■講演者プロフィール
仲俊治仲俊治(なか・としはる)
建築家、仲建築設計スタジオ共同主宰。1976年京都府生まれ。1999年東京大学工学部建築学科 卒業。2001年東京大学大学院工学系研究科建築学専攻 修了。2001-08年山 本理顕設計工場。2009年建築設計モノブモン設立。2012年仲建築設計スタジオに改組


浜田晶則浜田晶則(はまだ・あきのり)
1984年富山県生まれ。2010年首都大学東京卒業。2012年東京大学大学院修士課程修了。2012年Alex Knezoとstudio_01設立。2014年浜田晶則建築設計事務所設立。2014年 - teamLab Architects Partner。2014年 - 日本大学非常勤講師


山道拓人山道拓人(さんどう・たくと)
[ツバメアーキテクツ]山道拓人(さんどう・たくと)、千葉元生(ちば・もとお)、西川日満里(さいかわ・ひまり)による建築ユニット。東京工業大学の塚本由晴研究室を卒業し、チリのアレハンドロ・アラヴェナに師事した山道、同大学の坂本一成研究室と塚本由晴研究室、及びスイス連邦工科大学で建築を学んだ千葉、横浜国立大学大学院などで建築を学びCAtで勤務した西川日満里が2013年10月に設立。3人は86年生まれ。空間設計のほか研究開発やまちづくりを行う。


■モデレーター プロフィール
中﨑隆司氏中﨑 隆司(なかさき・たかし)
1952年、福岡県生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。生活環境(パッケージ・デザインから建築、まちづくり、都市計画まで)に関するプロジェクトのアドバイス、および調査、企画、計画、設計などの総合的なプロデュース、建築・都市をテーマとする取材・執筆を職業としている。著書に『建築の幸せ』、『ゆるやかにつながる社会―建築家31人にみる新しい空間の様相―』、『なぜ無責任な建築と都市をつくる社会が続くのか』、『幸せに向かうデザイン』(共編・著)がある。

デザインフォーラム詳細へ

2015.11.19

第64回  AGC studio デザインフォーラム(2015/11/19)
AGC studio Exhibition No.15「新しい建築の楽しさ2015」展連動企画
「ストリート感が自走を促す」

【CPD認定予定】

■日 時: 2015年11月19日(木) 18:30~20:00
(18:00~受付)
■開催場所: AGC studio 2階会議室  アクセス ≫
■講演者: 中川 エリカ氏(中川エリカ建築設計事務所)
細海 拓也氏(細海拓也一級建築士事務所)
萬代 基介氏(萬代基介建築設計事務所)
■モデレーター: 中﨑隆司氏(建築ジャーナリスト、生活環境プロデューサー)
■定 員: 70名(事前申込制、申し込み状況により定員が変わる場合もあります)
■参加費: 無料

■講演者プロフィール
中川エリカ中川エリカ(なかがわ・えりか)
1983年東京都生まれ。2005年横浜国立大学建築学部建築学コース卒業、2007年東京藝術大学大学院美術研究科建築専攻修了、オンデザイン勤務を経て、2014年中川 エリカ建築設計事務所設立。2012年JIA新人賞受賞。2014年~横浜国立大学大学院(Y-GSA)設計助手


細貝拓也細海拓也(ほそかい・たくや)
1980年新潟県生まれ。2005年横浜国立大学大学院修了、OMA、ENSAMBLE STUDIO勤務を経て、2013年細海拓也一級建築士事務所主宰、IMIN共同主宰。


萬代基介萬代基介(まんだい・もとすけ)
1980年神奈川県生まれ。2003年東京大学工学部建築学科卒業。2005年東京大学大学院工学系研究科建築学専攻修士課程修了。2005-2011年石上純也建築設計事務所在籍。2012年萬代基介建築設計事務所設立。2012-2015年横浜国立大学大学院Y-GSA設計助手。DSA空間デザイン大賞、JCDデザインアワード金賞受賞等。http://mndi.net


■モデレーター プロフィール
中﨑隆司氏中﨑 隆司(なかさき・たかし)
1952年、福岡県生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。生活環境(パッケージ・デザインから建築、まちづくり、都市計画まで)に関するプロジェクトのアドバイス、および調査、企画、計画、設計などの総合的なプロデュース、建築・都市をテーマとする取材・執筆を職業としている。著書に『建築の幸せ』、『ゆるやかにつながる社会―建築家31人にみる新しい空間の様相―』、『なぜ無責任な建築と都市をつくる社会が続くのか』、『幸せに向かうデザイン』(共編・著)がある。

2015.11.14

ガラス建築ツアー 丸の内コース(2015/11/14)
AGC studioからほど近い丸の内周辺にはガラスを使った建築が数多くあります。
図面や写真ではわかりにくいガラスの仕上がりや質感など、
ガラスの説明と共にご確認いただける機会として、
「ガラス建築ツアー」を企画いたします。ガラス建築に興味をお持ちの方や、
ガラスの使い方をご自身で確かめたい方々のご参加をお待ちしております。
【CPD認定予定】
■日 時: 11月14日(土)
 13:30~  AGC studio 見学と説明(30分)
 14:00~  ツアースタート(AGC studio 出発)
 16:00   AGC studio 到着
■集合場所: AGC studio 2階
■定 員: 15名(事前申込、先着順)
※5名以上のご応募より、ツアー開催します
■対象エリア: 丸の内周辺
■参加資格: ガラス建築物に興味のある方
■参加費: 無料

 

◇参加人数・天候によってはツアーの催行を中止する場合がございます。
◇集合時刻に遅れた場合、ツアーにご参加いただけない可能性がございます。
  当日は時間に余裕を持ってお集まり下さい。
◇ご不明な点は、AGC studioまでご連絡ください。

マップとガラス建築ツアーの様子
「Glass Architecture Map MARUNOUCHI」と ツアー風景(右)

以前開催したツアーのブログ記事はこちら ≫

2015.11.11

デジタルサイネージ研究会 フォーラム(2015/11/11)
~1980年代生まれの5人の若手建築家が考えるデジタルサイネージの空間表現~

デジタルサイネージフォーラム 近頃、街のあちこちに増えているデジタルサイネージ。
デジタルサイネージが単なる表示媒体としてではなく、
空間と融合するとどうなるのか?
AGC旭硝子のガラスサイネージ製品
「infoverre®(インフォベール)」と 「Glascene®(グラシーン)」を用いた空間表現を、
5人の若手建築家が提案します。

■日 時: 11月11日(水)(参加費無料)
17:30~20:00(17:00受付開始)
※プレゼンテーション終了後、懇親会を予定しております。
■主 催: 旭硝子株式会社/AGC studio
■企 画: 中崎 隆司(建築ジャーナリスト)
■会 場: AGC studio

■テーマとプレゼンター
浜田晶則「Digitalized Window」
浜田 晶則(はまだ あきのり)
[浜田晶則建築設計事務所]
萬代基介「鏡の中のもう一つの世界 -デジタルサイネージによる新しい「鏡」の提案ー」
萬代 基介(まんだい もとすけ)
[萬代基介建築設計事務所]
中川エリカ 「コミュニティメディアとしてのサイネージ」
中川エリカ(なかがわ えりか)
[中川エリカ建築設計事務所]
山田紗子 「signage cloud」
山田 紗子(やまだ すずこ)
[山田紗子建築設計事務所]
久保秀朗 「Glascene Tower」
久保 秀朗(くぼ ひであき)
[久保都島建築設計事務所]


2015.10.30

第63回 AGC studioデザインフォーラム (2015/10/30)
AGC studio開設5周年記念企画 女流建築家4人によるトークイベント
「わたしたちのケンチクとガラス」

 

【CPD認定予定】

 

■日  時: 2015年10月30日(金)17:30~19:15
■開催場所: AGC studio 2階会議室

■出演者:  

三澤文子 三澤文子氏(Ms 建築設計事務所)
MSD主宰、岐阜県立森林文化アカデミー客員教授。
地域木材を使用する木造住宅の設計と木造建築病理学を踏まえた改修設計を実践する。
著書に「住宅に空間力を」(彰国社2007)「最高の木造住宅をつくる方法」(エクスナレッジ2010)など。
2007年日本建築学会賞教育賞受賞、2013年日本建築士会連合会賞優秀賞(北沢建築工場)

加茂紀和子氏 加茂紀和子氏(みかんぐみ)
東京工業大学大学院修士課程修了後、株式会社久米設計設計室勤務(-1991年)
1995年より みかんぐみ共同代表で設計活動
代表的な設計建物:NHK長野放送会館、伊那市立伊那東小学校 他
現ICSカレッジオブアーツ講師

乾久美子氏 乾久美子氏(乾久美子建築設計事務所)
1969 大阪生まれ 1992 東京藝術大学美術学部建築科卒業
1996 イエール大学大学院建築学部修了
1996~2000 青木淳建築計画事務所勤務
2000 乾久美子建築設計事務所設立
2000~2001 東京藝術大学美術学部建築家常勤助手
2001~2002 京都造形芸術大学非常勤講師
2006~ 昭和女子大学非常勤講師

■司会進行:  

成瀬友梨氏 成瀬友梨氏(成瀬・猪熊建築設計事務所)
1979年生まれ。2007年東京大学大学院博士過程単位取得退学。
2007年成瀬・猪熊建築設計事務所共同設立。2009年から東京大学特任助教。2010年から同助教。
地域・ライフスタイル・コミュニケーションという観点から建築を考え、シェアをキーワードに設計を行う。主にシェアハウス・コワーキングスペース・イノベーションセンター・福祉施設・などを手がける。
代表作に「FabCafe Tokyo」「LT城西」「柏の葉オープンイノベーションラボ(KOIL)」「りくカフェ」など。
主な著書に、『シェアをデザインする』(共著)。
主な受賞に2015年日本建築学会作品選集新人賞、JID AWARD2015最優秀賞、2014年 Best of Asia Pacific Design Awards Winning Projects 最優秀賞。


■定  員: 70名(事前申込制、申し込み状況により定員が変わる場合もあります)
■参加費: 無料

2015.10.21

第61回 AGC studioデザインフォーラム (2015/10/21)
AGC studio Exhibition No.14「学校の窓から、見えるもの。」
連動セミナー 「最新の学校施設づくりについて」
~これからの地域社会と学校のあり方~複合化

 

文部科学省が推進する学校施設の変革は、すでに多くの施設で現実のものとなっています。 そこで、長寿命化改修や小中併設化などの最新事例を公開する、開催期間連動セミナーを実施します。
実際の改修に携わった方々による、貴重な体験談や提言も満載。
ぜひ、この機会に変わりゆく学校施設の未来にふれてみてください。
協力:一般社団法人 文教施設協会


【CPD認定予定】

 

■日  時: 2015年10月21日(水)13:30~17:00
■開催場所: AGC studio 2階会議室
■御登壇者: 赤松 佳珠子 氏
株式会社シーラカンスアンドアソシエイツ パートナー
法政大学准教授、神戸芸術工科大学非常勤講師
■基調講演: 「これからの地域社会と学校のあり方」
■事例とテーマ: 立川市立第一小学校・柴崎図書館・ 学童保育所・学習館
(学校と地域施設の複合化)
■定  員: 70名(事前申込制、申し込み状況により定員が変わる場合もあります)
■参加費: 無料

スケジュール
13:30 開会挨拶
13:40~ 基調講演(90分)
15:10~ 休憩
15:25~ 講演(45分)
「最新の学校施設づくり施策について(文部科学省)」
一般社団法人 文教施設協会 縄手雅史氏
16:10~ ご提案(30分)
「時代を映すこれからの学校の窓ガラス
~長寿命化、複合化に対応する省エネルギー及び防災・防犯ガラス~」
16:40~ ご見学 および 質疑応答
17:00 閉会終了
デザインフォーラム詳細へ

2015.10.20

第62回 AGC studioデザインフォーラム(2015/10/20)
U-35設計競技 「多様な光のあるガラス建築」 公開審査

 


ガラスは、透明性をもつ硬質素材という特質により、温度や湿度、騒音などから人々を守る役割を果たしながら、内部空間に明るい光をもたらし、外部環境への視界をクリアに広げることができる、現代建築には欠かせない存在となっています。閉ざしながら透明性をもつ未来的な空間には、人々に清々しさや感動を与える力があります。この設計競技では、今後の活躍が期待される35歳以下の若手建築家から、ガラス素材の新しい使い方や表現の建築の提案を募ります。

【CPD認定予定】

U-35 2015フライヤー

■日 時:2015年10月20日(火) 18:00~20:00

        (17:30~受付)

■テーマ:「多様な光のあるガラス建築」

■開催場所:AGC studio 2階会議室

 


■審査員: 太田浩史氏
 (建築家・一級建築士事務所ヌーブ共同主宰)
佐藤 淳氏
 (構造家・佐藤淳構造設計事務所主宰)
平沼孝啓氏
 (建築家・平沼孝啓建築研究所主宰)
新井太吉
 (AGC ガラスカンパニー ビルディング・産業事業本部 日本・アジア事業部 日本事業部長)
 
 
■定 員: 70名
(事前申込制、申し込み状況により定員が変わる場合もあります)
■参加費: 無料

■特設サイト:AGC studio x AAF ガラス建築の設計競技 ≫

 

 

2015.10.10

ガラス建築ツアー 銀座コース(2015/10/10)
AGC studioがある京橋周辺にはガラスを使った建築が数多くあります。
図面や写真ではわかりにくいガラスの仕上がりや質感など、
ガラスの説明と共にご確認いただける機会として、
「ガラス建築ツアー」を企画いたします。ガラス建築に興味をお持ちの方や、
ガラスの使い方をご自身で確かめたい方々のご参加をお待ちしております。
【CPD認定予定】
■日 時: 10月10日(土)
 13:30~  AGC studio 見学と説明(30分)
 14:00~  ツアースタート(AGC studio 出発)
 16:00   AGC studio 到着
■集合場所: AGC studio 2階
■定 員: 15名(事前申込、先着順)
※5名以上のご応募より開催します
■対象エリア: 銀座周辺
■参加資格: ガラス建築物に興味のある方
■参加費: 無料

◇参加人数・天候によってはツアーの催行を中止する場合がございます。
◇集合時刻に遅れた場合、ツアーにご参加いただけない可能性がございます。
  当日は時間に余裕を持ってお集まり下さい。
◇ご不明な点は、AGC studioまでご連絡ください。

銀座をめぐるガラス建築ツアー
左:「Glass Architecture Map GINZA」    右:ツアー風景

以前開催したツアーのブログ記事はこちら ≫前編 後編

2015.09.19

ガラス建築ツアー 丸の内コース(2015/9/19)
AGC studioからほど近い丸の内周辺にはガラスを使った建築が数多くあります。
図面や写真ではわかりにくいガラスの仕上がりや質感など、
ガラスの説明と共にご確認いただける機会として、
「ガラス建築ツアー」を企画いたします。ガラス建築に興味をお持ちの方や、
ガラスの使い方をご自身で確かめたい方々のご参加をお待ちしております。
【CPD認定予定】
■日 時: 9月19日(土)
 15:00~  AGC studio 見学と説明(30分)
 15:30~  ツアースタート(AGC studio 出発)
 17:30   AGC studio 到着
■集合場所: AGC studio 2階
■定 員: 15名(事前申込、先着順)
※5名以上のご応募より、ツアー開催します
■対象エリア: 丸の内周辺
■参加資格: ガラス建築物に興味のある方
■参加費: 無料

 

◇参加人数・天候によってはツアーの催行を中止する場合がございます。
◇集合時刻に遅れた場合、ツアーにご参加いただけない可能性がございます。
  当日は時間に余裕を持ってお集まり下さい。
◇ご不明な点は、AGC studioまでご連絡ください。

マップとガラス建築ツアーの様子
「Glass Architecture Map MARUNOUCHI」と ツアー風景(右)

以前開催したツアーのブログ記事はこちら ≫

2015.09.17

第60回 AGC studioデザインフォーラム (2015/9/17)
AGC studio Exhibition No.14「学校の窓から、見えるもの。」
連動セミナー 「最新の学校施設づくりについて」
~次世代へ繋ぐ学び舎を考える~長寿命化

 

文部科学省が推進する学校施設の変革は、すでに多くの施設で現実のものとなっています。 そこで、長寿命化改修や小中併設化などの最新事例を公開する、開催期間連動セミナーを実施します。
実際の改修に携わった方々による、貴重な体験談や提言も満載。
ぜひ、この機会に変わりゆく学校施設の未来にふれてみてください。
協力:一般社団法人 文教施設協会


【CPD認定予定】

 

■日  時: 2015年9月17日(木)13:30~17:00
■開催場所: AGC studio 2階会議室
■ご登壇者: 丸野 道明 氏
鹿島建設株式会社
建築設計本部チーフアーキテクト
教育文化ナレッジマネージャー
■基調講演: 次世代へ繋ぐ学び舎を考える
■事例とテーマ: 鎌倉学園中学校・高等学校・他(長寿命化改修)
■定  員: 70名(事前申込制、申し込み状況により定員が変わる場合もあります)
■参加費: 無料

スケジュール
13:30 開会挨拶
13:40~ 基調講演(90分)
15:10~ 休憩
15:25~ 講演(45分)
「最新の学校施設づくり施策について(文部科学省)」
一般社団法人 文教施設協会 縄手雅史氏
16:10~ ご提案(30分)
「時代を映すこれからの学校の窓ガラス
~長寿命化、複合化に対応する省エネルギー及び防災・防犯ガラス~」
16:40~ ご見学 および 質疑応答
17:00 閉会終了
デザインフォーラム詳細へ

2015.08.27

第59回 AGC studioデザインフォーラム (2015/8/27)
AGC studio開設5周年記念企画パネルディスカッション
テーマ「若手建築家が語るガラスの可能性」

 

 2012年からAGC studioで始まった「新しい建築の楽しさ」展は若手建築家による最新プロジェクトの模型展で、昨年の「新しい建築の楽しさ2014」展までに41組の建築設計事務所が参加し、2015年8月時点で半数以上のプロジェクトが完成しています。
 今回、AGC studio が 今秋に開設5周年を迎えるにあたって、その中から2012年・2013年・2014年、各展示に出展した建築家の中から公共・学校建築に携わった各1名の若手建築家を迎え、出展いただいたプロジェクトの話題とともに「ガラスの可能性」についてディスカッションしていただきます。
【CPD認定予定】

 

■日  時: 2015年8月27日(木)18:40~20:30
■開催場所: AGC studio 2階会議室

■モデレーター:  

nakasaki.jpg 中崎隆司(建築ジャーナリスト・生活環境プロデューサー)
1952年、福岡県生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。生活環境(パッケージ・デザインから建築、まちづくり、都市計画まで)に関するプロジェクトのアドバイス、および調査、企画、計画、設計などの総合的なプロデュース、建築・都市をテーマとする取材・執筆を職業としている。著書に『建築の幸せ』、『ゆるやかにつながる社会―建築家31人にみる新しい空間の様相―』、『なぜ無責任な建築と都市をつくる社会が続くのか』、『幸せに向かうデザイン』(共編・著)がある。

■パネリスト:  

suemitsu.jpg 末光弘和(SUEP.)
1976年愛媛県生まれ。2001年東京大学大学院修了。伊東豊雄建築設計事務所を経て、07年からSUEP。現在、株式会社SUEP代表取締役
※過去に末光弘和氏が参加されたデザインフォーラムの様子はこちらからご覧いただけます。
《第20回 「新しい建築の楽しさ」展連動企画 講演会"関係性をつくる"》


itoh.jpg 伊藤麻理(UAo)
1974年栃木県生まれ。97年東洋大学工学部建築学科卒業。99年同大学大学院工学科建築学専攻修士課程修了。スタジオ建築計画、Atelier Kempe Thill architects and planners(オランダ)を経て、2006年アトリエインク設立、09年UAoに改名。
※過去に伊藤麻理氏が参加されたデザインフォーラムの様子はこちらからご覧いただけます。
《第36回 「新しい建築の楽しさ2013」展連動企画 講演会"建築とランドスケープを融合する"》


fujiwara.jpg 藤原徹平(フジワラテッペイアーキテクツラボ)
1975年神奈川県生まれ。2001年横浜国立大学大学院修士課程修了、隈研吾建築都市設計事務所勤務、同事務所設計室長・パートナーを経て、12年退社。09年よりフジワラテッペイアーキテクツラボ代表。10年よりNPO法人ドリフターズインターナショナル理事、東京理科大学非常勤講師。12年より横浜国立大学大学院Y-GSA准教授。13年より宇部ビエンナーレ審査員、14年より宇部市低炭素まちづくりアドバイザー

※過去に藤原徹平氏が参加されたデザインフォーラムの様子はこちらからご覧いただけます。
《第53回 「新しい建築の楽しさ2014」展 連動企画③「新しい景観をつくる」》


■定  員: 70名(事前申込制、申し込み状況により定員が変わる場合もあります)
■参加費: 無料
デザインフォーラム詳細へ

2015.07.25

ガラス建築ツアー 銀座コース(2015/7/25)
AGC studioがある京橋周辺にはガラスを使った建築が数多くあります。
図面や写真ではわかりにくいガラスの仕上がりや質感など、
ガラスの説明と共にご確認いただける機会として、
「ガラス建築ツアー」を企画いたします。ガラス建築に興味をお持ちの方や、
ガラスの使い方をご自身で確かめたい方々のご参加をお待ちしております。
【CPD認定予定】
■日 時: 7月25日(土)
 15:00~  AGC studio 見学と説明(30分)
 15:30~  ツアースタート(AGC studio 出発)
 17:30   AGC studio 到着
■集合場所: AGC studio 2階
■定 員: 15名(事前申込、先着順)
※5名以上のご応募より開催します
■対象エリア: 銀座周辺
■参加資格: ガラス建築物に興味のある方
■参加費: 無料

◇参加人数・天候によってはツアーの催行を中止する場合がございます。
◇集合時刻に遅れた場合、ツアーにご参加いただけない可能性がございます。
  当日は時間に余裕を持ってお集まり下さい。
◇ご不明な点は、AGC studioまでご連絡ください。

銀座をめぐるガラス建築ツアー
左:「Glass Architecture Map GINZA」    右:ツアー風景

以前開催したツアーのブログ記事はこちら ≫前編 後編

2015.06.27

ガラス建築ツアー 丸の内コース(2015/6/27)
AGC studioからほど近い丸の内周辺にはガラスを使った建築が数多くあります。
図面や写真ではわかりにくいガラスの仕上がりや質感など、
ガラスの説明と共にご確認いただける機会として、
「ガラス建築ツアー」を企画いたします。ガラス建築に興味をお持ちの方や、
ガラスの使い方をご自身で確かめたい方々のご参加をお待ちしております。
【CPD認定予定】
■日 時: 6月27日(土)
 13:30~  AGC studio 見学と説明(30分)
 14:00~  ツアースタート(AGC studio 出発)
 16:00   AGC studio 到着
■集合場所: AGC studio 2階
■定 員: 15名(事前申込、先着順)
※5名以上のご応募より、ツアー開催します
■対象エリア: 丸の内周辺
■参加資格: ガラス建築物に興味のある方
■参加費: 無料

 

◇参加人数・天候によってはツアーの催行を中止する場合がございます。
◇集合時刻に遅れた場合、ツアーにご参加いただけない可能性がございます。
  当日は時間に余裕を持ってお集まり下さい。
◇ご不明な点は、AGC studioまでご連絡ください。

マップとガラス建築ツアーの様子
「Glass Architecture Map MARUNOUCHI」と ツアー風景(右)

以前開催したツアーのブログ記事はこちら ≫

2015.06.03

ARTENVARCH(アーテンバーク)講演会(2015.6.3)
アーテンバーク AGC旭硝子は、本年4月に開催されたミラノサローネ(ミラノ・デザイン・ウィーク2015)において「GLACIER FORMATION」と題して新製品Glascene® (グラシーン)とinfoverre® (インフォベール)を用いた空間展示を行いました。この展示で空間デザインを担当したARTENVARCH(アーテンバーク)の川島範久氏、佐藤桂火氏(右写真)による講演会を開催いたします。

ガラスによる情報と空間の新しい関係を提案した展示は多方面から大きな反響をいただき、日本でも同じ展示会を期待される声も多数頂戴しています。建物の外装や内装に使われるガラスをスタイリッシュな情報発信の場に変えていきたいという私たちの想いを、斬新な発想で表現してくれたお二人の講演会にぜひお越しください。

会場ではミラノサローネ会場の模様を映像でご紹介するとともにGlascene® とinfoverre® も展示いたします。

■日 時: 6月3日(水)17:00~18:30(懇親会:18:30~19:30)
■開催場所: AGC studio 2階会議室  
 中央区京橋2-5-18 京橋創生館 1階・2階
 Tel:03-5524-5511  アクセス ≫
■参加費: 無料(懇親会も無料)
■定 員: 50名
 


※関連企画展「ガラスが創る情報と空間の新しい関係」の情報はこちら

2015.05.23

ガラス建築ツアー 銀座コース(2015/5/23)
AGC studioがある京橋周辺にはガラスを使った建築が数多くあります。
図面や写真ではわかりにくいガラスの仕上がりや質感など、
ガラスの説明と共にご確認いただける機会として、
「ガラス建築ツアー」を企画いたします。ガラス建築に興味をお持ちの方や、
ガラスの使い方をご自身で確かめたい方々のご参加をお待ちしております。
【CPD認定予定】
■日 時: 5月23日(土)
 13:30~  AGC studio 見学と説明(30分)
 14:00~  ツアースタート(AGC studio 出発)
 16:00   AGC studio 到着
■集合場所: AGC studio 2階
■定 員: 15名(事前申込、先着順)
※5名以上のご応募より、ツアー開催します
■対象エリア: 銀座周辺
■参加資格: ガラス建築物に興味のある方
■参加費: 無料

 

◇参加人数・天候によってはツアーの催行を中止する場合がございます。
◇集合時刻に遅れた場合、ツアーにご参加いただけない可能性がございます。
  当日は時間に余裕を持ってお集まり下さい。
◇ご不明な点は、AGC studioまでご連絡ください。

銀座をめぐるガラス建築ツアー
左:「Glass Architecture Map GINZA」    右:ツアー風景

以前開催したツアーのブログ記事はこちら ≫前編 後編

2015.04.24

第58回 AGC studioデザインフォーラム (2015/4/24)
U-35 Young Architect Japan. 開催記念トークイベント

 


日本を代表し全国で活躍をする出展若手建築家のひとつ上の世代の建築家・構造家をゲストに迎え、設計競技の審査と経過から、これからのガラス建築の在り方や可能性を探ります。

(第一部)では、設計競技の2次審査に選出された3組による対談を行います。前半では、設計競技の提案についてのプレゼンテーションを行い、後半では、今後の活躍が期待される若手建築家に、これからのガラス建築のあり方や可能性を伺います。
(第二部)では、日本を代表し全国で活躍をする出展若手建築家のひとつ上の世代の建築家、構造家をゲストに迎え、これからのガラス建築のあり方や可能性を探ります。

※4/24 PM追記 本デザインフォーラムは定員数を上回るお申し込みを頂き、受付を締め切らせていただきました。
 
【CPD認定予定】

 

■日 時: 2015年4月24日(金)17:00~21:00
   
  16:30 お茶会
(1階エントランスロビー。実際に、ガラスの茶室にてお点前をいたしますが、スペースが狭く、ご招待者以外は見学にてお願いいたします)

(第一部)
17:00-17:15 主催者挨拶・開催の経緯
17:15-17:45 提案者(最優秀案、優秀2案)発表
17:45-18:15 座談会(提案者×進行モデレーター:平沼孝啓)

18:15-18:30 (15分休憩)

(第ニ部)
18:30-19:00 五十嵐淳レクチュア
19:00-20:00 五十嵐淳×太田浩史×佐藤淳×平沼孝啓
20:00-21:00 レセプションパーティ
   
  ※お茶会は、第一部と第二部の間の休憩時間、懇親会の間等でもご覧いただけます。
   
  ※【CPD認定】の対象となるのは「第二部」となっています。 「第一部」のみのご参加の場合は対象外となりますので、あらかじめご了承ください。
   
■開催場所: AGC studio 2階会議室
■ゲスト: 五十嵐淳氏(建築家)
■モデレーター: 太田浩史氏(建築家)×佐藤 淳氏(構造家)×平沼孝啓氏(建築家)
■定 員: 70名(事前申込制、申し込み状況により定員が変わる場合もあります)
■参加費: 無料


■ゲスト プロフィール

五十嵐淳氏五十嵐淳(いがらしじゅん)
1970年北海道生まれ。97年五十嵐淳建築設計事務所設立。著書・「五十嵐淳/状態の表示」(2010年、彰国社)・「五十嵐淳/状態の構築」(11年TOTO出版)。主な受賞・吉岡賞、JIA新人賞、北海道建築賞など。



■モデレーター プロフィール

太田浩史 太田浩史(おおたひろし)
1968年東京生まれ。00年デザイン・ヌーブ設立。03~08年東京大学国際都市再生研究センター特任研究員、09年より東京大学生産技術研究所講師、東京ピクニッククラブ共同主催。

佐藤淳佐藤 淳(さとうじゅん)
1970年愛知県生まれ。00年佐藤淳構造設計事務所設立。10年より東京大学准教授(AGC 寄付講座)。建築家と協働で、数々の現代建築を新たな設計理念によって実現させてきた。

平沼孝啓平沼孝啓(ひらぬまこうき)
1971年大阪生まれ。99年平沼孝啓 建築研究所設立。主な受賞にイノベイティブ・アーキテクチュア国際建築賞(イタリア)や、ジャーマン国際アワード(ドイツ)など。14年ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展。


■提案者
高栄智史 岩田知洋+山上弘 植村遥
高栄智史
(最優秀賞)
岩田知洋+山上弘
(優秀賞)
植村遥
(優秀賞)

2015.04.11

ガラス建築ツアー 丸の内コース(2015/4/11)
AGC studioからほど近い丸の内周辺にはガラスを使った建築が数多くあります。
図面や写真ではわかりにくいガラスの仕上がりや質感など、
ガラスの説明と共にご確認いただける機会として、
「ガラス建築ツアー」を企画いたします。ガラス建築に興味をお持ちの方や、
ガラスの使い方をご自身で確かめたい方々のご参加をお待ちしております。
【CPD認定予定】
■日 時: 4月11日(土)
 13:30~  AGC studio 見学と説明(30分)
 14:00~  ツアースタート(AGC studio 出発)
 16:00   AGC studio 到着
■集合場所: AGC studio 2階
■定 員: 15名(事前申込、先着順)
※5名以上のご応募より、ツアー開催します
■対象エリア: 丸の内周辺
■参加資格: ガラス建築物に興味のある方
■参加費: 無料

 

◇参加人数・天候によってはツアーの催行を中止する場合がございます。
◇集合時刻に遅れた場合、ツアーにご参加いただけない可能性がございます。
  当日は時間に余裕を持ってお集まり下さい。
◇ご不明な点は、AGC studioまでご連絡ください。

マップとガラス建築ツアーの様子
「Glass Architecture Map MARUNOUCHI」と ツアー風景(右)

以前開催したツアーのブログ記事はこちら ≫

2015.03.14

ガラス建築ツアー 銀座コース(2015/3/14)
AGC studioがある京橋周辺にはガラスを使った建築が数多くあります。
図面や写真ではわかりにくいガラスの仕上がりや質感など、
ガラスの説明と共にご確認いただける機会として、
「ガラス建築ツアー」を企画いたします。ガラス建築に興味をお持ちの方や、
ガラスの使い方をご自身で確かめたい方々のご参加をお待ちしております。
【CPD認定予定】
■日 時: 3月14日(土)
 13:30~  AGC studio 見学と説明(30分)
 14:00~  ツアースタート(AGC studio 出発)
 16:00   AGC studio 到着
■集合場所: AGC studio 2階
■定 員: 15名(事前申込、先着順)
※5名以上のご応募より開催します
■対象エリア: 銀座周辺
■参加資格: ガラス建築物に興味のある方
■参加費: 無料

◇参加人数・天候によってはツアーの催行を中止する場合がございます。
◇集合時刻に遅れた場合、ツアーにご参加いただけない可能性がございます。
  当日は時間に余裕を持ってお集まり下さい。
◇ご不明な点は、AGC studioまでご連絡ください。

銀座をめぐるガラス建築ツアー
左:「Glass Architecture Map GINZA」    右:ツアー風景

以前開催したツアーのブログ記事はこちら ≫前編 後編

2015.02.19

第56回 AGC studio デザインフォーラム(2015/2/19)
AGC studio Exhibition No.12「新しい建築の楽しさ2014」展連動企画
「居場所をつくる」

 

【CPD認定予定】
■日 時: 2015年2月19日(木) 18:30~20:00
(18:00~受付)
■開催場所: AGC studio 2階会議室  アクセス ≫
■講演者: 松島潤平氏(松島潤平建築設計事務所)
三浦慎氏(三浦慎建築設計室)
菅原大輔氏(SUGAWARADAISUKE)
■モデレーター: 中﨑隆司氏(建築ジャーナリスト、生活環境プロデューサー)
■定 員: 70名(事前申込制、申し込み状況により定員が変わる場合もあります)
■参加費: 無料

■講演者プロフィール
松島潤平氏 松島 潤平(まつしま じゅんぺい)
1979年長野県生まれ。2003年東京工業大学工学部建築学科卒業、05年同大学院建築学専攻修士課程修了。隈研吾建築都市設計事務所を経て、2011年松島潤平建築設計事務所設立。12年より東京工業大学大学院建築学専攻博士課程在籍


三浦慎氏 三浦 慎(みうら しん)
1971年広島県生まれ。95年東京芸術大学美術学部建築学科卒業、97年同大学院美術研究科修了、同大学院六角鬼丈研究室助手を経て、2004年三浦慎建築設計室設立。06年より工学院大学非常勤講師


菅原大輔氏 菅原 大輔(すがわら だいすけ)
1977年東京都生まれ。2000年日本大学理工学部建築学科卒業、03年早稲田大学大学院理工学研究科修士課程修了。C+A Tokyo、Jakob+Macfarlane(仏)、Shigeru Ban Architects Europe(仏)を経て、08年SUGAWARADAISUKE設立。13年より日本大学理工学部非常勤講師



■モデレーター プロフィール
中﨑 隆司氏中﨑 隆司(なかさきたかし)
1952年、福岡県生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。生活環境(パッケージ・デザインから建築、まちづくり、都市計画まで)に関するプロジェクトのアドバイス、および調査、企画、計画、設計などの総合的なプロデュース、建築・都市をテーマとする取材・執筆を職業としている。著書に『建築の幸せ』、『ゆるやかにつながる社会―建築家31人にみる新しい空間の様相―』、『なぜ無責任な建築と都市をつくる社会が続くのか』、『幸せに向かうデザイン』(共編・著)がある。

デザインフォーラム詳細へ

2015.02.05

第55回 AGC studio デザインフォーラム(2015/2/5)
AGC studio Exhibition No.12「新しい建築の楽しさ2014」展連動企画
「人を集める」

 

【CPD認定予定】
■日 時: 2015年2月5日(木) 18:30~20:00
(18:00~受付)
■開催場所: AGC studio 2階会議室  アクセス ≫
■講演者: 田辺雄之氏(田辺雄之建築設計事務所)
三浦丈典氏(スターパイロッツ)
萬代基介氏(萬代基介建築設計事務所)
■モデレーター: 中﨑隆司氏(建築ジャーナリスト、生活環境プロデューサー)
■定 員: 70名(事前申込制、申し込み状況により定員が変わる場合もあります)
■参加費: 無料

■講演者プロフィール
田辺雄之氏 田辺 雄之(たなべ ゆうじ)
1975年神奈川県生まれ。98年明治学院大学文学部フランス文学科卒業、2000年ICS卒業、03年芝浦工業大学大学院工学研究科建設工学専攻修了。bewsを経て、06- 07年文化庁新進芸術家留学制度にてFOA(英国)勤務。08年田辺雄之建築設計事務所設立


三浦丈典氏 三浦 丈典(みうら たけのり)
1974年東京都生まれ。99年ロンドン大学バートレット校ディプロマコース修了、2004年早稲田大学大学院博士課程満期退学。NASCAを経て、07年スターパイロッツ設立




萬代基介氏 萬代 基介(まんだい もとすけ)
1980年神奈川県生まれ。2003年東京大学工学部建築学科卒業。2005年東京大学大学院工学系研究科建築学専攻修士課程修了。2005-2011年石上純也建築設計事務所勤務。2012年萬代基介建築設計事務所設立。2012年より横浜国立大学大学院Y-GSA設計助手。



■モデレーター プロフィール
中﨑 隆司氏中﨑 隆司(なかさきたかし)
1952年、福岡県生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。生活環境(パッケージ・デザインから建築、まちづくり、都市計画まで)に関するプロジェクトのアドバイス、および調査、企画、計画、設計などの総合的なプロデュース、建築・都市をテーマとする取材・執筆を職業としている。著書に『建築の幸せ』、『ゆるやかにつながる社会―建築家31人にみる新しい空間の様相―』、『なぜ無責任な建築と都市をつくる社会が続くのか』、『幸せに向かうデザイン』(共編・著)がある。

デザインフォーラム詳細へ

2015.01.30

「建築構成材デザイン工学(AGC 旭硝子)寄付講座」
イブニングセミナー (第7回連続講座)(2015/1/30)
Geometry and Engineering 『 工学と幾何』

 


今後、建築やプロダクトデザイン、アートの各領域で、「純粋に幾何学的な」挑戦の増加が予想されます。この動きは、3D プリンタやレーザーカッターの普及、個人で利用できる安価かつ高性能な3DCAD の提供、ProcessingやGrasshopper といったデザインと親和性の高いプログラミング環境の登場などに後押しされ、東京オリンピックへ向けて一気に加速すると思われます。
本セミナーでは「幾何」をテーマとし参加者より話題提供を募ります。若手実務者、学生の積極的な参加、模型の持ち込みを歓迎します。
工学と幾何
【主催】 東京大学大学院建築構成材デザイン工学(AGC 旭硝子)寄付講座
【日時】 平成27年1月30日(金) 17:00 ~ 20:30(開場16:30)
【場所】 AGC studio (東京都中央区京橋2-5-18、京橋創生館2階) アクセス ≫
【参加費】 無料 
【事前登録】 要(人数把握のため)
【定員】50 名程度を予定
【宛先】info@sozai.arch.t.u-tokyo.ac.jp まで氏名、所属をご連絡ください。
【問い合わせ先】 TEL:03-5841-6153 担当:金容善(きむ よんそん) 

【プログラム】
 17:00-17:10 挨拶・趣旨説明(佐藤淳・東京大学准教授)
 17:10-17:40 講演:三木優彰(東京大学大学院特任研究員)
  1. テンセグリティ構造の形状決定
  2. 測地線とフラクタル
  3. 幾何と力学の双対性を用いた純圧縮構造の形状決定
 17:40-18:50 参加者より話題提供(1件20分程度を予定)

 話題提供予定者
  天野裕 (Arup ファサード・エンジニア)
  出水文二(日建設計 設計部門 DDL 室)
  今井紫緒(東京藝術大学 Art Innovation Center 非常勤講師)
 18:50-19:00 休憩(施設内見学も可)
 19:00-20:30 参加者より話題提供・ディスカッション継続

*特に話題提供して頂ける方は事前に連絡をください。
*形式は応相談。遠方からの参加者は話題提供していただける方に限り旅費支給の予定。
*ただし当日の飛び入り参加・模型の持ち込みを歓迎します。

2015.01.15

第54回 AGC studio デザインフォーラム(2015/1/15)
AGC studio Exhibition No.12「新しい建築の楽しさ2014」展連動企画
「新しい形式をつくる」

 

【CPD認定予定】
■日 時: 2015年1月15日(木) 18:30~20:00
(18:00~受付)
■開催場所: AGC studio 2階会議室  アクセス ≫
■講演者: 川添善行氏(東京大学川添研究室)
伊藤暁氏+須磨一清氏+坂東幸輔氏
■モデレーター: 中﨑隆司氏(建築ジャーナリスト、生活環境プロデューサー)
■定 員: 70名(事前申込制、申し込み状況により定員が変わる場合もあります)
■参加費: 無料

■講演者プロフィール
川添善行氏 川添 善行(かわぞえ よしゆき)
1979年神奈川県生まれ。2001年東京大学工学部建築学科卒業、02─03年デルフト工科大学(オランダ)、04年東京大学大学院修士課程修了、11年東京大学川添研究室発足、14年より東京大学准教授


伊藤暁氏 伊藤 暁(いとう さとる)
1976年東京都生まれ。2000年横浜国立大学工学部建設学科卒業、02年同大学院修士過程修了、aat+ヨコミゾマコト建築設計事務所を経て、07年伊藤暁建築設計事務所設立。10年より首都大学東京非常勤講師、11年より東洋大学非常勤講師


須磨一清氏 須磨 一清(すま いっせい)
1976年東京都生まれ。99年慶応義塾大学環境情報学部卒業、2002年コロンビア大学(米国)建築修士科卒業、04-07年Rocwell Group(同)、07-10年Voorsanger Architects(同)を経て、11年須磨設計設立


坂東幸輔 坂東 幸輔(ばんどう こうすけ)
1979年徳島県生まれ。2002年東京藝術大学美術学部建築科卒業、スキーマ建築計画、aat+ヨコミゾマコト建築設計事務所などを経て、10年坂東幸輔建築設計事務所設立、バスアーキテクツ設立。08年ハーバード大学大学院(米国)デザインスクールMArchII過程修了



■モデレーター プロフィール
中﨑 隆司氏中﨑 隆司(なかさきたかし)
1952年、福岡県生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。生活環境(パッケージ・デザインから建築、まちづくり、都市計画まで)に関するプロジェクトのアドバイス、および調査、企画、計画、設計などの総合的なプロデュース、建築・都市をテーマとする取材・執筆を職業としている。著書に『建築の幸せ』、『ゆるやかにつながる社会―建築家31人にみる新しい空間の様相―』、『なぜ無責任な建築と都市をつくる社会が続くのか』、『幸せに向かうデザイン』(共編・著)がある。

デザインフォーラム詳細へ

2014.12.18

第53回 AGC studio デザインフォーラム(12/18)
AGC studio Exhibition No.12「新しい建築の楽しさ2014」展連動企画
「新しい景観をつくる」

 

【CPD認定予定】
■日 時: 2014年12月18日(木) 18:30~20:00
(18:00~受付)
■開催場所: AGC studio 2階会議室  アクセス ≫
■講演者: 藤原徹平氏(フジワラテッペイアーキテクツラボ)
木下昌大氏(KINO architects)
■モデレーター: 中﨑隆司氏(建築ジャーナリスト、生活環境プロデューサー)
■定 員: 70名(事前申込制、申し込み状況により定員が変わる場合もあります)
■参加費: 無料

■講演者プロフィール
藤原徹平氏 藤原 徹平(ふじわら てっぺい)
1975年神奈川県生まれ。2001年横浜国立大学大学院修士課程修了、隈研吾建築都市設計事務所勤務、同事務所設計室長・パートナーを経て、12年退社。09年よりフジワラテッペイアーキテクツラボ代表。10年よりNPO法人ドリフターズインターナショナル理事、東京理科大学非常勤講師。12年より横浜国立大学大学院Y-GSA准教授。13年より宇部ビエンナーレ審査員、14年より宇部市低炭素まちづくりアドバイザー


木下昌大氏 木下 昌大(きのした まさひろ)
1978年滋賀県生まれ。2001年京都工芸繊維大学工芸学部造形工学科卒業、03年同大学院修士課程修了、C+A、小泉アトリエを経て、07年KINO architects設立。14年より京都工芸繊維大学助教



■モデレーター プロフィール
中﨑 隆司氏中﨑 隆司(なかさきたかし)
1952年、福岡県生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。生活環境(パッケージ・デザインから建築、まちづくり、都市計画まで)に関するプロジェクトのアドバイス、および調査、企画、計画、設計などの総合的なプロデュース、建築・都市をテーマとする取材・執筆を職業としている。著書に『建築の幸せ』、『ゆるやかにつながる社会―建築家31人にみる新しい空間の様相―』、『なぜ無責任な建築と都市をつくる社会が続くのか』、『幸せに向かうデザイン』(共編・著)がある。

デザインフォーラム詳細へ

2014.12.13

ガラス建築ツアー 丸の内コース(12/13)
AGC studioからほど近い丸の内周辺にはガラスを使った建築が数多くあります。
図面や写真ではわかりにくいガラスの仕上がりや質感など、
ガラスの説明と共にご確認いただける機会として、
「ガラス建築ツアー」を企画いたします。ガラス建築に興味をお持ちの方や、
ガラスの使い方をご自身で確かめたい方々のご参加をお待ちしております。
【CPD認定予定】
■日 時: 12月13日(土)
 13:30~  AGC studio 見学と説明(30分)
 14:00~  ツアースタート(AGC studio 出発)
 16:00   AGC studio 到着
■集合場所: AGC studio 2階
■定 員: 15名(事前申込、先着順)
※5名以上のご応募より、ツアー開催します
■対象エリア: 丸の内周辺
■参加資格: ガラス建築物に興味のある方
■参加費: 無料

 

◇参加人数・天候によってはツアーの催行を中止する場合がございます。
◇集合時刻に遅れた場合、ツアーにご参加いただけない可能性がございます。
  当日は時間に余裕を持ってお集まり下さい。
◇ご不明な点は、AGC studioまでご連絡ください。

マップとガラス建築ツアーの様子
「Glass Architecture Map MARUNOUCHI」と ツアー風景(右)

以前開催したツアーのブログ記事はこちら ≫

2014.12.10

第52回 AGC studio デザインフォーラム(12/10)
AGC studio Exhibition No.12「新しい建築の楽しさ2014」展連動企画
「新しい設計体制を構築する」

 

【CPD認定予定】
■日 時: 2014年12月10日(水) 18:30~20:00
(18:00~受付)
■開催場所: AGC studio 2階会議室  アクセス ≫
■講演者: 藤村龍至氏(東洋大学ソーシャル・デザイン・スタジオ)
稲垣淳哉氏(Eureka)
■モデレーター: 中﨑隆司氏(建築ジャーナリスト、生活環境プロデューサー)
■定 員: 70名(事前申込制、申し込み状況により定員が変わる場合もあります)
■参加費: 無料

■講演者プロフィール
藤村龍至氏 藤村 龍至(ふじむら りゅうじ)
1976年東京都生まれ。2008年東京工業大学大学院博士課程単位取得退学。05年藤村龍至建築設計事務所設立。2010年より東洋大学専任講師




稲垣淳哉<氏 稲垣 淳哉(いながき じゅんや)
1980年愛知県生まれ。2006年早稲田大学大学院修了、同大学助手を経て、09年Eureka共同主宰



■モデレーター プロフィール
中﨑 隆司氏中﨑 隆司(なかさきたかし)
1952年、福岡県生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。生活環境(パッケージ・デザインから建築、まちづくり、都市計画まで)に関するプロジェクトのアドバイス、および調査、企画、計画、設計などの総合的なプロデュース、建築・都市をテーマとする取材・執筆を職業としている。著書に『建築の幸せ』、『ゆるやかにつながる社会―建築家31人にみる新しい空間の様相―』、『なぜ無責任な建築と都市をつくる社会が続くのか』、『幸せに向かうデザイン』(共編・著)がある。

デザインフォーラム詳細へ

2014.11.20

第51回  AGC studio デザインフォーラム(11/20)
AGC studio Exhibition No.12「新しい建築の楽しさ2014」展連動企画
「リノベーションは多様化する」

 

【CPD認定予定】

■日 時: 2014年11月20日(木) 18:30~20:00
(18:00~受付)
■開催場所: AGC studio 2階会議室  アクセス ≫
■講演者: 栗田祥弘氏(栗田祥弘建築都市研究所)
松井亮氏(松井亮建築都市設計事務所)
久保秀朗氏(久保都島建築設計事務所)
■モデレーター: 中﨑隆司氏(建築ジャーナリスト、生活環境プロデューサー)
■定 員: 70名(事前申込制、申し込み状況により定員が変わる場合もあります)
■参加費: 無料

■講演者プロフィール
栗田祥弘氏栗田 祥弘(くりた よしひろ)
1976年静岡県生まれ。98年武蔵工業大学工学部建築学科卒業、2000年千葉大学大学院博士前期課程修了、01年南カリフォルニア建築大学(SCI-Arc)大学院Masterin Architecture修了。01-04年drftwd offi ce( オランダ)、04-13年隈研吾建築都市設計事務所を経て、13年栗田祥弘建築都市研究所設立。同年より東京都市大学工学部建築学科非常勤講師。02年よりnextstationsも共同主宰


松井 亮氏松井 亮(まつい りょう)
1977年滋賀県生まれ。2002年武蔵工業大学工学部建築学科卒業、04年東京藝術大学大学院美術研究科建築専攻修了、同年松井亮建築都市設計事務所設立。11年より東京都市大学工学部建築学科非常勤講師


久保秀朗氏久保 秀朗(くぼ ひであき)
1982年東京都生まれ。2006年東京大学工学部建築学科卒業、06-07年SintLucas Architectuur(ベルギー)留学、08年東京大学大学院新領域創成科学研究科修了。吉村靖孝建築設計事務所を経て、11年久保都島建築設計事務所設立。14年より前橋工科大学非常勤講師。


■モデレーター プロフィール
中﨑隆司氏中﨑 隆司(なかさきたかし)
1952年、福岡県生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。生活環境(パッケージ・デザインから建築、まちづくり、都市計画まで)に関するプロジェクトのアドバイス、および調査、企画、計画、設計などの総合的なプロデュース、建築・都市をテーマとする取材・執筆を職業としている。著書に『建築の幸せ』、『ゆるやかにつながる社会―建築家31人にみる新しい空間の様相―』、『なぜ無責任な建築と都市をつくる社会が続くのか』、『幸せに向かうデザイン』(共編・著)がある。

デザインフォーラム詳細へ

2014.11.15

ガラス建築ツアー 銀座コース(11/15)
AGC studioがある京橋周辺にはガラスを使った建築が数多くあります。
図面や写真ではわかりにくいガラスの仕上がりや質感など、
ガラスの説明と共にご確認いただける機会として、
「ガラス建築ツアー」を企画いたします。ガラス建築に興味をお持ちの方や、
ガラスの使い方をご自身で確かめたい方々のご参加をお待ちしております。
【CPD認定予定】
■日 時: 11月15日(土)
 13:30~  AGC studio 見学と説明(30分)
 14:00~  ツアースタート(AGC studio 出発)
 16:00   AGC studio 到着
■集合場所: AGC studio 2階 アクセス ≫
■定 員: 15名(事前申込、先着順)
※5名以上のご応募より開催します
■対象エリア: 銀座周辺
■参加資格: ガラス建築物に興味のある方
■参加費: 無料

◇参加人数・天候によってはツアーの催行を中止する場合がございます。
◇集合時刻に遅れた場合、ツアーにご参加いただけない可能性がございます。
  当日は時間に余裕を持ってお集まり下さい。
◇ご不明な点は、AGC studioまでご連絡ください。

銀座をめぐるガラス建築ツアー
左:「Glass Architecture Map GINZA」    右:ツアー風景

以前開催したツアーのブログ記事はこちら ≫前編 後編

2014.10.18

第49回 AGC studioデザインフォーラム(10/18)
AGC studio Exhibition No.11連動企画
「安全・快適マンションライフの新技術ワークショップ」

 


"マンションを安全、快適にするには?" 知識の一方通行ではなく、
参加者の交流を通して、有効な実現方法、技術を導き出します。

■日 時: 2014年10月18日(土) 13:30~17:00
(13:00~受付)
■開催場所: AGC studio 2階会議室  アクセス ≫
■ファシリテーター: 鍵屋 一氏(法政大学大学院講師/MALCA副理事長)
■定 員: 40名(事前申込制、申し込み状況により定員が変わる場合もあります)
■参加費: 無料

デザインフォーラム詳細へ

2014.10.17

第50回 AGC studioデザインフォーラム(10/17)
U-35設計競技 「多様な光のあるガラス建築」 公開審査

 


ガラスは、透明性をもつ硬質素材という特質により、温度や湿度、騒音などから人々を守る役割を果たしながら、内部空間に明るい光をもたらし、外部環境への視界をクリアに広げることができる、現代建築には欠かせない存在となっています。閉ざしながら透明性をもつ未来的な空間には、人々に清々しさや感動を与える力があります。この設計競技では、今後の活躍が期待される35歳以下の新人建築家7組から、ガラス素材の新しい使い方や表現の建築の提案を募ります。

【CPD認定予定】

U-35 2014フライヤー

■日 時:2014年10月17日(金) 18:00~20:00

        (17:30~受付)

■テーマ:「多様な光のあるガラス建築」

■開催場所:AGC studio 2階会議室

 

■審査会参加建築家:

 設計競技に参加した以下の7組が審査会に参加予定です。

   伊藤友紀氏

   岩田知洋氏・山上弘氏

   植村遥氏

   魚谷剛紀氏

   高栄智史氏

   長谷川欣則氏

   細海拓也氏


■審査員: 太田浩史氏
 (建築家・デザイン・ヌーブ共同主宰・東京大学生産技術研究所講師)
佐藤 淳氏
 (構造家・佐藤淳構造設計事務所主宰・東京大学工学准教授)
平沼孝啓氏
 (建築家・平沼孝啓建築研究所主宰・大阪大学非常勤講師)
相武弘明
 (AGC ガラスカンパニー ビルディング・産業事業本部 日本・アジア事業部 ビルディングガラス部長)
 
 
■定 員: 70名
(事前申込制、申し込み状況により定員が変わる場合もあります)
■参加費: 無料

■特設サイト:「U-35 Under 35 Architects exhibition 2014」 ≫

 

 

2014年の展覧会図録 公開審査へお越しの皆様には、2014年展覧会図録を先着10名に差し上げます。

デザインフォーラム詳細へ

2014.10.11

ガラス建築ツアー 丸の内コース(10/11)
AGC studioからほど近い丸の内周辺にはガラスを使った建築が数多くあります。
図面や写真ではわかりにくいガラスの仕上がりや質感など、
ガラスの説明と共にご確認いただける機会として、
「ガラス建築ツアー」を企画いたします。ガラス建築に興味をお持ちの方や、
ガラスの使い方をご自身で確かめたい方々のご参加をお待ちしております。
【CPD認定予定】
■日 時: 2014年10月11日(土)
  13:30~  AGC studio 見学と説明(30分)
  14:00~  ツアースタート(AGC studio 出発)
  16:00   AGC studio 到着
■集合場所: AGC studio 2階
■定 員: 15名(事前申込、先着順)
※5名以上のご応募より、ツアー開催します
■対象エリア: 丸の内周辺
■参加資格: ガラス建築物に興味のある方
■参加費: 無料

 

◇参加人数・天候によってはツアーの催行を中止する場合がございます。
◇集合時刻に遅れた場合、ツアーにご参加いただけない可能性がございます。
  当日は時間に余裕を持ってお集まり下さい。
◇ご不明な点は、AGC studioまでご連絡ください。

マップとガラス建築ツアーの様子
「Glass Architecture Map MARUNOUCHI」と ツアー風景(右)

以前開催したツアーのブログ記事はこちら ≫

2014.10.03

第48回 AGC studioデザインフォーラム(10/3)
AGC studio Exhibition No.11連動企画 「地震・火事・風とガラス」

 


建築物の防災を、地震・火事・風となど災害の種類毎に専門分野の先生方に、
最新の対策や法規制を語っていただくとともに、ガラス・開口部に関係する
事例について考察し、ガラスから防災を考えます。
【CPD認定予定】
■日 時: 2014年10月3日(金) 18:30~20:30
(18:00~受付)
■開催場所: AGC studio 2階会議室
■講演者: 金箱温春氏(金箱構造設計事務所代表取締役/一般社団法人日本建築構造技術者協会会長)
長谷見雄二氏(早稲田大学理工学部建築学科教授)
田村幸雄氏(北京交通大学建設工学科教授/東京工芸大学工学部建築学科教授/国際風工学会会長)
*旭硝子から、安全・安心ガラス設計施工指針の増補版について説明
■進行役: 伊藤 弘氏(住宅リフォーム・紛争処理支援センター研究所所長/元(独)建築研究所)
■定 員: 70名(事前申込制、申し込み状況により定員が変わる場合もあります)
■参加費: 無料

デザインフォーラム詳細へ

2014.09.20

ガラス建築ツアー 銀座コース(9/20)
AGC studioがある京橋周辺にはガラスを使った建築が数多くあります。
図面や写真ではわかりにくいガラスの仕上がりや質感など、
ガラスの説明と共にご確認いただける機会として、
「ガラス建築ツアー」を企画いたします。ガラス建築に興味をお持ちの方や、
ガラスの使い方をご自身で確かめたい方々のご参加をお待ちしております。
【CPD認定予定】
■日 時: 9月20日(土)
 15:00~  AGC studio 見学と説明(30分)
 15:30~  ツアースタート(AGC studio 出発)
 17:30   AGC studio 到着
■集合場所: AGC studio 2階
■定 員: 15名(事前申込、先着順)
※5名以上のご応募より開催します
■対象エリア: 銀座周辺
■参加資格: ガラス建築物に興味のある方
■参加費: 無料

◇参加人数・天候によってはツアーの催行を中止する場合がございます。
◇集合時刻に遅れた場合、ツアーにご参加いただけない可能性がございます。
  当日は時間に余裕を持ってお集まり下さい。
◇ご不明な点は、AGC studioまでご連絡ください。

銀座をめぐるガラス建築ツアー
左:「Glass Architecture Map GINZA」    右:ツアー風景

以前開催したツアーのブログ記事はこちら ≫前編 後編

2014.09.13

第47回 AGC studioデザインフォーラム (9/13)
AGC studio Exhibition No.11連動企画
「あなたと、あなたの大切な人を守るために」

 


マンション管理組合に関わる方をはじめ、広く一般の皆様を対象に、講演・パネルディスカッションを展開します。
 
■日 時: 2014年9月13日(土) 13:30~17:00
(13:00~受付)
■開催場所: AGC studio 2階会議室  
■主 催: 一般社団法人マンションライフ継続支援協会(MALCA)
■演題・講演者: 「生活継続の観点からみたマンションのリスクと課題」
 村田明子氏(新都市ハウジング協会:清水建設)
「マンションの安全性の再検証、防災の観点からの設備診断」
 清水 博氏(再生計画研究所)
「マンションで生活継続するために、重要なガラスの安全性」
 吹春高男(旭硝子株式会社 ビルディングガラス部 日本グループ)

《パネルディスカッション》
 ルネ吉祥寺の取り組みと、これからのマンション防災
パネリスト:清水 博氏、吹春高男、
吉野美幸(MALCA)、飯田勝啓(MALCA)
コーディネーター:飯田太郎(MALCA)
*映像による出演:足立恵子氏(ルネ吉祥寺防災会)、
福田博行氏(ルネ吉祥寺防災会)、
大澤皓太氏(武蔵野市防災課)
■定 員: 70名(事前申込制、申し込み状況により定員が変わる場合もあります)
■参加費: 無料

デザインフォーラム詳細へ

2014.08.30

U-30 Young Architect Japan.
多様な光のあるガラス建築展 《大阪巡回展》


U-30 Young Architect Japan. 大阪巡回展 2014年3月7日(金)~5月31日(土)にAGC studioで開催した
"U-30 Young Architect Japan. 多様な光のあるガラス建築展"を、大阪の南港・ATCに会場を移し、初めての巡回展として開催します。

■日  時: 2014年8月1日(金)~8月30日(土)(日曜休館)
■開催場所: 大阪・南港ATC ODPギャラリー
〒559-0034 大阪市住之江区南港北 2-1-10
アジア太平洋トレードセンター(ATC)ITM棟10階
ODP(大阪デザイン振興プラザ)
■主  催: 旭硝子株式会社/AGC studio
■企画協力: 特定非営利活動法人
アートアンドアーキテクトフェスタ
■後  援: 大阪市


2014.08.01

第46回 AGC studioデザインフォーラム in 大阪 (8/1)
U-30 Young Architect Japan. 大阪巡回展 開催記念トークイベント

 

U-30 Young Architect Japan. 多様な光のあるガラス建築展(30歳以下の若手建築家によるガラス建築の設計競技)の設計競技の審査と経過から、審査員と最優秀者と共にこれからのガラス建築の可能性を探ります。

■日 時: 2014年8月1日(金) 18:30~20:00
(18:00~開場)
■開催場所: 大阪市住之江区南港北2-1-10 アジア太平洋トレードセンター(ATC)
ITM棟10階 ODP(大阪デザイン振興プラザ)
■講演者: 太田浩史氏(建築家)×佐藤 淳氏(構造家)×平沼孝啓氏(建築家)
岩瀬諒子氏(最優秀賞)
■定 員: 70名(事前申込制・先着順)
■入 場: 無料

■講演者 プロフィール

岩瀬諒子氏岩瀬諒子(いわせりょうこ)
1984年新潟県生まれ。京都大学大学院修士課程修了後、隈研吾建築都市設計事務所。大阪府主催実施コンペでの最優秀賞受賞を機に、13年独立。東京藝術大学建築科教育研究助手。


太田浩史氏太田浩史(おおたひろし)
1968年東京都生まれ。00年デザイン・ヌーブ設立。03-08年東京大学国際都市再生研究センター特任研究員、09年より東京大学生産技術研究所講師。東京ピクニッククラブ共同主宰。


佐藤 淳氏佐藤 淳(さとうじゅん)
1970年愛知県生まれ。00年佐藤淳構造設計事務所設立。10年より東京大学特任准教授(AGC寄付講座)。建築家と協働で、数々の現代建築を新たな設計理念によって実現させてきた。


平沼孝啓氏平沼孝啓(ひらぬまこうき)
1971年大阪生まれ。99年平沼孝啓建築研究所設立。14年ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展へ出展するなど、コンセプチュアルな作品での実験的なデザイン提案が海外でも高い評価を受けている。

デザインフォーラム詳細へ

2014.07.19

ガラス建築ツアー 丸の内コース(7/19)
AGC studioからほど近い丸の内周辺にはガラスを使った建築が数多くあります。
図面や写真ではわかりにくいガラスの仕上がりや質感など、
ガラスの説明と共にご確認いただける機会として、
「ガラス建築ツアー」を企画いたします。ガラス建築に興味をお持ちの方や、
ガラスの使い方をご自身で確かめたい方々のご参加をお待ちしております。
【CPD認定予定】
■日 時: 7月19日(土)
  15:00~  AGC studio 見学と説明(30分)
  15:30~  ツアースタート(AGC studio 出発)
  17:30   AGC studio 到着
■集合場所: AGC studio 2階
■定 員: 15名(事前申込、先着順)
※5名以上のご応募より、ツアー開催します
■対象エリア: 丸の内周辺
■参加資格: ガラス建築物に興味のある方
 

 

◇参加人数・天候によってはツアーの催行を中止する場合がございます。
◇集合時刻に遅れた場合、ツアーにご参加いただけない可能性がございます。
  当日は時間に余裕を持ってお集まり下さい。
◇ご不明な点は、AGC studioまでご連絡ください。

マップとガラス建築ツアーの様子
「Glass Architecture Map MARUNOUCHI」と ツアー風景(右)

以前開催したツアーのブログ記事はこちら ≫

2014.06.21

第45回 AGC studioデザインフォーラム (6/21)
コミュニティ・アーキテクトによる子ども教育セミナー
~未来への防災まちづくり~

 


大規模な地震に備えたまちづくりのために、建築士一人一人が「今」できることはなにか。
講師に、地域防災のためのコミュニケーション手法などを研究されており、学校や一般住民を対象としたワークショップを数多く開催してきた平田教授をお招きし、その実践と建築士だからこそできる子ども教育について講演いただきます。また青年建築士による小学生向けの出張講座の実例とツールを紹介し、明日からのアクションへつながるミニワークショップを行います。

※このデザインフォーラムは一般社団法人東京建築士会「建築士カレッジ」との共催です。

【CPD認定予定】
■日 時: 6月21日(土) 13:00~15:00
(12:30~受付)
■開催場所: AGC studio 2階会議室  アクセス ≫
■講演者: 平田京子氏(日本女子大学住居学科教授)
■定 員: 40名(事前申込制、申し込み状況により定員が変わる場合もあります)
■参加費: 無料
   
■協 賛:

ガラスパワーキャンペーン

ガラスパワーキャンペーン ~明日のためにガラスができること~

 GPC活動ニュース ≫

デザインフォーラム詳細へ

2014.06.21

第44回 AGC studioデザインフォーラム (6/21)
エネルギーパス制度セミナー


このセミナーで取り上げる"エネルギーパス"とは、近年EU全土で義務化された「家の燃費」を表示する証明書の事です。お話し戴くのは長野建築士会や埼玉建築士会でご講演、講習会で御協力頂いている(社)日本エネルギーパス教会の今泉代表です。
依頼された建築物の燃費性能を予め顧客に示す為の技能の必要性、またその技能を戦力として感じて頂ければと思います。

※このデザインフォーラムは一般社団法人東京建築士会「建築士カレッジ」との共催です。

【CPD認定予定】
■日 時: 6月21日(土) 10:15~12:15
(9:45~受付)
■開催場所: AGC studio 2階会議室  アクセス ≫
■講演者: 今泉太爾氏
(日本エネルギーパス協会代表理事 日独国土交通省共同プロジェクト委員)
■定 員: 70名(事前申込制、申し込み状況により定員が変わる場合もあります)
■参加費: 無料

2014.06.14

ガラス建築ツアー 銀座コース(6/14)
AGC studioがある京橋周辺にはガラスを使った建築が数多くあります。
図面や写真ではわかりにくいガラスの仕上がりや質感など、
ガラスの説明と共にご確認いただける機会として、
「ガラス建築ツアー」を企画いたします。ガラス建築に興味をお持ちの方や、
ガラスの使い方をご自身で確かめたい方々のご参加をお待ちしております。
【CPD認定予定】
■日 時: 6月14日(土)
  15:00~  AGC studio 見学と説明(30分)
  15:30~  ツアースタート(AGC studio 出発)
  17:30   AGC studio 到着
■集合場所: AGC studio 2階
■定 員: 15名(事前申込、先着順)
※5名以上のご応募より、ツアー開催します
■対象エリア: 銀座周辺
■参加資格: ガラス建築物に興味のある方
■参加費: 無料

◇参加人数によってはツアー催行できない場合がございます。
◇集合時刻に遅れた場合、ツアーにご参加いただけない可能性がございます。
  当日は時間に余裕を持ってお集まり下さい。
◇ご不明な点は、AGC studioまでご連絡ください。

銀座をめぐるガラス建築ツアー
左:「Glass Architecture Map GINZA」    右:ツアー風景

以前開催したツアーのブログ記事はこちら ≫前編 後編

2014.06.14

─トラブルを未然に防ぐために─ 第三者の目によるチェックのすすめ!!
建築のセカンドオピニオン的役割の紹介 (6/14)


快適に住みやすい住まいを得るため、事前に知っていれば防げるトラブルはいろいろあります。そのためには、建築の専門家のアドバイスが有効です。
特に建設途中の状況がわかりづらいマンションやハウスメーカーや自社設計施工の工務店等による建売住宅の取得、リフォームなどの場合には第三者の目によるチェックが有効です。
今回は、戸建て新築、リフォーム、戸建て建築条件付、マンションリフォームなど建物または部屋全体に関する全体チェック、構造、給排水衛生、空調、エネルギー、防水、近隣問題のほか、各種の検査、見積りチェック等のポイントや、建築のセカンドオピニオン的役割となるシステムについて、わかりやすく説明します。
【CPD認定予定】
■日 時: 6月14日(土) 13:30~16:00
(13:00~受付)
■開催場所: AGC studio 2階会議室  アクセス ≫
■プログラム:  
 13:30  開 会
  司会:福富啓爾氏
  (日本建築家協会関東甲信越支部建築相談委員会セミナーWG)
 13:35~14:05  第一部 相談窓口の現状と課題
  講師:玉城恵子氏(東京都消費生活総合センター主任相談員)
 14:05~16:00  第二部 第三者の目によるチェックのすすめ ─事例から
  講師:尾崎英二氏、白須正広氏、小島孝豊氏、高塚博志氏
  (日本建築家協会関東甲信越支部建築相談委員会首都圏相談室員)
■定 員: 50名(事前申込制、申し込み状況により定員が変わる場合もあります)
■参加費: 500円(資料費)

※セミナー終了後、隣接会場で相談会を実施します。(16:00~17:00)
  事前に事務局にお申し込みください。

2014.06.11

AGC ・商店建築 共催セミナー (6/11)
 「建築・ガラスアートファサードの可能性」


ガラスファサードのオリジナリティを、エンジニアリングとアートの両面から追求するエマニュエル・バロワ氏を迎え、日本の若手建築家向けに行うトークセッションです。
【CPD認定予定】

■日  時: 6月11日(水) 18:00~19:50
(17:30~受付、20:00~20:40=懇親会)
■開催場所: AGC studio 2階会議室  アクセス ≫
■パネリスト: エマニュエル・バロワ氏(2010年メートルダール叙勲 通訳:浦田薫氏)
鈴木健悦氏(株式会社日建設計設計部門設計室主管)
林 真行(ガラスファサードエンジニア〈旭硝子株式会社〉)
■定  員: 100名(事前申込制、先着順)
■参加費: 無料

エマニュエル・バロワ氏 プロフィール
ジャン・ヌーベルなど、世界的な建築家と協働するガラス製作工房「AEB(Atelier Emmanuel Barrois)の代表を務め、2013年春、隈研吾氏設計のFRACマルセイユ(マルセイユ現代美術センター)の外壁ガラスを手掛ける。

【近年の受賞歴】
●2013年:Officier dans l'Ordre des Arts et des Lettres(フランス芸術文化勲章オフィシエ叙勲)●2013年:The Boston Society of Architects Design Awards 2012受賞●2010年:Maitre d'Art par le Ministre de la Culture(フランス文化省よりメートルダール叙勲=日本の人間国宝に匹敵する)

2014.06.07

エネマネハウス2014 連動シンポジウム (6/7)
エネマネハウス2014で考えたこと Part1 建材・構法編

本シンポジウムは、エネマネハウスが出来るまでのライブな体験を語り合っていただき、
2030年、エネマネハウスの実現普及の方向性を議論します。
なお、シンポジウム終了後は、懇親会を開催します。

■日 時: 6月7日(土) 17:00~18:30
(16:30~受付)
■開催場所: AGC studio 2階会議室  アクセス ≫
■進行・パネラー: 清家 剛氏(東京大学准教授)
■パネラー: 池田靖史氏(慶応義塾大学教授)
青島啓太氏(芝浦工業大学特任助教)
田島翔太氏(千葉大学博士課程)
古谷誠章氏(早稲田大学教授)
■定 員: 50名(事前申込制、申し込み状況により定員が変わる場合もあります)
■参加費: 無料(懇親会費1,000円)

※エネマネハウス2014で考えたこと Part2 環境・設備編は、6月14日(土)に
 新宿・リビングデザインセンターOZONEにて開催されます。

2014.05.30

U-30 Young Architect Japan.(5/2)(5/29・30)
関連イベント KUSANAMI NIGHT OUT

KUSANAMI NIGHT OUT U-30 多様な光のあるガラス建築展も残り1か月余となりました。
このたび、最優秀賞の岩瀬諒子さんからのご提案により、AGC studioの閉館時間を延長して、岩瀬さん制作のKUSANAMIの夜の様子をお見せすることになりました。

実験的に、ヴィジュアルアーティスト右左見拓人氏による照明演出効果を出現させます。ご期待ください。

第1回
日 時:5月2日(金) 18:00~21:00
 (ちいさなパーティーを催します)

第2回    
日 時:5月29日(木) 18:00~21:00
30日(金) 18:00~21:00

※1、2回とも無料、申込不要

2014.05.24

ガラス建築ツアー 丸の内コース(5/24)
AGC studioからほど近い丸の内周辺にはガラスを使った建築が数多くあります。
図面や写真ではわかりにくいガラスの仕上がりや質感など、
ガラスの説明と共にご確認いただける機会として、
「ガラス建築ツアー」を企画いたします。ガラス建築に興味をお持ちの方や、
ガラスの使い方をご自身で確かめたい方々のご参加をお待ちしております。
【CPD認定予定】
■日 時: 5月24日(土)
  13:30~  AGC studio 見学と説明(30分)
  14:00~  ツアースタート(AGC studio 出発)
  16:00   AGC studio 到着
■集合場所: AGC studio 2階
■定 員: 15名(事前申込、先着順)
※5名以上のご応募より、ツアー開催します
■対象エリア: 丸の内周辺
■参加資格: ガラス建築物に興味のある方
■参加費: 無料

 

◇参加人数によってはツアー催行できない場合がございます。
◇集合時刻に遅れた場合、ツアーにご参加いただけない可能性がございます。
  当日は時間に余裕を持ってお集まり下さい。
◇ご不明な点は、AGC studioまでご連絡ください。

マップとガラス建築ツアーの様子
「Glass Architecture Map MARUNOUCHI」と ツアー風景(右)

以前開催したツアーのブログ記事はこちら ≫

2014.04.26

ガラス建築ツアー 銀座コース(4/26)
AGC studioがある京橋周辺にはガラスを使った建築が数多くあります。
図面や写真ではわかりにくいガラスの仕上がりや質感など、
ガラスの説明と共にご確認いただける機会として、
「ガラス建築ツアー」を企画いたします。ガラス建築に興味をお持ちの方や、
ガラスの使い方をご自身で確かめたい方々のご参加をお待ちしております。
【CPD認定予定】
■日 時: 4月26日(土)
  13:30~  AGC studio 見学と説明(30分)
  14:00~  ツアースタート(AGC studio 出発)
  16:00   AGC studio 到着
■集合場所: AGC studio 2階
■定 員: 15名(事前申込、先着順)
※5名以上のご応募より、ツアー開催します
■対象エリア: 銀座周辺
■参加資格: ガラス建築物に興味のある方
■参加費: 無料

◇参加人数によってはツアー催行できない場合がございます。
◇集合時刻に遅れた場合、ツアーにご参加いただけない可能性がございます。
  当日は時間に余裕を持ってお集まり下さい。
◇ご不明な点は、AGC studioまでご連絡ください。

銀座をめぐるガラス建築ツアー
左:「Glass Architecture Map GINZA」    右:ツアー風景

以前開催したツアーのブログ記事はこちら ≫前編 後編

2014.04.25

第43回 AGC studioデザインフォーラム (4/25)
U-30 Young Architect Japan. 開催記念トークイベント

 


日本を代表し全国で活躍をする出展若手建築家のひとつ上の世代(40歳前後)の建築家・構造家をゲストに迎え、設計競技の審査と経過から、これからのガラス建築のあり方や可能性を探ります。
【CPD認定予定】

 

■日 時: 2014年4月25日(金)19:00~21:00(受付開始18:30)
■開催場所: AGC studio 2階会議室
■講演者: 乾久美子氏(建築家)
■モデレーター: 太田浩史氏(建築家)×佐藤 淳氏(構造家)×平沼孝啓氏(建築家)
■定 員: 70名(事前申込制、申し込み状況により定員が変わる場合もあります)
■参加費: 無料


■講演者、モデレーター プロフィール

乾久美子氏乾久美子(いぬいくみこ)
1969年大阪府生まれ。1996~2000年、青木淳建築計画事務所勤務。2000年、乾久美子建築設計事務所設立。2011年~東京芸術大学美術学部建築科准教授。



太田浩史氏太田浩史(おおたひろし)
1968年東京生まれ。00年デザイン・ヌーブ設立。03~08年東京大学国際都市再生研究センター特任研究員、09年より東京大学生産技術研究所講師。



佐藤 淳氏佐藤 淳(さとうじゅん)
1970年愛知県生まれ。00年佐藤淳構造設計事務所設立。10年より東京大学特任准教授(AGC 寄付講座)。建築家と協働で、数々の現代建築を新たな設計理念によって実現させてきた。


平沼孝啓氏平沼孝啓(ひらぬまこうき)
1971年大阪府生まれ。99年Hs WorkShop-ASIA(現・平沼孝啓 建築研究所)を設立。日本建築士会連合会賞やInnovative Architecture 国際建築賞(イタリア)など、他多数を受賞する。



デザインフォーラム詳細へ

2014.03.20

第41回 AGC studioデザインフォーラム (3/20)
陸前高田発 震災から3年、いま覚悟をもって明日へ

東日本大震災から3年が経過し、東北沿岸部では、社会インフラ等のかたちは見えてきましたが、ひとりひとりの暮らしの再生にはまだ長い道のりが必要です。人口減少も顕在化している沿岸部が多い中で、地域が主体で明日への一歩を踏み出す取組みがはじまっています。
NHK解説委員室副委員長・城本勝氏と共に、陸前高田に暮らす方々から、それぞれのこれからをお話しいただき、復興への道標を一緒に考えていきたいと思います。
【CPD認定予定】

■日 時: 3月20日(木) 18:30~20:45
(18:00~受付)
■開催場所: AGC studio 2階会議室
■コーディネーター: 城本 勝氏(NHK 解説委員室 副委員長)
■講演者・演題: 武蔵和敏氏(株式会社カメリアン・プロダクツサービス 代表取締役社長)
 「地域再生のための新たな産業創出」
伊藤昌子氏(特定非営利活動法人 きらりんきっず 代表)
 「次世代の地域定住に向けた活動」
阿部裕美氏(NPO法人陸前高田市支援連絡協議会Aid TAKATA・陸前高田災害FM パーソナリティー)
 「情報発信と共に崩壊したコミュニティを守る」
武蔵富士夫氏(陸前高田 富士設計室 代表)
 「義理すべと祭りが支えるコミュニティ」
■定 員: 70名(事前申込制、申し込み状況により定員が変わる場合もあります)
■参加費: 無料

デザインフォーラム詳細へ

2014.03.15

ガラス建築ツアー 丸の内コース(3/15)
AGC studioからほど近い丸の内周辺にはガラスを使った建築が数多くあります。
図面や写真ではわかりにくいガラスの仕上がりや質感など、
ガラスの説明と共にご確認いただける機会として、
「ガラス建築ツアー」を企画いたします。ガラス建築に興味をお持ちの方や、
ガラスの使い方をご自身で確かめたい方々のご参加をお待ちしております。
【CPD認定予定】
■日 時: 3月15日(土)(13:00~受付)
  13:30~  AGC studio 見学と説明(30分)
  14:00~  ツアースタート(AGC studio 出発)
  16:00   AGC studio 到着
■集合場所: AGC studio 2階
■定 員: 15名(事前申込、先着順)
※5名以上のご応募より、ツアー開催します
■対象エリア: 丸の内周辺
■参加資格: ガラス建築物に興味のある方
■参加費: 無料

◇参加人数によってはツアー催行できない場合がございます。
◇集合時刻に遅れた場合、ツアーにご参加いただけない可能性がございます。
  当日は時間に余裕を持ってお集まり下さい。
◇ご不明な点は、AGC studioまでご連絡ください。

マップとガラス建築ツアーの様子
「Glass Architecture Map MARUNOUCHI」と ツアー風景(右)

以前開催したツアーのブログ記事はこちら ≫

2014.03.07

第42回 AGC studioデザインフォーラム (3/7)
U-30 Young Architect Japan. 開催記念対談イベント

 


設計競技の2次審査に選出された3組による対談を行います。前半では、設計競技の提案についてのプレゼンテーションを行い、後半では建築史家の倉方俊輔氏がモデレーターとなって、今後の活躍が期待される若手建築家に、これからのガラス建築のあり方や可能性を伺います。
【CPD認定予定】
■日 時: 2014年3月7日(金) 17:00~21:00
(16:30~受付)
■開催場所: AGC studio 2階会議室
■モデレーター: 倉方俊輔氏(建築史家)
■出席者:
最優秀賞:岩瀬諒子氏(岩瀬諒子設計事務所)
優秀賞:小松一平氏(小松建築設計事務所)
優秀賞:杉山幸一郎氏

■定 員: 70名(事前申込制、申し込み状況により定員が変わる場合もあります)
■参加費: 無料

■モデレーター プロフィール

倉方俊輔氏倉方俊輔(くらかたしゅんすけ)
1971年生まれ。早稲田大学大学院博士課程修了。博士(工学)。大阪市立大学大学院准教授。主な著書に「吉阪隆正とル・コルビュジエ」「ドコノモン」などがある。
デザインフォーラム詳細へ

2014.02.20

第40回 AGC studioデザインフォーラム (2/20)
「STEPS IN THE AIR」展 連動企画 「階段」のいろいろ
─世界の珍しい階段やあまり知られてない階段の紹介とお話

 


AGC studioに完成しました、世界初とも言えるサスペンション構造によるガラスらせん階段の設計者である太田浩史先生とともに内田祥哉先生の豊富な見識による、世界の珍しい階段やあまり知られてない階段のお話をお伺いいたします。
【CPD認定予定】
■日 時: 2014年2月20日(木) 18:00~20:00
(17:30~受付)
■開催場所: AGC studio 2階会議室
■講演者: 内田祥哉氏(東京大学名誉教授)
■聞き手: 太田浩史氏(建築家・東大生産研講師)
■スケジュール:  17:30~18:00 受付
 18:00~18:20 ガラス階段の解説(太田浩史先生から)
 18:30~20:00 デザインフォーラム講演
■開催協力: 宇宙船号
■定 員: 70名(事前申込制、申し込み状況により定員が変わる場合もあります)
■参加費: 無料

■講演者 プロフィール

内田祥哉氏内田祥哉(うちだよしちか)
1961年、東京大学工学博士。東京大学名誉教授、明治大学教授、金沢美術工芸大学教授を歴任。1993年、日本建築学会会長。建築業界において多くの人材を育成したほか、多数の建築の設計活動にも力を注ぐ。1996年、日本建築学会賞受賞。2010年、日本学士院会員に選出される。近年の著書に『「日本の伝統建築の構法」─柔軟性と寿命─』『現代建築の造られ方』、『建築構法・第5版』がある。
デザインフォーラム詳細へ

2013.12.20

一般社団法人 文教施設協会 共同セミナー(12/20)
教育委員会の考える学校づくり わかってますか?


青木茂先生は20数年前より独自に再生建築の定義を確立し「リファイニング建築」という名称で再生建築に取り組まれています。「リファイニング建築」は従来行われている「リフォーム」「コンバージョン」「大規模修繕」などとは大きく異なり、建設当時の機能を失いつつある既存建物を再生し有効活用する手法として、単なる短期的な耐震改修のみでなく長期的視点に立ち、新築以上の付加価値を付けて変身させる手法です。
当日は具体的な事例をご紹介頂きながら「リファイニング建築」について理解を深めていただければと思います。
【CPD認定】
■日 時: 12月20日(金)(12:30~受付)
■スケジュール:
 13:00~14:30  基調講演「リファイニング建築 ─学校再生─」
  (青木 茂氏)
 14:40~15:30  「学校施設の老朽化対策」文教施設協会 平成25年度調査研究報告書より
  (文教施設協会)
 15:40~16:40  「調査研究を踏まえた学校づくりに役立つガラスの使い方」
  (旭硝子株式会社)
 16:40~17:00  質問/閉会
 ※ 閉会後ご希望者に「ガラスのあんぜんあんしんエコ教室 ガラスの破壊実験デモンストレーション」(協賛:旭硝子ガラスパワーキャンペーン)ならびにAGC studio館内案内を行います。
■開催場所: AGC studio 2階会議室
■講 師: 青木 茂氏(首都大学東京特任教授)
縄手雅史氏(一般社団法人 文教施設協会 事業副部長)
中澤東一(文教施設協会 調査委員〈旭硝子株式会社〉)
■定 員: 40名(事前申込制、申し込み状況により定員が変わる場合もあります)
■参加費: 無料

■講師プロフィール
青木 茂(あおきしげる)
大分県生まれ。首都大学東京特任教授。青木茂建築工房主宰。大連理工大学客員教授。博士(工学)。著書に「公共建築の未来」「住む人のための建てもの再生」「REFINING CITY × SMART CITY」「長寿命建築へ」「団地をリファイニングしよう。」など。受賞に日本建築学会賞・業績賞(2001)、BELCA賞(2001)、JIA環境建築賞(2000)、エコビルド賞(2002)、グッドデザイン賞特別賞(1999、2010)、GREEN GOOD DESIGN AWARD(2009)、福岡市都市景観賞を連続受賞(2005、2006)、千葉市優秀建築賞(2009)、兵庫県知事賞(2010)、JFMA賞(2010)、日本建築防災協会耐震改修貢献者賞理事長賞(2012)、日本建築防災協会耐震改修優秀建築賞(2013)など。

2013.12.14

ガラス建築ツアー 銀座コース(12/14)
AGC studioがある京橋周辺にはガラスを使った建築が数多くあります。
図面や写真ではわかりにくいガラスの仕上がりや質感など、
ガラスの説明と共にご確認いただける機会として、
「ガラス建築ツアー」を企画いたします。ガラス建築に興味をお持ちの方や、
ガラスの使い方をご自身で確かめたい方々のご参加をお待ちしております。
【CPD認定】
■日 時: 12月14日(土)
  13:30~  AGC studio 見学と説明(30分)
  14:00~  ツアースタート(AGC studio 出発)
  16:00   AGC studio 到着
■集合場所: AGC studio 2階
■定 員: 15名(事前申込、先着順)
※5名以上のご応募より、ツアー開催します
■対象エリア: 銀座周辺
■参加資格: ガラス建築物に興味のある方
■参加費: 無料

◇参加人数によってはツアー催行できない場合がございます。
◇集合時刻に遅れた場合、ツアーにご参加いただけない可能性がございます。
  当日は時間に余裕を持ってお集まり下さい。
◇ご不明な点は、AGC studioまでご連絡ください。

銀座をめぐるガラス建築ツアー
左:「Glass Architecture Map GINZA」    右:ツアー風景

以前開催したツアーのブログ記事はこちら ≫前編 後編

2013.12.12

第39回 AGC studioデザインフォーラム (12/12)
「STEPS IN THE AIR」展 連動企画
ガラス・エンジニアリングの歴史・現在・未来

 


ガラスの構造らせん階段《STEPS IN THE AIR》の完成にともない開催される、ガラス階段とガラス・エンジニアリングの現在「STEPS IN THE AIR」展を記念し、デザインフォーラムを開催いたします。
世界初とも言えるサスペンション構造によるガラス階段の設計に挑戦した、建築家・太田浩史氏と構造家・佐藤淳氏にお話を伺います。
【CPD認定】
■日 時: 2013年12月12日(木) 18:00~19:30
(17:30~受付)
■開催場所: AGC studio 2階会議室
■講演者: 太田浩史氏(建築家・東京大学生産技術研究所講師)
佐藤 淳氏(構造家・佐藤淳構造設計事務所)
■定 員: 70名(事前申込制、申し込み状況により定員が変わる場合もあります)
■参加費: 無料

■講師プロフィール
太田浩史氏太田浩史(おおたひろし)
1968年東京生まれ。00年デザイン・ヌーブ設立。03~08年東京大学国際都市再生研究センター特任研究員、09年より東京大学生産技術研究所講師。



佐藤 淳氏佐藤 淳(さとうじゅん)
1970年愛知県生まれ。00年佐藤淳構造設計事務所設立。10年より東京大学特任准教授(AGC 寄付講座)。建築家と協働で、数々の現代建築を新たな設計理念によって実現させてきた。


デザインフォーラム詳細へ

2013.11.09

ガラス建築ツアー 丸の内コース(11/9)
AGC studioからほど近い丸の内周辺にはガラスを使った建築が数多くあります。
図面や写真ではわかりにくいガラスの仕上がりや質感など、
ガラスの説明と共にご確認いただける機会として、
「ガラス建築ツアー」を企画いたします。ガラス建築に興味をお持ちの方や、
ガラスの使い方をご自身で確かめたい方々のご参加をお待ちしております。
【CPD認定】
■日 時: 11月9日(土)
  13:30~  AGC studio 見学と説明(30分)
  14:00~  ツアースタート(AGC studio 出発)
  16:00   AGC studio 到着
■集合場所: AGC studio 2階
■定 員: 15名(事前申込、先着順)
※5名以上のご応募より、ツアー開催します
■対象エリア: 丸の内周辺
■参加資格: ガラス建築物に興味のある方
■参加費: 無料

 

◇参加人数によってはツアー催行できない場合がございます。
◇集合時刻に遅れた場合、ツアーにご参加いただけない可能性がございます。
  当日は時間に余裕を持ってお集まり下さい。
◇ご不明な点は、AGC studioまでご連絡ください。

マップとガラス建築ツアーの様子
「Glass Architecture Map MARUNOUCHI」と ツアー風景(右)

以前開催したツアーのブログ記事はこちら ≫

2013.10.29

第38回 AGC studioデザインフォーラム (10/29)
「新しい建築の楽しさ2013」展連動企画 講演会"展示デザインの楽しさ"

 


「新しい建築の楽しさ2013」展と連動した講演会シリーズの第六弾です。
テーマは「展示デザインの楽しさ」。
話題の展示デザインを手掛けている中村竜治氏、昨年の「新しい建築の楽しさ」展の展示デザインをしました青木弘司氏、今年の展示デザインをしました松島潤平氏に解説していただきます。
【CPD認定】
■日 時: 10月29日(火) 18:30~20:00
(18:00~受付)
■開催場所: AGC studio 2階会議室
■講演者: 中村竜治氏(中村竜治建築設計事務所)
青木弘司氏(青木弘司建築設計事務所)
松島潤平氏(松島潤平建築設計事務所)
■モデレーター: 中﨑隆司氏(建築ジャーナリスト、生活環境プロデューサー)
■定 員: 70名(事前申込制、申し込み状況により定員が変わる場合もあります)
■参加費: 無料


■講演者プロフィール
中村竜治氏 中村竜治(なかむらりゅうじ)
1972年長野県生まれ。東京藝術大学大学院修了後、青木淳建築計画事務所を経て、2004年中村竜治建築設計事務所を設立。


青木弘司氏 青木弘司(あおきこうじ)
1976年北海道生まれ。2003年室蘭工業大学大学院修士課程修了。藤本壮介建築設計事務所を経て、2011年青木弘司建築設計事務所設立。2012年より武蔵野美術大学、2013年より東京造形大学非常勤講師。

松島潤平氏 松島潤平(まつしまじゅんぺい)
1979年長野県生まれ。2003年東京工業大学建築学科卒業。2005年同大学大学院建築学専攻修士課程修了。2005年隈研吾建築都市設計事務所入所。2011年松島潤平建築設計事務所設立。2012年より東京工業大学大学院建築学専攻博士課程在籍。

■モデレーター プロフィール
中﨑隆司氏中﨑隆司(なかさきたかし)
1952年、福岡県生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。生活環境(パッケージ・デザインから建築、まちづくり、都市計画まで)に関するプロジェクトのアドバイス、および調査、企画、計画、設計などの総合的なプロデュース、建築・都市をテーマとする取材・執筆を職業としている。著書に『建築の幸せ』、『ゆるやかにつながる社会―建築家31人にみる新しい空間の様相―』、『なぜ無責任な建築と都市をつくる社会が続くのか』、『幸せに向かうデザイン』(共編・著)がある。

デザインフォーラム詳細へ

2013.10.19

ガラス建築ツアー 銀座コース(10/19)
AGC studioがある京橋周辺にはガラスを使った建築が数多くあります。
図面や写真ではわかりにくいガラスの仕上がりや質感など、
ガラスの説明と共にご確認いただける機会として、
「ガラス建築ツアー」を企画いたします。ガラス建築に興味をお持ちの方や、
ガラスの使い方をご自身で確かめたい方々のご参加をお待ちしております。
【CPD認定】
■日 時: 10月19日(土)
 13:30~  AGC studio 見学と説明(30分)
 14:00~  ツアースタート(AGC studio 出発)
 16:00   AGC studio 到着
■集合場所: AGC studio 2階
■定 員: 15名(事前申込、先着順)
※5名以上のご応募より、ツアー開催します
■対象エリア: 銀座周辺
■参加資格: ガラス建築物に興味のある方
■参加費: 無料

◇参加人数によってはツアー催行できない場合がございます。
◇集合時刻に遅れた場合、ツアーにご参加いただけない可能性がございます。
  当日は時間に余裕を持ってお集まり下さい。
◇ご不明な点は、AGC studioまでご連絡ください。

銀座をめぐるガラス建築ツアー
左:「Glass Architecture Map GINZA」    右:ツアー風景

以前開催したツアーのブログ記事はこちら ≫前編 後編

2013.10.11

第37回 AGC studioデザインフォーラム(10/11)
U-30設計競技 「多様な光のあるガラス建築」 公開審査


この設計競技では、今後の活躍が期待される30歳以下の若手建築家5組(U-30展出展者)から、ガラス素材の新しい使い方や表現の建築の提案を募ります。審査を経て選ばれた最優秀案は、部分的な実験を含んだ原寸での実現化を目標においたガラス素材での模型展示(一般来場を可能にした展覧会)をおこなっていただきます。

【CPD認定】

U-30 2013フライヤー

■日 時:2013年10月11日(金) 18:00~20:00

        (17:30~受付)

■テーマ:「多様な光のあるガラス建築」

■開催場所:AGC studio 2階会議室

 

■審査会参加建築家:

 設計競技に参加した以下の5組が審査会に参加します。

   岩瀬諒子氏(岩瀬諒子設計事務所)

   植 美雪氏(建築設計事務所 可児公一植美雪)

   小松一平氏(小松建築設計事務所)

   杉山幸一郎氏

   塚越智之氏


■審査員: 太田浩史氏(建築家・東京大学生産技術研究所講師)
佐藤 淳氏(構造家・佐藤淳構造設計事務所)
平沼孝啓氏(建築家・平沼孝啓建築研究所主宰)
相武弘明 (AGCガラスカンパニー ビルディング・産業事業本部 ビルディングガラス部長)
 
  最優秀作品は、来春AGC studioにてスケールアップして公開する予定です。
 
■定 員: 70名
(事前申込制、申し込み状況により定員が変わる場合もあります)
■参加費: 無料

■特設サイト:Under 30 Architects exhibition 2013 ≫

 

 

2010~2012年3冊セットと2013年の展覧会図録 公開審査へお越しの皆様には、2013年展覧会図録(写真左)を先着10名に差し上げます。
ご希望の方には、2010~2012年の3冊セットの展覧会図録も差し上げます。(在庫僅少)

2013.10.03

第36回 AGC studioデザインフォーラム (10/3)
「新しい建築の楽しさ2013」展連動企画 講演会
"建築とランドスケープを融合する[1]"

 


「新しい建築の楽しさ2013」展と連動した講演会シリーズの第五弾です。
テーマは「建築とランドスケープを融合する」。
波打つスラブで人の流れを変える交流センター、100m×70mの無柱広場と一体化するカフェテリアについてそれぞれを設計した建築家に解説していただきます。
【CPD認定】
■日 時: 10月3日(木) 18:30~20:00
(18:00~受付)
■開催場所: AGC studio 2階会議室
■講演者: 伊藤麻理氏(UAo)
石上純也氏(石上純也建築設計事務所)
■モデレーター: 中﨑隆司氏(建築ジャーナリスト、生活環境プロデューサー)
■定 員: 70名(事前申込制、申し込み状況により定員が変わる場合もあります)
■参加費: 無料


■講演者プロフィール
伊藤麻理氏 伊藤麻理(いとうまり)
1974年栃木県生まれ。97年東洋大学工学部建築学科卒業。99年同大学大学院工学科建築学専攻修士課程修了。スタジオ建築計画、Atelier Kempe Thill architects and planners(オランダ)を経て、2006年アトリエインク設立、09年UAoに改名。

石上純也氏 石上純也(いしがみじゅんや)
1974年神奈川県生まれ。97年武蔵工業大学卒業、2000年東京藝術大学大学院修士課程修了。2004年石上純也建築設計事務所設立。


■モデレーター プロフィール
中﨑隆司氏中﨑隆司(なかさきたかし)
1952年、福岡県生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。生活環境(パッケージ・デザインから建築、まちづくり、都市計画まで)に関するプロジェクトのアドバイス、および調査、企画、計画、設計などの総合的なプロデュース、建築・都市をテーマとする取材・執筆を職業としている。著書に『建築の幸せ』、『ゆるやかにつながる社会―建築家31人にみる新しい空間の様相―』、『なぜ無責任な建築と都市をつくる社会が続くのか』、『幸せに向かうデザイン』(共編・著)がある。

デザインフォーラム詳細へ

2013.09.28

AAF主催 U-30 開催記念シンポジウム《会場:大阪・南港ATC》(9/7・9/28) 
2010年より開催をしてまいりました「U-30 Under 30 Architects exhibition 30歳以下の若手建築家による建築の展覧会」を今年は9/5(木)より開催させていただきます。
第4回目を迎えます本展覧会では、展覧会期間中に2回、全国で活躍する出展者よりひと世代上の建築家を一堂にお招きしたシンポジウムの開催を予定しております。

詳しくはAAF webサイトをご覧ください。

シンポジウムⅠ
■日 時: 9月7日(土) 15:30~19:30
(13:00開場、15:30開演)
■講演者: 芦澤竜一氏(関西)、五十嵐 淳氏(北海道)、石上純也氏(関東)、
平田晃久氏(関東)、U-30出展若手建築家
■進 行: 倉方俊輔氏(関西)

シンポジウムⅡ
■日 時: 9月28日(土) 15:30~19:30
(13:00開場、15:30開演)
■講演者: 谷尻 誠氏(中国)、平沼孝啓氏(関西)、藤本壮介氏(関東)、
吉村靖孝氏(関東)、U-30出展若手建築家
■進 行: 五十嵐太郎氏(関西)


■開催場所: ODPギャラリー (大阪・南港 ATC)
■定 員: 各回500名(事前申込制、当日会場にて先着順座席選択)
■参加費: Ⅰ、Ⅱ共通入場券(一般:¥3,000-、学生:¥2,000-)
特典:展覧会招待券(通常¥1,000-×2日分)
   

U-30出展者による設計競技「多様な光のあるガラス建築」は、今回も本年10月の審査を経て、最優秀案は2014年3月からの展覧会にて実物展示(優秀案は模型展示、参加案パネル展示)する予定としています。ご期待ください。

2013.09.19

第35回 AGC studioデザインフォーラム (9/19)
「新しい建築の楽しさ2013」展連動企画 講演会"公共建築を考える"

 


「新しい建築の楽しさ2013」展と連動した講演会シリーズの第四弾です。
テーマは「公共建築を考える」。
利用者との議論を建築に反映させる保育所、躯体は残して折板で生み出す展示空間、木造の大屋根が包む伝統芸能のための劇場についてそれぞれを設計した建築家に解説していただきます。
【CPD認定】
■日 時: 9月19日(木) 18:30~20:00
(18:00~受付)
■開催場所: AGC studio 2階会議室
■講演者: 髙橋一平氏(髙橋一平建築事務所)
川口有子氏+鄭 仁愉氏(有設計室)
小池啓介氏+山本匠一郎氏(Thirdparty)
■モデレーター: 中﨑隆司氏(建築ジャーナリスト、生活環境プロデューサー)
■定 員: 70名(事前申込制、申し込み状況により定員が変わる場合もあります)
■参加費: 無料


■講演者プロフィール
髙橋一平氏 髙橋一平(たかはしいっぺい)
1977年東京都生まれ。2000年東北大学工学部建築学科卒業、02年横浜国立大学大学院工学研究科建築学専攻修了、西沢立衛建築設計事務所入所。09年高橋一平建築事務所設立。横浜国立大学大学院Y-GSA研究教員。

川口有子氏 川口有子(かわぐちなおこ)
1974年千葉県生まれ。97年東京工業大学工学部建築学科卒業、山本理顕設計工場入所。2005年有設計室設立。


鄭 仁愉氏 鄭 仁愉(ていじんゆ)
1978年千葉県生まれ。2001年千葉大学工学部建築学科卒業。03年同大学自然科学研究科修了、山本理顕設計工場入所。06年から有設計室。(トークセッションに参加予定)

小池啓介氏 小池啓介(こいけけいすけ)
1974年神奈川県生まれ。2000年早稲田大学大学院理工学研究科修士課程修了。ナスカ一級建築士事務所を経て、2008年K2YT設立、12年サードパーティ共同設立。

山本匠一郎氏 山本匠一郎(やまもとしょういちろう)
1975年東京都生まれ。2001年早稲田大学大学院理工学研究科修士課程修了。磯崎アトリエを経て、08年K2YT設立。12年サードパーティ共同設立。(トークセッションに参加予定)

■モデレーター プロフィール
中﨑隆司氏中﨑隆司(なかさきたかし)
1952年、福岡県生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。生活環境(パッケージ・デザインから建築、まちづくり、都市計画まで)に関するプロジェクトのアドバイス、および調査、企画、計画、設計などの総合的なプロデュース、建築・都市をテーマとする取材・執筆を職業としている。著書に『建築の幸せ』、『ゆるやかにつながる社会―建築家31人にみる新しい空間の様相―』、『なぜ無責任な建築と都市をつくる社会が続くのか』、『幸せに向かうデザイン』(共編・著)がある。

デザインフォーラム詳細へ

2013.08.29

第34回 AGC studioデザインフォーラム (8/29)
「新しい建築の楽しさ2013」展連動企画 講演会"集まって住む"

 


「新しい建築の楽しさ2013」展と連動した講演会シリーズの第三弾です。
テーマは「集まって住む」。
ライフスタイルを積み上げるコーポラティブ住宅、社会人が刺激し合って住まうシェアハウス、外部に個人領域を配する重層の長屋についてそれぞれを設計した建築家に解説していただきます。
【CPD認定】
■日 時: 8月29日(木) 18:30~20:00
(18:00~受付)
■開催場所: AGC studio 2階会議室
■講演者: 西田 司氏+中川エリカ氏(オンデザイン)
猪熊 純氏+成瀬友梨氏(成瀬・猪熊建築設計事務所)
藤野高志氏(生物建築舎)
■モデレーター: 中﨑隆司氏(建築ジャーナリスト、生活環境プロデューサー)
■定 員: 70名(事前申込制、申し込み状況により定員が変わる場合もあります)
■参加費: 無料


■講演者プロフィール
西田 司氏 西田 司(にしだおさむ)
1976年神奈川県生まれ。99年横浜国立大学卒業、建築設計SPEED STUDIO共同設立・主宰。2002~07年東京都立大学大学院助手。04年オンデザインパートナーズ設立。05~07年首都大学東京研究員、05~09年横浜国立大学大学院Y-GSA助手。
中川エリカ氏 中川エリカ(なかがわえりか)
1983年東京都生まれ。2005年横浜国立大学卒業、07年東京芸術大学大学院修了後にオンデザイン。(トークセッションに参加予定)


猪熊 純氏 猪熊 純(いのくまじゅん)
1977年神奈川県生まれ。2002年東京大学工学部建築学科卒業、04年同大学大学院修士課程修了。千葉学建築計画事務所を経て、07年成瀬・猪熊建築設計事務所共同設立。08年から首都大学東京助教。

成瀬友梨氏 成瀬友梨(なるせゆり)
1979年愛知県生まれ。2002年東京大学工学部建築学科卒業、04年同大学大学院修士課程修了。成瀬友梨建築設計事務所主宰を経て、07年成瀬・猪熊建築設計事務所共同設立。10年から東京大学助教。(トークセッションに参加予定)

藤野高志氏 藤野高志(ふじのたかし)
1975年群馬県生まれ。98年東北大学工学部建築学科卒業、2000年同大学大学院都市・建築学博士前期課程修了。清水建設本社設計本部、はりゅうウッドスタジオを経て、06年生物建築舎設立。

■モデレーター プロフィール
中﨑隆司氏中﨑隆司(なかさきたかし)
1952年、福岡県生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。生活環境(パッケージ・デザインから建築、まちづくり、都市計画まで)に関するプロジェクトのアドバイス、および調査、企画、計画、設計などの総合的なプロデュース、建築・都市をテーマとする取材・執筆を職業としている。著書に『建築の幸せ』、『ゆるやかにつながる社会―建築家31人にみる新しい空間の様相―』、『なぜ無責任な建築と都市をつくる社会が続くのか』、『幸せに向かうデザイン』(共編・著)がある。

デザインフォーラム詳細へ

2013.08.08

第33回 AGC studioデザインフォーラム (8/8)
「新しい建築の楽しさ2013」展連動企画 講演会"個の思いと向き合う"

 


「新しい建築の楽しさ2013」展と連動した講演会シリーズの第二弾です。
テーマは「個の思いと向き合う」。
築80年の旧銀行を改修するカプセルホテル、闇市の横丁文化を継承する飲み屋群、既存設計の見直しを図る大邸宅インテリアについてそれぞれを設計した建築家に解説していただきます。
【CPD認定】
■日 時: 8月8日(木) 18:30~20:00
(18:00~受付)
■開催場所: AGC studio 2階会議室
■講演者: 平瀬有人氏(yHa architects)
原田真宏氏(マウントフジアーキテクツスタジオ)
山口 誠氏(山口誠デザイン)
■モデレーター: 中﨑隆司氏(建築ジャーナリスト、生活環境プロデューサー)
■定 員: 70名(事前申込制、申し込み状況により定員が変わる場合もあります)
■参加費: 無料


■講演者プロフィール
平瀬有人氏 平瀬有人(ひらせゆうじん)
1976年東京都生まれ。2001年早稲田大学大学院修士課程修了。同大学古谷誠章研究室・ ナスカを経て、04年同大学大学院博士後期課程単位満了。07年yHa architects設立、08年から佐賀大学准教授。

原田真宏氏 原田真宏(はらだまさひろ)
1973年静岡県生まれ。97年芝浦工業大学大学院建設工学専攻修了。隈研吾建築都市設計事務所勤務などを経て、2004年マウントフジアーキテクツスタジオ共同設立。08年から芝浦工業大学工学部建築学科准教授。

山口 誠氏 山口 誠(やまぐちまこと)
1972年千葉県生まれ。94年青山学院大学経済学部卒業。99年東京芸術大学美術学部建築科卒業、2001年同大学大学院美術研究科建築専攻修士課程修了。同年山口誠建築設計事務所設立。07年山口誠デザイン設立。

■モデレーター プロフィール
中﨑隆司氏中﨑隆司(なかさきたかし)
1952年、福岡県生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。生活環境(パッケージ・デザインから建築、まちづくり、都市計画まで)に関するプロジェクトのアドバイス、および調査、企画、計画、設計などの総合的なプロデュース、建築・都市をテーマとする取材・執筆を職業としている。著書に『建築の幸せ』、『ゆるやかにつながる社会―建築家31人にみる新しい空間の様相―』、『なぜ無責任な建築と都市をつくる社会が続くのか』、『幸せに向かうデザイン』(共編・著)がある。

デザインフォーラム詳細へ

2013.07.31

第32回 AGC studioデザインフォーラム (7/31)
「新しい建築の楽しさ2013」展連動企画 講演会"地域を読む"

 


「新しい建築の楽しさ2013」展と連動した講演会シリーズの第一弾です。
テーマは「地域を読む」。
シングル女性が3つの場を共有する集合住宅、護岸断面を意匠に生かす店舗併用住宅、ワイヤで緩やかに覆う商店街ストリートについてそれぞれを設計した建築家に解説していただきます。
【CPD認定】
■日 時: 7月31日(水) 17:30~19:00
(17:00~受付)
■開催場所: AGC studio 2階会議室
■講演者: 畑 友洋氏(畑友洋建築設計事務所)
保坂 猛氏(保坂猛建築都市設計事務所)
前田圭介氏(UID)
■モデレーター: 中﨑隆司氏(建築ジャーナリスト、生活環境プロデューサー)
■定 員: 70名(事前申込制、申し込み状況により定員が変わる場合もあります)
■参加費: 無料


■講演者プロフィール
畑 友洋氏 畑 友洋(はたともひろ)
1978年兵庫県生まれ。2001年京都大学工学部建築学科卒業。03年同大学大学院工学研究科修了、高松伸建築設計事務所入社。05年畑友洋建築設計事務所設立。

保坂 猛氏 保坂 猛(ほさかたけし)
1975年山梨県生まれ。99年横浜国立大学建設学科建築学コース卒業、2001年同大学大学院修士課程修了。99年建築設計SPEED STUDIO共同設立・主宰、04年保坂猛建築都市設計事務所設立。

前田圭介氏 前田圭介(まえだけいすけ)
1974年広島県生まれ。98年国士舘大学工学部建築学科卒業。2003年UID一級建築士事務所設立。


■モデレーター プロフィール
中﨑隆司氏中﨑隆司(なかさきたかし)
1952年、福岡県生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。生活環境(パッケージ・デザインから建築、まちづくり、都市計画まで)に関するプロジェクトのアドバイス、および調査、企画、計画、設計などの総合的なプロデュース、建築・都市をテーマとする取材・執筆を職業としている。著書に『建築の幸せ』、『ゆるやかにつながる社会―建築家31人にみる新しい空間の様相―』、『なぜ無責任な建築と都市をつくる社会が続くのか』、『幸せに向かうデザイン』(共編・著)がある。

デザインフォーラム詳細へ

2013.07.31

Low-Eアップデートキャンペーン/もっと詳しく知りたい方向け
AGC studio オンデマンドセミナー【個人参加者向け】(7/31・PM)


所要時間は各セミナー1時間程度です。 特設サイトへ≫
※Webの動画配信によるセミナーではありません。
【CPD認定】
■開講スケジュール:
 
  2013年7月31日(水)
 13:00~15:00+個別相談会(適宜休憩あり)

■コンテンツ:
 
F いまさら訊けない省エネ基準(周辺情報:応用編)
 ~基準と省エネ関連のインセンティブ制度ご紹介~
G 省エネ法改定でこう変わる、ビルの設計作法(周辺情報:応用編)
 ~ビルなどの設計手法はどう変わるのか、省エネガラスの効果的な使い方~
※個別相談会:計画物件の図面などをお持ちください。具体的な相談を承ります。

■開催場所: AGC studio 2階会議室
■所要時間: 各セミナーとも1時間程度を予定
■定 員: 40名
■参加特典: 参加者様にはご希望のガラスサンプルを、オンデマンドセミナー参加者様には記念品を、Low-Eセミナーを受講済みでオンラインセミナーにも申し込まれた団体様の代表者様にはAGC studioオリジナルショットノートを差し上げます。
■参加費: 無料

2013.07.31

Low-Eアップデートキャンペーン/もっと詳しく知りたい方向け
AGC studio オンデマンドセミナー【個人参加者向け】(7/31・AM)


所要時間は各セミナー1時間程度です。特設サイトへ≫
※Webの動画配信によるセミナーではありません。
【CPD認定】
■開講スケジュール:
 
  2013年7月31日(水)
 10:00~12:00+館内案内(適宜休憩あり)

■コンテンツ:
 
E 必要な数値や条件を満たすガラス選択(技術対応:実務編)
 ~何がいいの? どんな種類があるの? 使い分けは? 注意することは?
H これからのガラス さらなる進化(周辺情報:応用編)
 ~すでにLow-Eガラスをご活用いただいている皆様に今後の新トレンドをご紹介~
※館内案内:Low-Eペアガラスの体感と館内展示実物ガラス案内

■開催場所: AGC studio 2階会議室
■所要時間: 各セミナーとも1時間程度を予定
■定 員: 40名
■参加特典: 参加者様にはご希望のガラスサンプルを、オンデマンドセミナー参加者様には記念品を、Low-Eセミナーを受講済みでオンラインセミナーにも申し込まれた団体様の代表者様にはAGC studioオリジナルショットノートを差し上げます。
■参加費: 無料

2013.07.30

Low-Eアップデートキャンペーン/もっと詳しく知りたい方向け
AGC studio オンデマンドセミナー【個人参加者向け】(7/30・PM)


所要時間は各セミナー1時間程度です。 特設サイトへ≫
※Webの動画配信によるセミナーではありません。
【CPD認定】
■開講スケジュール:
 
  2013年7月30日(火)
 13:00~15:00+個別相談会(適宜休憩あり)

■コンテンツ:
 
B 最適Low-E「傾向と対策」教えます(特性理解:実用編)
 ~建築用途別・部位別・方位別 お勧めLow-E ガラス採用事例~
C お施主様への機能説明に役立つ背景アレコレ(特性理解:実用編)
 ~歴史、仕組み、性能、製造方法、取り巻く環境、省エネ効果、用語、今後の活用~
※個別相談会:計画物件の図面などをお持ちください。具体的な相談を承ります。

■開催場所: AGC studio 2階会議室
■所要時間: 各セミナーとも1時間程度を予定
■定 員: 40名
■参加特典: 参加者様にはご希望のガラスサンプルを、オンデマンドセミナー参加者様には記念品を、Low-Eセミナーを受講済みでオンラインセミナーにも申し込まれた団体様の代表者様にはAGC studioオリジナルショットノートを差し上げます。
■参加費: 無料

2013.07.30

Low-Eアップデートキャンペーン/もっと詳しく知りたい方向け
AGC studio オンデマンドセミナー【個人参加者向け】(7/30・AM)


所要時間は各セミナー1時間程度です。 特設サイトへ≫
※Webの動画配信によるセミナーではありません。
【CPD認定】
■開講スケジュール:
 
  2013年7月30日(火)
 10:00~12:00+館内案内(適宜休憩あり)

■コンテンツ:
 
A いまさら訊けないLow-Eガラスとは?(特性理解:初級編)
 ~何がいいの? どんな種類があるの? 使い分けは? 注意することは?~
D 技術検討データシミュレーション(特性理解:初級編)
 板厚検討/熱光学性能/結露/防音 ~カタログに載らない話・検討結果書面~
※館内案内:Low-Eペアガラスの体感と館内展示実物ガラス案内

■開催場所: AGC studio 2階会議室
■所要時間: 各セミナーとも1時間程度を予定
■定 員: 40名
■参加特典: 参加者様にはご希望のガラスサンプルを、オンデマンドセミナー参加者様には記念品を、Low-Eセミナーを受講済みでオンラインセミナーにも申し込まれた団体様の代表者様にはAGC studioオリジナルショットノートを差し上げます。
■参加費: 無料

2013.07.24

Low-Eアップデートキャンペーン/もっと詳しく知りたい方向け
AGC studio オンデマンドセミナー【団体様向け】


ご都合の良い日程で、ご希望のコンテンツを選んで受講いただけます。2013年5~7月期は非戸建住宅コース、8メニューで開講。所要時間は各セミナー1時間程度です。 特設サイトへ≫
※Webの動画配信によるセミナーではありません。
【CPD認定】
■コンテンツ:
 
A いまさら訊けないLow-Eガラスとは?(特性理解:初級編)
 ~何がいいの? どんな種類があるの? 使い分けは? 注意することは?~
B 最適Low-E「傾向と対策」教えます(特性理解:実用編)
 ~建築用途別・部位別・方位別 お勧めLow-E ガラス採用事例~
C お施主様への機能説明に役立つ背景アレコレ(特性理解:実用編)
 ~歴史、仕組み、性能、製造方法、取り巻く環境、省エネ効果、用語、今後の活用~
D 技術検討データシミュレーション(技術対応:実務編)
 板厚検討/熱光学性能/結露/防音 ~カタログに載らない話・検討結果書面~
E 必要な数値や条件を満たすガラス選択(技術対応:実務編)
 ~熱環境、明るさ、強度、防音 Low-Eを例題にして~
F いまさら訊けない省エネ基準(周辺情報:応用編)
 ~基準と省エネ関連のインセンティブ制度ご紹介~
G 省エネ法改定でこう変わる、ビルの設計作法(周辺情報:応用編)
 ~ビルなどの設計手法はどう変わるのか、省エネガラスの効果的な使い方~
H これからのガラス さらなる進化(周辺情報:応用編)
 ~すでにLow-Eガラスをご活用いただいている皆様に今後の新トレンドをご紹介~
※オプション1 館内案内:Low-Eペアガラスの体感と館内展示実物ガラス案内
※オプション2 個別相談会:計画物件の図面などをお持ちください。具体的な相談を承ります。

■開講方式:
 
  お申し込みガイド/スケジュール」で表示されるスケジュール表のコマの中から希望日を選べます。
1団体につき、原則1ないし2セミナーを、上記A~Hの中から選択していただきます。代表者の方は、AGCの担当者にお声かけいただくか、下記のボタンからコンシェルジュ予約をお願いします。日程調整ののち、AGC studioより申込書をFAX送信いたします。

■開催場所: AGC studio 2階会議室
■所要時間: 各セミナーとも1時間程度を予定
■定 員: 一団体最大42名
■参加特典: 参加者様にはご希望のガラスサンプルを、オンデマンドセミナー参加者様には記念品を、Low-Eセミナーを受講済みでオンラインセミナーにも申し込まれた団体様の代表者様にはAGC studioオリジナルショットノートを差し上げます。
■参加費: 無料

2013.07.20

ガラス建築ツアー 丸の内コース(7/20)
AGC studioからほど近い丸の内周辺にはガラスを使った建築が数多くあります。
図面や写真ではわかりにくいガラスの仕上がりや質感など、
ガラスの説明と共にご確認いただける機会として、
「ガラス建築ツアー」を企画いたします。ガラス建築に興味をお持ちの方や、
ガラスの使い方をご自身で確かめたい方々のご参加をお待ちしております。
【CPD認定】
■日 時: 7月20日(土)
  15:00~  AGC studio 見学と説明(30分)
  15:30~  ツアースタート(AGC studio 出発)
  17:30   AGC studio 到着
■集合場所: AGC studio 2階
■定 員: 15名(事前申込、先着順)
※5名以上のご応募より、ツアー開催します
■対象エリア: 丸の内周辺
■参加資格: ガラス建築物に興味のある方
■参加費: 無料
■申込方法: 登録フォームからのお申し込みで仮登録となり、開催日の1週間前を目安に、
登録完了のご連絡を兼ねて受講票をお送りいたします。
 

 

◇参加人数によってはツアー催行できない場合がございます。
◇集合時刻に遅れた場合、ツアーにご参加いただけない可能性がございます。
  当日は時間に余裕を持ってお集まり下さい。
◇ご不明な点は、AGC studioまでご連絡ください。

マップとガラス建築ツアーの様子
「Glass Architecture Map MARUNOUCHI」と ツアー風景(右)

以前開催したツアーのブログ記事はこちら ≫

2013.06.22

ガラス建築ツアー 銀座コース(6/22)
AGC studioがある京橋周辺にはガラスを使った建築が数多くあります。
図面や写真ではわかりにくいガラスの仕上がりや質感など、
ガラスの説明と共にご確認いただける機会として、
「ガラス建築ツアー」を企画いたします。ガラス建築に興味をお持ちの方や、
ガラスの使い方をご自身で確かめたい方々のご参加をお待ちしております。
【CPD認定】
■日 時: 6月22日(土)
  15:00~  AGC studio 見学と説明(30分)
  15:30~  ツアースタート(AGC studio 出発)
  17:30   AGC studio 到着
■集合場所: AGC studio 2階
■定 員: 15名(事前申込、先着順)
※5名以上のご応募より、ツアー開催します
■対象エリア: 銀座周辺
■参加資格: ガラス建築物に興味のある方
■参加費: 無料

◇参加人数によってはツアー催行できない場合がございます。
◇集合時刻に遅れた場合、ツアーにご参加いただけない可能性がございます。
  当日は時間に余裕を持ってお集まり下さい。
◇ご不明な点は、AGC studioまでご連絡ください。

銀座をめぐるガラス建築ツアー
左:「Glass Architecture Map GINZA」    右:ツアー風景

以前開催したツアーのブログ記事はこちら ≫前編 後編

2013.06.05

Low-Eアップデートキャンペーン/第31回 AGC studioデザインフォーラム (6/5)
「最新の文教施策の動向~発注者が求める学校設備とは~」

文教施設に関する総合的な研究開発を行っている文教施設協会様より、最新の文教施設の動向をご説明いただきます。
発注者が求める学校整備のポイントについて、現状と課題、さらに目指すべき姿をエコスクール等の事例を交えてお話しいただき、平成25年度の文科省・整備推進事業の内容についても、ご講演いただきます。公共施設設計に携わる方、必見の内容です。特設サイトへ≫
【CPD認定予定】
■日 時: 6月5日(水)18:30~20:30(18:00~受付)
■開催場所: AGC studio 2階会議室
■講演者: 一般社団法人 文教施設協会 事業副部長  縄手雅史氏
■定 員: 40名(事前申込制、申し込み状況により定員が変わる場合もあります)
■参加費: 無料
   
■協 賛:

ガラスパワーキャンペーン

ガラスパワーキャンペーン ~明日のためにガラスができること~

 GPC活動ニュース ≫

デザインフォーラム詳細へ

2013.06.05

Low-Eアップデートキャンペーン/全般を知りたい方向け AGC studio Low-Eセミナー(6/5)
「中小ビルガラスファサードの省エネ・創エネ・節電 そのカラクリに着目」

日本ではガラス張りのビルディングが増え、欧米ではさらに省エネ基準が厳しくなっています。熱の出入りする開口部は新築住宅ではすでにLow-Eペアガラスの採用が50%を超えている中、省エネ化が遅れているビル。これからのガラス採用にあたって必須の情報が満載のセミナーです。
業務ビルはもちろん、集合住宅・学校・病院施設など設計に携わる皆様もぜひご参加ください。(Low-Eセミナーは5/14開催分と同じ内容です)
セミナー終了後は、個別相談会も開催いたします。より具体的な相談をご希望の方は、計画物件の図面をお持ちください。
なお、今回各Low-Eセミナーでご案内するコンテンツについては、5~7月開催のオンデマンドセミナーでより詳しくご説明します。 特設サイトへ≫
【CPD認定予定】
■日 時: 6月5日(水)(15:30~受付)
16:00~18:00 AGC studio Low-Eセミナー
18:00~18:30 個別相談会
■開催場所: AGC studio 2階会議室
■講 師: 木原幹夫(旭硝子株式会社 AGCガラスカンパニー主幹 一級建築士)
寺山哲夫(旭硝子株式会社 AGC studioテクニカルアドバイザー)
■定 員: 40名(事前申込制、申し込み状況により定員が変わる場合もあります)
■参加特典: 参加者様にはご希望のガラスサンプルを、Low-Eセミナーを受講済みでオンデマンドセミナーにも申し込まれた団体様の代表者様にはAGC studioオリジナルショットノートを差し上げます。
■参加費: 無料

2013.05.25

ガラス建築ツアー 丸の内コース(5/25)
AGC studioからほど近い丸の内周辺にはガラスを使った建築が数多くあります。
図面や写真ではわかりにくいガラスの仕上がりや質感など、
ガラスの説明と共にご確認いただける機会として、
「ガラス建築ツアー」を企画いたします。ガラス建築に興味をお持ちの方や、
ガラスの使い方をご自身で確かめたい方々のご参加をお待ちしております。
【CPD認定】
■日 時: 5月25日(土)
  13:30~  AGC studio 見学と説明(30分)
  14:00~  ツアースタート(AGC studio 出発)
  16:00   AGC studio 到着
■集合場所: AGC studio 2階
■定 員: 15名(事前申込、先着順)
※5名以上のご応募より、ツアー開催します
■対象エリア: 丸の内周辺
■参加資格: ガラス建築物に興味のある方
■参加費: 無料

 

◇参加人数によってはツアー催行できない場合がございます。
◇集合時刻に遅れた場合、ツアーにご参加いただけない可能性がございます。
  当日は時間に余裕を持ってお集まり下さい。
◇ご不明な点は、AGC studioまでご連絡ください。

マップとガラス建築ツアーの様子
「Glass Architecture Map MARUNOUCHI」と ツアー風景(右)

以前開催したツアーのブログ記事はこちら ≫

2013.05.14

Low-Eアップデートキャンペーン/第30回 AGC studioデザインフォーラム (5/14)
「改正省エネ基準/低炭素認定基準について」

平成24年度に改正された省エネ基準および新設の認定低炭素住宅/建築物基準について、住宅およびマンション等の建築物に係る基準と設計への留意点他をご説明いただきます。さらにフラット35の融資のご説明もいただきます。特設サイトへ≫
【CPD認定予定】
■日 時: 5月14日(火)18:30~20:30(18:00~受付)
■開催場所: AGC studio 2階会議室
■講演者: 館野弥生氏
(独立行政法人 住宅金融支援機構 首都圏支店営業推進第二グループ)
■定 員: 40名(事前申込制、申し込み状況により定員が変わる場合もあります)
■参加費: 無料


デザインフォーラム詳細へ

2013.05.14

Low-Eアップデートキャンペーン/全般を知りたい方向け AGC studio Low-Eセミナー(5/14)
「中小ビルガラスファサードの省エネ・創エネ・節電 そのカラクリに着目」

日本ではガラス張りのビルディングが増え、欧米ではさらに省エネ基準が厳しくなっています。熱の出入りする開口部は新築住宅ではすでにLow-Eペアガラスの採用が50%を超えている中、省エネ化が遅れているビル。これからのガラス採用にあたって必須の情報が満載のセミナーです。
業務ビルはもちろん、集合住宅・学校・病院施設など設計に携わる皆様もぜひご参加ください。(Low-Eセミナーは6/5開催分と同じ内容です)
セミナー終了後は、個別相談会も開催いたします。より具体的な相談をご希望の方は、計画物件の図面をお持ちください。
なお、今回各Low-Eセミナーでご案内するコンテンツについては、5~7月開催のオンデマンドセミナーでより詳しくご説明します。 特設サイトへ≫
【CPD認定予定】
■日 時: 5月14日(火)(15:30~受付)
16:00~18:00 AGC studio Low-Eセミナー
18:00~18:30 個別相談会
■開催場所: AGC studio 2階会議室
■講 師: 木原幹夫(旭硝子株式会社 AGCガラスカンパニー主幹 一級建築士)
寺山哲夫(旭硝子株式会社 AGC studioテクニカルアドバイザー)
■定 員: 40名(事前申込制、申し込み状況により定員が変わる場合もあります)
■参加特典: 参加者様にはご希望のガラスサンプルを、Low-Eセミナーを受講済みでオンデマンドセミナーにも申し込まれた団体様の代表者様にはAGC studioオリジナルショットノートを差し上げます。
■参加費: 無料

2013.04.26

第29回 AGC studioデザインフォーラム (4/26)
U-30 Young Architect Japan. 開催記念トークイベント

 


日本を代表し全国で活躍をする出展若手建築家のひとつ上の世代(40歳前後)の建築家・構造家をゲストに迎え、設計競技の審査と経過から、これからのガラス建築のあり方や可能性を探ります。
【CPD認定】

 

■日 時: 2013年4月26日(金)18:30~20:30(受付開始18:00)
■開催場所: AGC studio 2階会議室
■講演者: 吉村靖孝氏(建築家)
■モデレーター: 佐藤 淳氏(構造家)×平沼孝啓氏(建築家)×太田浩史氏(建築家)
■定 員: 70名(事前申込制、申し込み状況により定員が変わる場合もあります)
■参加費: 無料


■講演者、モデレーター プロフィール

吉村靖孝氏吉村靖孝(よしむらやすたか)
1972年愛知県生まれ。05年吉村靖孝建築設計事務所設立。JCDデザインアワード大賞、日本建築学会作品選奨、吉岡賞など受賞多数。「ビヘイヴィアとプロトコル」「EX-CONTAINER」など著書多数。


佐藤 淳氏佐藤 淳(さとうじゅん)
1970年愛知県生まれ。00年佐藤淳構造設計事務所設立。10年より東京大学特任准教授(AGC 寄付講座)。建築家と協働で、数々の現代建築を新たな設計理念によって実現させてきた。


平沼孝啓氏平沼孝啓(ひらぬまこうき)
1971年大阪府生まれ。99年Hs WorkShop-ASIA(現・平沼孝啓 建築研究所)を設立。日本建築士会連合会賞やInnovative Architecture 国際建築賞(イタリア)など、他多数を受賞する。


太田浩史氏太田浩史(おおたひろし)
1968年東京生まれ。00年デザイン・ヌーブ設立。03~08年東京大学国際都市再生研究センター特任研究員、09年より東京大学生産技術研究所講師。


デザインフォーラム詳細へ

2013.04.20

ガラス建築ツアー 銀座コース(4/20)
AGC studioがある京橋周辺にはガラスを使った建築が数多くあります。
図面や写真ではわかりにくいガラスの仕上がりや質感など、
ガラスの説明と共にご確認いただける機会として、
「ガラス建築ツアー」を企画いたします。ガラス建築に興味をお持ちの方や、
ガラスの使い方をご自身で確かめたい方々のご参加をお待ちしております。
【CPD認定】
■日 時: 2013年4月20日(土)
  13:30~  AGC studio 見学と説明(30分)
  14:00~  ツアースタート(AGC studio 出発)
  16:00   AGC studio 到着
■集合場所: AGC studio 2階
■定 員: 15名(事前申込、先着順)
※5名以上のご応募より、ツアー開催します
■対象エリア: 銀座周辺
■参加資格: ガラス建築物に興味のある方
■参加費: 無料

◇参加人数によってはツアー催行できない場合がございます。
◇集合時刻に遅れた場合、ツアーにご参加いただけない可能性がございます。
  当日は時間に余裕を持ってお集まり下さい。
◇ご不明な点は、AGC studioまでご連絡ください。

銀座をめぐるガラス建築ツアー
左:「Glass Architecture Map GINZA」    右:ツアー風景

以前開催したツアーのブログ記事はこちら ≫前編 後編


2013.03.23

ガラス建築ツアー 丸の内コース(3/23)
AGC studioからほど近い丸の内周辺にはガラスを使った建築が数多くあります。
図面や写真ではわかりにくいガラスの仕上がりや質感など、
ガラスの説明と共にご確認いただける機会として、
「ガラス建築ツアー」を企画いたします。ガラス建築に興味をお持ちの方や、
ガラスの使い方をご自身で確かめたい方々のご参加をお待ちしております。
【CPD認定】
■日 時: 2013年3月23日(土)
  13:30~  AGC studio 見学と説明(30分)
  14:00~  ツアースタート(AGC studio 出発)
  16:00   AGC studio 到着
■集合場所: AGC studio 2階
■定 員: 15名(事前申込、先着順)
※5名以上のご応募より、ツアー開催します
■対象エリア: 丸の内周辺
■参加資格: ガラス建築物に興味のある方
■参加費: 無料

マップとガラス建築ツアーの様子
「Glass Architecture Map MARUNOUCHI」と ツアー風景(右)

2013.03.08

第28回 AGC studioデザインフォーラム (3/8)
U-30 Young Architect Japan. 開催記念対談イベント

 


設計競技の2次審査に選出された3組による対談を行います。前半では、設計競技の提案についてのプレゼンテーションを行い、後半では建築史家の倉方俊輔氏がモデレーターとなって、今後の活躍が期待される若手建築家に、これからのガラス建築のあり方や可能性を伺います。
【CPD認定】

 

受賞者
■日 時: 2013年3月8日(金) 17:00~20:30(16:30~受付)
■開催場所: AGC studio 2階会議室
■モデレーター: 倉方俊輔氏(建築史家)
■出席者:
最優秀賞:米澤 隆氏
(HAP+)
優秀賞:久保秀朗氏
(久保都島建築設計事務所)
優秀賞:増田信吾氏、大坪克亘氏
(増田信吾+大坪克亘)
■定 員: 40名(事前申込制、申し込み状況により定員が変わる場合もあります)
■参加費: 無料



■モデレーター プロフィール
倉方俊輔氏 倉方俊輔(くらかたしゅんすけ)
1971年生まれ。早稲田大学大学院博士課程修了。博士(工学)。大阪市立大学大学院准教授。主な著書に「吉阪隆正とル・コルビュジエ」「ドコノモン」などがある。

デザインフォーラム詳細へ

2013.02.23

第27回 AGC studioデザインフォーラム (2/23)
陸前高田発 "地域の力" 明日へ ~暮らしの再建・地域の再生~


東日本大震災から2年、その復興はまだこれからで穏やかな道とはいえません。しかし「暮らしの再建・地域の再生」に向けて、住民ひとり一人が自ら行動し、歩み始めています。そして、外からの支援のあり方も変わるべき時期にきています。
本フォーラムは、昨年2月に引き続き、岩手県陸前高田市に暮らす方々が、「今、何を考え、何を目指して、歩みはじめているのか」この地の最大の魅力である"地域の力(人と人のつながり)"を確かな原動力にしながら、明日へと向かういまをお話いただき、NHK解説委員室副委員長・城本勝氏と共に、地域の力を活かした「地域の明日へ」の方向を考えていきます。
【CPD認定】

■日 時: 2013年2月23日(土) 14:00~16:00(13:30~受付)
■開催場所: AGC studio 2階会議室  ≫
■コーディネーター: 城本 勝氏(NHK 解説委員室 副委員長)
■講演者・演題:
高橋和良氏(バンザイファクトリー株式会社代表取締役)
 「新たな食・職を創る」
武蔵和敏氏(住まいの再建を考える会〈陸前高田要谷・福伏地区〉代表)
 「暮らしとすまいを再生する」
伊藤雅人氏(陸前高田市復興サポートステーション所長)
 「子供たちの明日を目指して」
■定 員: 70名(事前申込制、申し込み状況により定員が変わる場合もあります)
■参加費: 無料
   
■協 賛:

ガラスパワーキャンペーン

ガラスパワーキャンペーン ~明日のためにガラスができること~

 GPC活動ニュース ≫

DF27th.jpg

 

デザインフォーラム詳細へ

2013.02.01

東京大学 建築構成材デザイン工学(AGC旭硝子)寄付講座
第6回連続シンポジウム 『ソーラーデカスロンヨーロッパ』からみた
省エネルギー住宅の傾向と日本の試み


■日 時: 2013年2月1日(金)16:00~19:30(開場15:30)
■開催場所: AGC studio 2階会議室
■内 容:
16:00~16:10: 挨拶・趣旨説明・講師司会紹介
(佐藤淳・東京大学大学院 特任准教授)
16:10~16:45: 講演①川瀬貴晴(千葉大学 教授)
「ソーラーデカスロンについて」
ソーラーデカスロンヨーロッパについて、今回の状況(モニタリング手法含め)、各出品作の特徴など
16:45~17:20: 講演②鈴木弘樹(千葉大学 准教授)
「おもてなしハウスについて」
おもてなしハウスの狙いと応募・準備・建設の過程
17:20~18:00: ディスカッション・質疑・応答
(司会:清家剛・東京大学大学院 准教授)
18:00~18:10: 休憩(施設内見学も可能)
18:10~19:30: ミニ懇親会

■定 員: 50名(事前申込制、申し込み状況により定員が変わる場合もあります)
■参加費: 無料

2013.01.29

第26回 AGC studioデザインフォーラム (1/29)
これからのキッチンを考える

 


作家住宅や注文住宅のオーダーキッチンの世界を
建築ジャーナリスト・中谷正人氏とキッチン設計者・佐藤敬介氏をお招きし、
キッチンの歴史や過去の有名住宅のキッチンの設計を通して、
これからの住宅の未来について講演して頂きます。
【CPD認定】

 


■日 時: 2013年1月29日(火)18:30~20:00(受付開始18:00)
■開催場所: AGC studio 2階会議室  
■モデレーター: 中谷正人氏(建築ジャーナリスト)
■講演者: 佐藤敬介氏(キッチン設計者)
■定 員: 40名(事前申込制、申し込み状況により定員が変わる場合もあります)
■参加費: 無料

■モデレーター、講演者プロフィール

中谷正人氏中谷正人(なかたにまさと)
1948年、神奈川県生まれ。1994年、有限会社中谷ネットワークス設立。現在千葉大学工学部都市環境システム学科客員教授。一般社団法人日本建築学会建築文化事業委員会幹事。一般社団法人日本文化デザイン会議メンバー。NPO木の建築フォラム理事・木の建築賞選考委員。NPO日本古材研究会顧問。高知県建築設計監理協会土佐派の家委員会相談役。ログハウス・オブ・ザ・イヤー審査員。

中谷正人氏佐藤敬介(さとうけいすけ)
1954年、山形県米沢市生まれ。山形県立米沢工業高校建築科卒。ドイツのシステムキッチンティルザに出会い、それからシステムキッチンの研究を続ける。有限会社アメニティ・キッチンサトウ設立。『世界のキッチンデザイン』東京大学ANEX にてレクチャー。『Twelve houses restored in Japan and Italy』(イタリアから出版)に作品2題載る。

 

デザインフォーラム詳細へ

2012.12.15

ガラス建築ツアー 銀座コース(12/15)
AGC studioがある京橋周辺にはガラスを使った建築が数多くあります。
図面や写真ではわかりにくいガラスの仕上がりや質感など、
ガラスの説明と共にご確認いただける機会として、
「ガラス建築ツアー」を企画いたします。ガラス建築に興味をお持ちの方や、
ガラスの使い方をご自身で確かめたい方々のご参加をお待ちしております。
【CPD認定】
■日 時: 2012年12月15日(土)
  13:30~  AGC studio 見学と説明(30分)
  14:00~  ツアースタート(AGC studio 出発)
  16:00   AGC studio 到着
■集合場所: AGC studio 2階
■定 員: 15名(事前申込、先着順)
※5名以上のご応募より、ツアー開催します
■対象エリア: 銀座周辺
■参加資格: ガラス建築物に興味のある方
■参加費: 無料

◇参加人数によってはツアー催行できない場合がございます。
◇集合時刻に遅れた場合、ツアーにご参加いただけない可能性がございます。
  当日は時間に余裕を持ってお集まり下さい。
◇ご不明な点は、AGC studioまでご連絡ください。

銀座をめぐるガラス建築ツアー 
左:「Glass Architecture Map GINZA」    右:ツアー風景

以前開催したツアーのブログ記事はこちら


2012.12.04

第25回 デザインフォーラム(12/4)
第5回 AGC colors Guild セミナー 「内装材としてのカラーガラスの可能性」

 


第1回AGCカラーガラスエキシビション Colored glass, what a fascination material are they!の連動企画、AGC colors Guild セミナー。3人のクリエイターが魅せるカラーガラスの可能性について語っていただきます。

■日 時: 2012年12月4日(火) 17:30~19:00
(17:00~受付)
■開催場所: AGC studio 2階会議室
■講演者: 大塚則幸氏(大塚ノリユキデザイン事務所)
游佐清文氏(yu design)
大野  力氏(sinato)
■定 員: 50名(事前申込制、申し込み状況により定員が変わる場合もあります)
■参加費: 無料


■講演者プロフィール
大塚則幸氏大塚則幸(おおつかのりゆき)
1960年福井県武生市(現:越前市)生まれ。"無のようで有であり、混在のようで透明な空間"をテーマにブティック、レストラン、ホテル、オブジェ、住宅等を手がける。またデザイン専門誌に海外エキジビションの取材寄稿および、タイルメーカーのデザインカタログ編纂など、空間を主題としたデザインワークを行う。メーカーと共同開発で越前和紙を使用したロールスクリーンのパターンデザインでは、グッドデザイン賞受賞。2006年度ダントータイルデザインコンテスト大賞を受賞。

游佐清文氏游佐清文(ゆさきよふみ)
1977年、武蔵野美術大学造形部建築学科卒業後、株式会社ニッテン一級建築士事務所入社。複合ビルをはじめ、丸善本社ビル、カフェ、レストラン、ブティックのインテリア、住宅等を手がけ、1987年に独立。高校時代の旧友、レストランひらまつのオーナーシェフ平松宏之氏とともにカフェデプレをはじめとするオープンカフェを仕掛け、現在に続くカフェのフレンチスタイルの流れを創った。

大野  力氏大野  力(おおのちから)
1976年大阪府生まれ。金沢大学工学部にて都市工学を学び、卒業後にフリーランスを経て2004年に株式会社シナトを設立。住宅や商業施設の設計を中心に、広告やアートに関わるプロジェクトも手がけ、その多くが国内外で様々な賞を受ける。2011年より京都造形芸術大学非常勤講師。

2012.11.24

ガラス建築ツアー 丸の内コース(11/24)
AGC studioからほど近い丸の内周辺にはガラスを使った建築が数多くあります。
図面や写真ではわかりにくいガラスの仕上がりや質感など、
ガラスの説明と共にご確認いただける機会として、
「ガラス建築ツアー」を企画いたします。ガラス建築に興味をお持ちの方や、
ガラスの使い方をご自身で確かめたい方々のご参加をお待ちしております。
【CPD認定】
■日 時: 2012年11月24日(土)
  13:30~  AGC studio 見学と説明(30分)
  14:00~  ツアースタート(AGC studio 出発)
  16:00   AGC studio 到着
■集合場所: AGC studio 2階
■定 員: 15名(事前申込、先着順)
※5名以上のご応募より、ツアー開催します
■対象エリア: 丸の内周辺
■参加資格: ガラス建築物に興味のある方
■参加費: 無料

 

◇参加人数によってはツアー催行できない場合がございます。
◇集合時刻に遅れた場合、ツアーにご参加いただけない可能性がございます。
  当日は時間に余裕を持ってお集まり下さい。
◇ご不明な点は、AGC studioまでご連絡ください。

マップとガラス建築ツアーの様子
「Glass Architecture Map MARUNOUCHI」と ツアー風景(右)

2012.11.20

第24回 AGC studioデザインフォーラム (11/20)
「省エネ法基準改定でこう変わる、ビルの設計作法」

 


今回の省エネ法改訂により、建築物の省エネ設計は、
一次エネルギー消費量により評価されることになります。
ビルなどの建築物の設計手法はどう変わるのか、
省エネガラスの効果的な使い方はどのようにすればよいか、
等を専門家に伺います。
【CPD認定】

 

■日  時: 11月20日(火) 18:30~20:00
■開催場所: AGC studio 2階会議室
■講演者: 林  立也氏(株式会社日建設計総合研究所 主任研究員)
■内 容: 18:30~19:30
  講演 「省エネ法基準改定でこう変わる、ビルの設計作法」
19:30~20:00
  Low-Eペアガラス(11月発売のトリプルクール)のご案内
■定 員: 40名(事前申込制、申し込み状況により定員が変わる場合もあります)
■参加費: 無料

 

 

林  立也氏林 立也(はやしたつや)

工学博士。建築物の低炭素化、省エネに関する行政支援、住宅・建築・地域等における省エネ計算支援等の業務に従事。CASBEE研究開発委員会(JSBC) 副幹事。学校ゼロエネルギー化推進検討委員会(国交省、文科省) 委員。地域熱供給小委員会(空調学会) 委員他

 

デザインフォーラム詳細へ

2012.10.20

ガラス建築ツアー 銀座コース(10/20)
AGC studioがある京橋周辺にはガラスを使った建築が数多くあります。
図面や写真ではわかりにくいガラスの仕上がりや質感など、
ガラスの説明と共にご確認いただける機会として、
「ガラス建築ツアー」を企画いたします。ガラス建築に興味をお持ちの方や、
ガラスの使い方をご自身で確かめたい方々のご参加をお待ちしております。
【CPD認定】

■日 時: 2012年10月20日(土)
  13:30~  AGC studio 見学と説明(30分)
  14:00~  ツアースタート(AGC studio 出発)
  16:00   AGC studio 到着
■定 員: 15名(事前申込、先着順) ※5名以上のご応募より、ツアー開催します
■対象エリア: 銀座周辺
■参加資格: ガラス建築物に興味のある方
■参加費: 無料
 

◇参加人数によってはツアー催行できない場合がございます。
◇集合時刻に遅れた場合、ツアーにご参加いただけない可能性がございます。
 当日は時間に余裕を持ってお集まり下さい。
◇ご不明な点は、AGC studioまでご連絡ください。

銀座をめぐるガラス建築ツアー
左:「Glass Architecture Map GINZA」    右:ツアー風景

以前開催したツアーのブログ記事はこちら


2012.10.12

第23回 AGC studioデザインフォーラム (10/12)
U-30設計競技 「多様な光のあるガラス建築」 公開審査


この設計競技では、今後の活躍が期待される30歳以下の若手建築家7組(U-30展出展者)から、ガラス素材の新しい使い方や表現の建築の提案を募ります。審査を経て選ばれた最優秀案は、部分的な実験を含んだ原寸での実現化を目標においたガラス素材での模型展示(一般来場を可能にした展覧会)をおこなっていただきます。

【CPD認定】

U-30_2012flyer.jpg

■日 時:2012年10月12日(金) 18:00~20:00

        (17:30~受付)

■テーマ:「多様な光のあるガラス建築」

■開催場所:AGC studio 2階会議室

 

■審査会参加建築家:

 設計競技に参加した以下の7組の建築家の内、

 3組が1次審査を通過し、審査会に参加します。

   海法 圭氏(海法圭建築設計事務所)

   久保秀朗氏(久保都島建築設計事務所)

   小松一平氏(小松建築設計事務所)

   関野らん氏(Sran Design)

   能作文徳氏、能作淳平氏

    (能作文徳建築設計事務所/能作淳平建築設計事務所)

   増田信吾氏、大坪克亘氏(増田信吾+大坪克亘)

   米澤 隆氏(HAP+)


■審査員: 太田浩史氏(建築家・東京大学生産技術研究所講師)
佐藤 淳氏(構造家・佐藤淳構造設計事務所)
平沼孝啓氏(建築家・平沼孝啓建築研究所主宰)
花澤晴由 (旭硝子株式会社 市場開発室室長)
 
  最優秀作品は、来春AGC studioにてスケールアップして公開する予定です。
 
■定 員: 70名
(事前申込制、申し込み状況により定員が変わる場合もあります)
■参加費: 無料

■特設サイト:AGC studio × AAF ガラス建築の設計競技 - 展覧会 ≫

 

 

2010、2011、2012年の展覧会図録3冊セット 第23回デザインフォーラムへお越しの皆様には、先着30名様にU-30の3年間の歩みがわかる、2010、2011、2012年の展覧会図録3冊セットを差し上げます。

 

デザインフォーラム詳細へ

2012.09.20

第22回 AGC studioデザインフォーラム (9/20)
「震災における非構造部材の被害について」

 


東日本大震災から1年半が過ぎようとしています。
9月12~14日に名古屋大学で開催される日本建築学会大会における、
建築計画オーガナイズドセッションにて、各大学・研究機関と板硝子協会は
東日本大震災の非構造部材における被害調査の発表を行います。

そこで報告された関東地方の非構造部材の実態調査の概要を下記両先生にお願いし、
同じく板硝子協会によるガラスの震災被害調査概要を報告いたします。
対策も含め災害に強いガラスとは何かをご紹介いたします。
【CPD認定】
■日 時:2012年9月20日(木) 18:30~20:00
        (18:00~受付)
■開催場所: AGC studio 2階会議室
■講演者:

熊谷亮平氏 熊谷亮平氏(くまがいりょうへい)
東京理科大学工学部 講師




江口 亨氏 江口 亨氏(えぐちとおる)
横浜国立大学大学院 助教




■定 員:40名(事前申込制、申し込み状況により定員が変わる場合もあります)
■参加費:無料
■申込方法:申し込みフォームからのお申込みで仮登録となり、開催日1週間前を目安に、
         登録完了のご連絡を兼ねて受講票をお送りいたします。


■協 賛:

ガラスパワーキャンペーン

ガラスパワーキャンペーン ~明日のためにガラスができること~

 GPC活動ニュース ≫

 

デザインフォーラム詳細へ

2012.09.15

ガラス建築ツアー 丸の内コース(9/15)
AGC studioからほど近い丸の内周辺にはガラスを使った建築が数多くあります。
図面や写真ではわかりにくいガラスの仕上がりや質感など、
ガラスの説明と共にご確認いただける機会として、
「ガラス建築ツアー」を企画いたします。ガラス建築に興味をお持ちの方や、
ガラスの使い方をご自身で確かめたい方々のご参加をお待ちしております。

【CPD認定】
■日時 : 2012年9月15日(土)
        15:00~  AGC studio 見学と説明(30分)
        15:30~  ツアースタート(AGC studio 出発)
        17:30   AGC studio 到着
■集合場所 : AGC studio 2階
■定員 : 15名(事前申込、先着順)
■ツアー対象エリア : 丸の内周辺
■参加資格 : ガラス建築物に興味のある方
■参加費 : 無料
■申込方法: 申し込みフォームからのお申込みで仮登録となり、開催日の1週間前を目安に、
         登録完了のご連絡を兼ねて参加票をお送りいたします。

◇参加人数によってはツアーを催行できない場合がございます。
◇集合時刻に遅れた場合、ツアーにご参加いただけない可能性がございます。
  当日は時間に余裕を持ってお集まり下さい。
◇ご不明な点は、AGC studioまでご連絡ください。

マップとガラス建築ツアーの様子
「Glass Architecture Map MARUNOUCHI」と ツアー風景(右)

2012.08.02

第21回 AGC studioデザインフォーラム (8/2)
「新しい建築の楽しさ」展連動企画 講演会"風景をつくる"

 


「新しい建築の楽しさ」展と連動した講演会シリーズの第四弾です。
テーマは「風景をつくる」。
駅前旅館のリノベーションとオーナーの新築住宅の複合プロジェクト、障害者と高齢者が支え合うリハビリ施設とデイケアセンターの複合施設、斜面に利用した集合住宅とホテルの複合施設についてそれぞれを設計した建築家に解説していただきます。
【CPD認定】


■日 時:2012年8月2日(木) 18:30~20:00
       (18:00~受付)
■講演者:安原 幹氏(SALHAUS)
      古澤大輔氏(メジロスタジオ)
■モデレーター:中崎隆司氏(建築ジャーナリスト、生活環境プロデューサー)
■定 員:70名(事前申込制)
■参加費:無料

●ゲスト
安原 幹氏安原 幹(やすはらもとき)
1972年大阪府生まれ。98年東京大学大学院修了。山本理顕設計工場を経て、08年SALHAUS(サルハウス)共同設立。東京理科大学理工学部准教授。


古澤大輔氏古澤大輔(ふるさわだいすけ)
1976年東京都生まれ。2002年東京都立大学(現・首都大学東京)大学院修了、メジロスタジオ共同設立。



●モデレーター
中崎隆司(なかさきたかし)
1952年、福岡県生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。生活環境(パッケージ・デザインから建築、まちづくり、都市計画まで)に関するプロジェクトのアドバイス、および調査、企画、計画、設計などの総合的なプロデュース、建築・都市をテーマとする取材・執筆を職業としている。著書に『建築の幸せ』、『ゆるやかにつながる社会―建築家31人にみる新しい空間の様相―』、『なぜ無責任な建築と都市をつくる社会が続くのか』、『幸せに向かうデザイン』(共編・著)がある。

 

デザインフォーラム詳細へ

2012.07.21

ガラス建築ツアー 銀座コース(7/21)
AGC studioがある京橋周辺にはガラスを使った建築が数多くあります。
図面や写真ではわかりにくいガラスの仕上がりや質感など、
ガラスの説明と共にご確認いただける機会として、
「ガラス建築ツアー」を企画いたします。ガラス建築に興味をお持ちの方や、
ガラスの使い方をご自身で確かめたい方々のご参加をお待ちしております。
※猛暑が予想されますので、暑さ対策を宜しくお願い致します。
【CPD認定】


■日時 : 2012年7月21日(土)
        15:00~  AGC studio 見学と説明(30分)
        15:30~  ツアースタート(AGC studio 出発)
        17:30   AGC studio 到着
■集合場所 : AGC studio 2階

■定員 : 15名(事前申込、先着順) ※5名以上のご応募より、ツアー開催します
■ツアー対象エリア : 銀座周辺
■参加資格 : ガラス建築物に興味のある方
■参加費 : 無料

◇参加人数によってはツアー催行できない場合がございます。
◇集合時刻に遅れた場合、ツアーにご参加いただけない可能性がございます。
  当日は時間に余裕を持ってお集まり下さい。
◇ご不明な点は、AGC studioまでご連絡ください。

銀座をめぐるガラス建築ツアー 
左:「Glass Architecture Map GINZA」    右:ツアー風景

以前開催したツアーのブログ記事はこちら


2012.07.12

第20回 AGC studioデザインフォーラム (7/12)
「新しい建築の楽しさ」展連動企画 講演会"関係性をつくる"

 


「新しい建築の楽しさ」展と連動した講演会シリーズの第三弾です。
テーマは「関係性をつくる」。
地域拠点としての中学校と文化体育館、産業遺産の窓口となる駅舎改築、6人の老人が支え合うシェアハウスについてそれぞれを設計した建築家に解説していただきます。
【CPD認定】


■日 時:2012年7月12日(木) 18:30~20:00
        (18:00~受付)
■講演者:末光弘和氏(SUEP)
      武井 誠氏(TNA)
      渡邉健介氏(kwas/渡邉健介建築設計事務所)
■モデレーター:中崎隆司氏(建築ジャーナリスト、生活環境プロデューサー)
■定 員:70名(事前申込制)
■参加費:無料

●ゲスト
末光弘和氏末光弘和(すえみつひろかず)
1976年愛媛県生まれ。2001年東京大学大学院修了。伊東豊雄建築設計事務所を経て、07年からSUEP。現在、株式会社SUEP代表取締役


武井 誠氏武井 誠(たけいまこと)
1974年東京都生まれ。97年東海大学卒業。東京工業大学大学院塚本由晴研究室研究生+アトリエ・ワン、手塚建築研究所を経て、2004年TNAを共同設立。


渡邉健介氏渡邉健介(わたなべけんすけ)
1973年東京都生まれ。98年東京大学大学院修了。99年コロンビア大学大学院修了。SHoP、シーラカンスアンドアソシエイツを経て、2005年渡邉健介建築設計事務所設立。



●モデレーター
中崎隆司(なかさきたかし)
1952年、福岡県生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。生活環境(パッケージ・デザインから建築、まちづくり、都市計画まで)に関するプロジェクトのアドバイス、および調査、企画、計画、設計などの総合的なプロデュース、建築・都市をテーマとする取材・執筆を職業としている。著書に『建築の幸せ』、『ゆるやかにつながる社会―建築家31人にみる新しい空間の様相―』、『なぜ無責任な建築と都市をつくる社会が続くのか』、『幸せに向かうデザイン』(共編・著)がある。

 

デザインフォーラム詳細へ

2012.06.23

ガラス建築ツアー 銀座コース(6/23)
AGC studioがある京橋周辺にはガラスを使った建築が数多くあります。
図面や写真ではわかりにくいガラスの仕上がりや質感など、
ガラスの説明と共にご確認いただける機会として、
「ガラス建築ツアー」を企画いたします。ガラス建築に興味をお持ちの方や、
ガラスの使い方をご自身で確かめたい方々のご参加をお待ちしております。

■日時 : 2012年 6月23日(土)
        13:30~  AGC studio 見学と説明(30分)
        14:00~  ツアースタート(AGC studio 出発)
        16:00   AGC studio 到着
■集合場所 : AGC studio 2階

■定員 : 15名(事前申込、先着順) ※5名以上のご応募より、ツアー開催します
■ツアー対象エリア : 銀座周辺
■参加資格 : ガラス建築物に興味のある方
■参加費 : 無料

◇参加人数によってはツアー催行できない場合がございます。
◇集合時刻に遅れた場合、ツアーにご参加いただけない可能性がございます。
  当日は時間に余裕を持ってお集まり下さい。
◇ご不明な点は、AGC studioまでご連絡ください。

銀座をめぐるガラス建築ツアー 
左:「Glass Architecture Map GINZA」    右:ツアー風景

以前開催したツアーのブログ記事はこちら


2012.06.21

第19回 AGC studioデザインフォーラム(6/21)
「新しい建築の楽しさ」展連動企画 講演会"場所性を考える"

 


「新しい建築の楽しさ」展と連動した講演会シリーズの第二弾です。
テーマは「場所性を考える」。
自然豊かな1700ヘクタールのエリアで進む馬付き住宅を中心とした地域再生計画、中国の人工的な都市環境に計画されたホテル、川を望む高台に建つ研究開発施設についてそれぞれを設計した建築家に解説していただきます。
【CPD認定】


■日 時:2012年6月21日(木) 18:30~20:00
       (18:00~受付)
■講演者:安宅研太郎氏(アタカケンタロウ建築計画事務所)
      白井宏昌氏(H2Rアーキテクツ)
      小堀哲夫氏(小堀哲夫建築設計事務所)
■モデレーター:中崎隆司氏(建築ジャーナリスト、生活環境プロデューサー)
■定 員:70名(事前申込制)
■参加費:無料

●ゲスト
安宅研太郎氏安宅研太郎(あたかけんたろう)
1974年埼玉県生れ。2001年東京芸術大学大学院修了。03年アタカケンタロウ建築計画事務所設立。


白井宏昌氏白井宏昌(しらいひろまさ)
1971年東京都生まれ。96年早稲田大学大学院修了。鹿島、OMA、ロンドン・オリンピック・パーク設計チーム・メンバーなどを経て、2010年H2Rアーキテクツ共同設立。

小堀哲夫氏小堀哲夫(こぼりてつお)
1971年岐阜県生まれ。97年法政大学大学院修了。久米設計を経て、2008年小堀哲夫建築設計事務所設立。



●モデレーター
中崎隆司(なかさきたかし)
1952年、福岡県生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。生活環境(パッケージ・デザインから建築、まちづくり、都市計画まで)に関するプロジェクトのアドバイス、および調査、企画、計画、設計などの総合的なプロデュース、建築・都市をテーマとする取材・執筆を職業としている。著書に『建築の幸せ』、『ゆるやかにつながる社会―建築家31人にみる新しい空間の様相―』、『なぜ無責任な建築と都市をつくる社会が続くのか』、『幸せに向かうデザイン』(共編・著)がある。

 

デザインフォーラム詳細へ

2012.06.05

第18回 AGC studioデザインフォーラム (6/5)
「新しい建築の楽しさ」展連動企画 講演会"世界とつながる"

 


「新しい建築の楽しさ」展と連動した講演会シリーズの第一弾です。
テーマは「世界とつながる」。
バングラデシュのサイクロン・シェルター、台湾のリゾートホテル、世界遺産・高野山の外国人向け宿泊施設についてそれぞれを設計した建築家に解説していただきます。


■日 時:2012年6月5日(火) 17:30~19:00
        (17:00~受付)
■講演者:前田茂樹氏(ジオ─グラフィック・デザイン・ラボ)
      竹口健太郎氏(アルファヴィル)
      平田晃久氏(平田晃久建築設計事務所)
■モデレーター:中崎隆司氏(建築ジャーナリスト、生活環境プロデューサー)
■定 員:70名(事前申込制)
■参加費:無料

●ゲスト
前田茂樹氏前田茂樹(まえだしげき)
1974年大阪府生まれ。98年大阪大学卒業、2000年東京芸術大学大学院中退。Dominique Perrault Architectureを経て、10年ジオ─グラフィック・デザイン・ラボ共同設立。大阪工業大学専任講師。

竹口健太郎氏竹口健太郎(たけぐちけんたろう)
1971年京都府生まれ。95~96年AAスクール留学。98年京都大学大学院修了。98年アルファヴィル共同設立。大阪産業大学特任教授。


平田晃久氏平田晃久(ひらたあきひさ)
1971年大阪府生まれ。97年京都大学大学院修了。伊東豊雄建築設計事務所勤務を経て、2005年平田晃久建築設計事務所設立。


●モデレーター
中崎隆司(なかさきたかし)
1952年、福岡県生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。生活環境(パッケージ・デザインから建築、まちづくり、都市計画まで)に関するプロジェクトのアドバイス、および調査、企画、計画、設計などの総合的なプロデュース、建築・都市をテーマとする取材・執筆を職業としている。著書に『建築の幸せ』、『ゆるやかにつながる社会―建築家31人にみる新しい空間の様相―』、『なぜ無責任な建築と都市をつくる社会が続くのか』、『幸せに向かうデザイン』(共編・著)がある。

 

デザインフォーラム詳細へ

2012.05.31

AGC colors Guild 第4回セミナー(5/31)
「ブランド空間開発における、カラーガラスの優位性!」

 


■日  時 :平成24年5月31日(木) 17:00~18:30
■開催場所: AGC studio 2階会議室
■講演者 :宮坂大貴氏  株式会社余白
■コーディネーター: 山倉礼士氏  商店建築編集長
■定  員 :50名(事前申込、先着順)
※終了後簡単な懇親会を予定しております

【内容概略】
 ブランドビジネスにおけるカラー戦略を、空間開発者の視点で考察するセミナーです。
 〈Sample-1〉 ブランドビジネスにおけるカラー訴求
   事例: 「国内外ブランドのショッピングバック戦略」
 〈Sample-2〉 ブランドアイコンとして活用されているカラーガラス
   事例: 「CITIBANK/その他」
 〈Sample-3〉 カラーガラスの活用
   事例: 「SHIPS天神店/ポンテヴェッキオ/その他」

AGC旭硝子ではインテリアカラーガラスの施工例を中心とした作品を紹介し、
コンセプトから導き出された素材の使い方、デザイン意図などを、設計者に語って
いただくセミナーを開催いたします。
今回は宮坂大貴氏(株式会社余白)にプレゼンテーションをお願いしました。
コーディネーターは商店建築編集長山倉礼士氏です。


■AGC colors Guildとは: 旭硝子のインテリア用カラーガラスを、建築家・デザイナーの皆様に
より良く知っていただくために、カラーガラスに造詣の深い建築家・デザイナーの方々から
情報をいただき、皆様にお届けすることを目的とした組織です。
当セミナーやこれからの情報発信によって、カラーガラスの新たなムーブメントが創出される
ことを願っております。

宮坂大貴 宮坂大貴(みやさかだいき)
株式会社余白 クリエイティブ室 ディレクター。1974年東京都生まれ。多摩美術大学美術学部建築科卒業。株式会社余白に空間開発事業部を設立。現在、執行役員クリエイティブ室ディレクターとして、ブランドとユーザーの"感情の絆"を継続的に繋げるコミュニケーションプラットフォーム開発に従事。


2012.05.25

第17回 AGC studioデザインフォーラム (5/25)
エコハウスのウソ ガラスは透明?

 


昨年、16回にわたり日経アーキテクチュアに連載され、「エコハウスのウソ」など表題も話題を呼びました東大・前真之准教授にご講演をいただきます。
エコハウスでのガラスの使われ方への誤解とその実態、ガラスの魅力を活かした建築のあり方を、最近の事例中心にご紹介していただきます。

■日 時:2012年5月25日(金) 18:30~20:00
       (18:00~受付)
■講 師:前 真之氏
■定 員:40名(事前申込制)
■参加費:無料


前 真之氏前 真之(まえまさゆき)
博士(工学)。一級建築士。東京大学大学院工学系研究科建築学専攻准教授。1975年生まれ。東京大学建築学科卒業。東京大学大学院博士課程終了後、独立行政法人建築研究所 研究員。東京電力寄付講座 客員助教授を経て2008年より現職。

 

2012.05.12

ガラス建築ツアー 丸の内コース(5/12)
AGC studioからほど近い丸の内周辺にはガラスを使った建築が数多くあります。
図面や写真ではわかりにくいガラスの仕上がりや質感など、
ガラスの説明と共にご確認いただける機会として、
「ガラス建築ツアー」を企画いたします。ガラス建築に興味をお持ちの方や、
ガラスの使い方をご自身で確かめたい方々のご参加をお待ちしております。

■日時 : 2012年 5月12日(土)
        13:30~  AGC studio 見学と説明(30分)
        14:00~  ツアースタート(AGC studio 出発)
        16:00   AGC studio 到着
■定員 : 15名(事前申込、先着順) ※5名以上のご応募より、ツアー開催します
■ツアー対象エリア : 丸の内周辺
■参加資格 : ガラス建築物に興味のある方
■参加費 : 無料

◇参加人数によってはツアー催行できない場合がございます。
◇集合時刻に遅れた場合、ツアーにご参加いただけない可能性がございます。
  当日は時間に余裕を持ってお集まり下さい。
◇ご不明な点は、AGC studioまでご連絡ください。

マップとガラス建築ツアーの様子
「Glass Architecture Map MARUNOUCHI」と ツアー風景(右)


2012.04.27

第16回 AGC studioデザインフォーラム (4/27)
U-30 Young Architect Japan. 開催記念トークイベント

 


現在、当スタジオにて開催中の企画展「U-30 Young Architect Japan. 多様な光のあるガラス建築展」に出展中の若手建築家の、ひとつ上の世代(40歳前後)の建築家、構造家をゲストに迎え、これからのガラス建築のあり方や可能性を探ります。

■日 時:2012年4月27日(金) 18:30~21:00
       (18:00~受付)
■ゲスト:石上純也氏(建築家)×佐藤淳氏(構造家)×平沼孝啓氏(建築家)
■モデレーター:太田浩史氏(建築家)
■定 員:70名(事前申込制)
■レセプション:20:00~21:00
■参加費:イベント、レセプションともに無料

●ゲスト
石上純也氏石上純也(建築家)
1974年神奈川県生まれ。04年石上純也建築設計事務所設立。09年「神奈川工科大学KAIT工房」で日本建築学会賞受賞。10年ヴェネツィア・ビエンナーレ国際建築展にて金獅子賞を受賞。

佐藤 淳氏佐藤 淳(構造家)
1970年愛知県生まれ。00年佐藤淳構造設計事務所設立。10年より東京大学特任准教授(AGC 寄付講座)。建築家と協働で、数々の現代建築を新たな設計理念によって実現させてきた。

平沼孝啓氏平沼孝啓(建築家)
1971年大阪府生まれ。99年Hs WorkShop-ASIA(現・平沼孝啓 建築研究所)を設立。日本建築士会連合会賞やInnovative Architecture 国際建築賞(イタリア)など、他多数を受賞する。


●モデレーター
太田浩史氏太田浩史(建築家)
1968年生まれ。00年デザイン・ヌーブ設立。03~08年東京大学国際都市再生研究センター特任研究員、09年より東京大学生産技術研究所講師。


 

デザインフォーラム詳細へ

2012.04.21

ガラス建築ツアー(4/21)
AGC studioがある京橋周辺にはガラスを使った建築が数多くあります。
図面や写真ではわかりにくいガラスの仕上がりや質感など、
ガラスの説明と共にご確認いただける機会として、
「ガラス建築ツアー」を企画いたします。ガラス建築に興味をお持ちの方や、
ガラスの使い方をご自身で確かめたい方々のご参加をお待ちしております。

■日時 : 2012年 4月21日(土)
        13:30~  AGC studio 見学と説明(30分)
        14:00~  ツアースタート(AGC studio 出発)
        16:00   AGC studio 到着

■定員 : 15名(事前申込、先着順) ※5名以上のご応募より、ツアー開催します
■ツアー対象エリア : 銀座周辺
■参加資格 : ガラス建築物に興味のある方
■参加費 : 無料

◇参加人数によってはツアー催行できない場合がございます。
◇集合時刻に遅れた場合、ツアーにご参加いただけない可能性がございます。
  当日は時間に余裕を持ってお集まり下さい。
◇ご不明な点は、AGC studioまでご連絡ください。

銀座をめぐるガラス建築ツアー 
左:「Glass Architecture Map GINZA」    右:ツアー風景

以前開催したツアーのブログ記事はこちら


2012.03.30

第15回 AGC studioデザインフォーラム (3/30)
U-30 Young Architect Japan. 開催記念対談イベント

 


昨年10月に実施したU-30設計競技の2次審査に選出された3組による対談を行います。前半では、設計競技の提案についてのプレゼンテーションを行い、後半では建築史家の倉方俊輔氏がモデレーターとなって、今後の活動が期待される若手建築家に、これからのガラス建築のあり方や可能性を伺います。

prizewinner.jpg ■日 時:2012年3月30日(金) 18:30~21:00
       (18:00~受付)
■モデレーター:倉方俊輔氏
■出席者:最優秀賞 加藤比呂史氏、ヴィクトリア・ディーマー氏
        優秀賞 海法圭氏
        優秀賞 大坪克亘氏、増田信吾氏
■定 員:70名(事前申込制)
■参加費:無料
■レセプション: 20:00~21:00


kurakata02.jpg倉方俊輔 Shunsuke Kurakata
1971年生まれ。早稲田大学大学院博士課程修了。博士(工学)大阪市立大学大学院准教授。主な著書に「吉阪隆正とル・コルビジェ」「伊東忠太を知っていますか」などがある。


 

デザインフォーラム詳細へ

2012.03.29

東京大学 建築構成材デザイン工学(AGC旭硝子)寄付講座(3/29)
第5回連続シンポジウム 「建築の素材とサステナビリティ」


■日 時:3月29日(木)16:00~18:00
        (15:30~受付)
■講 師:小泉雅生氏(首都大学東京教授・建築家)
      小玉祐一郎氏(神戸芸術工科大学教授)
■司 会:清家 剛氏(東京大学大学院准教授)
■進 行:佐藤 淳氏(東京大学大学院特任准教授)
■内 容:各講師40分程度の講演後、30分のディスカッション
■定 員:60名(事前申込制、申し込み順)
■懇親会:18:00~19:30



2012.03.24

ガラス建築ツアー(3/24)
AGC studioがある京橋周辺にはガラスを使った建築が数多くあります。
図面や写真ではわかりにくいガラスの仕上がりや質感など、
ガラスの説明と共にご確認いただける機会として、
「ガラス建築ツアー」を企画いたします。ガラス建築に興味をお持ちの方や、
ガラスの使い方をご自身で確かめたい方々のご参加をお待ちしております。

■日時 : 2012年 3月24日(土)
        13:30~  AGC studio 見学と説明(30分)
        14:00~  ツアースタート(AGC studio 出発)
        16:00   AGC studio 到着
■定員 : 15名(事前申込、先着順)
■ツアー対象エリア : 銀座周辺
■参加資格 : ガラス建築物に興味のある方
■参加費 : 無料

◇参加人数によってはツアー催行できない場合がございます。
◇集合時刻に遅れた場合、ツアーにご参加いただけない可能性がございます。
  当日は時間に余裕を持ってお集まり下さい。
◇ご不明な点は、AGC studioまでご連絡ください。

銀座をめぐるガラス建築ツアー 
左:「Glass Architecture Map GINZA」     右:ツアー風景

以前開催したツアーのブログ記事はこちら


2012.03.08

AGC colors Guild 第3回セミナー(3/8)
〈建築家が抱いた7つのギモン ~カラーガラス&ガラスをめぐって〉

 

■日 時:平成24年3月8日(木) 18:00~19:30
■講演者:游佐清文氏  株式会社ユーデザイン
       山倉礼士氏  商店建築編集長
       木下 純    AGC旭硝子

AGC旭硝子ではインテリアカラーガラスの施工例を中心とした作品を紹介し、コンセプトから導き出された素材の使い方、デザイン意図などを、設計者に語っていただくセミナーを開催いたします。
今回は游佐清文氏(株式会社ユーデザイン)にプレゼンテーションをお願いしました。
建築家の游佐氏が作品を紹介しながら、ガラスに対する想いや率直な疑問を投げかけ、来場者の方々やメーカーと共に答えを見つけるトークライブを、商店建築編集長山倉礼士氏がコーディネートします。

■AGC colors Guildとは: AGC旭硝子のインテリア用カラーガラスを、広く建築家・デザイナーの皆様により良く知っていただくために、特にカラーガラスに造詣の深い建築家・デザイナーの方々からの情報を皆様にお届けしようという試みのもとにつくられた組織です。当セミナーやこれからの情報発信によって、カラーガラスの新たなムーブメントが創出されることを願っております。

yusa_L.jpg 游佐清文氏(ゆさきよふみ)
1977年、武蔵野美術大学造形学部建築学科卒業。株式会社ニッテン一級建築氏事務所入社。複合ビルをはじめ、丸善本社ビル、カフェ、レストラン、ブティックのインテリア、住宅等を手がける。
1987年に独立。高校時代の旧友、「レストランひらまつ」のオーナーシェフ平松宏之氏とともにカフェデプレをはじめとするオープンカフェを仕掛け、現在に続くカフェのフレンチスタイルの流れを創った。

2012.02.25

ガラス建築ツアー(2/25)
AGC studioがある京橋周辺にはガラスを使った建築が数多くあります。
図面や写真ではわかりにくいガラスの仕上がりや質感など、
ガラスの説明と共にご確認いただける機会として、
「ガラス建築ツアー」を企画いたします。ガラス建築に興味をお持ちの方や、
ガラスの使い方をご自身で確かめたい方々のご参加をお待ちしております。

■日時 : 2012年 2月25日(土)
        13:30~  AGC studio 見学と説明(30分)
        14:00~  ツアースタート(AGC studio 出発)
        16:00   AGC studio 到着
■定員 : 15名(事前申込、先着順)
■ツアー対象エリア : 銀座周辺
■参加資格 : ガラス建築物に興味のある方
■参加費 : 無料

◇参加人数によってはツアー催行できない場合がございます。
◇集合時刻に遅れた場合、ツアーにご参加いただけない可能性がございます。
  当日は余裕を持ってお集まり下さい。
◇ご不明な点は、AGC studioまでご連絡ください。

銀座をめぐるガラス建築ツアー 
左:「Glass Architecture Map GINZA」     右:ツアー風景

2012.02.17

第14回 AGC studioデザインフォーラム (2/17)
「陸前高田の今と未来/世界に誇れるまちを目指して」
~今 必要な智恵・これから必要な技術~


陸前高田市の津波で残った一本松 東日本大震災で壊滅的な被害を受けた陸前高田市では、市民による主体的な復興への 取り組みが始まっています。
その取り組みに参加する皆さんの思いを直接伺い、建築やまちづくりだけではなく様々な分野の視点から、私たちはどのように関われるのかを探ります。

■日 時:2012年2月17日(金) 18:00~20:30
        (17:30~受付)
■出席者:NPO法人陸前高田創生ふるさと会議
       事務局長 菅野広紀氏
       広田町・漁師 村上俊之氏
       気仙町・会社員 武蔵和敏氏
       マヌ都市建築研究所 神谷秀美氏


■協 賛:

ガラスパワーキャンペーン

ガラスパワーキャンペーン ~明日のためにガラスができること~

 GPC活動ニュース ≫


 

デザインフォーラム詳細へ

2012.01.27

第13回 AGC studioデザインフォーラム (1/26)
「世界の商空間デザインーその新潮流」
~グリーンとの同化、フルイド(流体)化、コンピュータ造作~

 


df13_prof.jpg ■日 時:2012年1月26日(木) 18:00~19:30
■講演者:松本軍四郎氏

松本軍四郎氏は、1992~2003年まで月刊「商店建築」編集長をつとめられ、 同じく商空間デザイン誌の「SPA-DE」を創刊し、編集長、発行人となり現在に至っています。ジャーナリストとして一貫して国内外の商空間デザインに接して来られ、 特に海外の商空間デザインを紹介していただくには最適な人物と言えるでしょう。

【松本軍四郎 プロフィール】
エディター、SPA-DE発行人(2010年まで編集長兼務)
 1943年東京生まれ  中央大学法学部卒
 1992年~2003年 月刊商店建築編集長
 2004年 有限会社ファーイースト・デザイン・エディターズ主宰

 

デザインフォーラム詳細へ

2012.01.21

ガラス建築ツアー(1/21)
AGC studioがある京橋周辺にはガラスを使った建築が数多くあります。
図面や写真ではわかりにくいガラスの仕上がりや質感など、
ガラスの説明と共にご確認いただける機会として、
「ガラス建築ツアー」を企画いたします。 ガラス建築に興味をお持ちの方や、
ガラスの使い方をご自身で確かめたい方々のご参加をお待ちしております。

■日時 : 2012年 1月21日(土)
        13:30~  AGC studio 見学と説明(30分)
        14:00~  ツアースタート(AGC studio 出発)
        16:00   AGC studio 到着

■集合場所 : AGC studio 2階
■定員 : 15名(事前申込、先着順)
■ツアー対象エリア : 銀座・有楽町周辺
■参加資格 : ガラス建築物に興味のある方
■参加費 : 無料

◇参加人数によってはツアー催行できない場合がございます。
◇集合時刻に遅れた場合、ツアーにご参加いただけない可能性がございます。
  当日は余裕を持ってお集まり下さい。
◇ご不明な点は、AGC studioまでご連絡ください。

銀座をめぐるガラス建築ツアー 
左:「Glass Architecture Map GINZA」     右:ツアー風景

2011.12.17

「建築構成材デザイン工学(AGC旭硝子)寄付講座」
第4回連続シンポジウム『近代建築の繊細な構造と素材の輝き』
主催:東京大学大学院工学系研究科建築学専攻 佐藤研究室


■主 催:東京大学大学院工学系研究科建築学専攻 佐藤研究室
■日 時:平成23年12月16日(金) 16:00~19:30
■会 場:AGC studio 2階会議室(開場15:30)
■内 容:
  16:00~16:10:挨拶・趣旨説明(佐藤淳・東京大学大学院特任准教授)
  16:10~16:45:講演(1) 山名善之(東京理科大学・准教授)
    「フランス近現代建築を支えた鉄骨ガラス建築の技術的蓄積」
  16:45~17:20:講演(2) 磯達雄(フリックスタジオ・建築ジャーナリスト)
    「より薄く、より広く!戦後モダニズムにおける構造的挑戦」
  17:20~18:00:ディスカッション・質疑・応答
  18:00~18:10:休憩(施設内見学も可能)
  18:10~19:30:懇親会

近代建築とは初期の鉄とガラスの建築(19世紀の温室建築)以降、20世紀前半(日本の場合は1960年代あたり)までの建築を指し、最小限の材料で最大限の空間を造り出そうとした時代の建築でもある。
その中、20世紀のフランス近現代建築の技術的基盤は19世紀をかけて成熟していった。
グラスハウスの製作組立を技術的起源とする鉄骨ガラス建築のエンジニア会社シュワルツオモン社を事例に、その特許、事業展開、作品を紹介しながら技術的蓄積を追ってみる。
また、戦後日本のモダン建築は、コストを抑えながらも目指すべき大空間を実現するために、コンクリートシェルなどの新しい構造技術に果敢に挑戦していった。
太田実「登別温泉科学館」、武基雄「古川市民会館」など、1950~60年代にかけて完成した大スパン建築を例に挙げ、当時の構造技術の核を探る。

2011.12.08

第12回 AGC studioデザインフォーラム
「開かれた環境と技術」

 


■日 時:12月8日(木) 18:30~20:00(開場18:00)
■講演者:小泉雅生氏

【小泉雅生 プロフィール】
■主な作品
アシタノイエ(2004)、戸田市立芦原小学校(2005)、千葉市美浜文化ホール・保健福祉センター(2009)、象の鼻パーク/テラス(2009)、ENEOS創エネハウス(2009)、LCCM住宅デモンストレーション棟(2011)
■主な著書
『ハウジング・フィジックス・デザイン・スタディーズ』(INAX出版・2008)、『環境のイエ』(学芸出版社・2010)

1986  東京大学大学院在学中にシーラカンスを共同設立
1988  同大学院修士課程修了
2001~ 東京都立大学大学院助教授
2005  小泉アトリエ設立
2010~ 首都大学東京大学院都市環境科学研究科建築学域教授

■協 賛:

ガラスパワーキャンペーン

ガラスパワーキャンペーン ~明日のためにガラスができること~

 GPC活動ニュース ≫

 

デザインフォーラム詳細へ

2011.11.22

AGC colors Guild 第2回セミナー
〈カラーコーディネーションとカラーガラス〉


■日 時:平成23年11月22日(火) 18:00~19:30 
■講演者:伊吹絵理氏  IN CO.,LTD
      酒井万貴子氏 IN CO.,LTD
      山倉礼士氏   商店建築編集長
      木下 純    AGC旭硝子

AGC旭硝子ではインテリアカラーガラスの施工例を中心とした作品を紹介し、コンセプトから導き出された素材の使い方、デザイン意図などを、設計者に語っていただくセミナーを開催いたします。今回は伊吹絵理氏と酒井万貴子氏(有限会社イン)にプレゼンテーションをお願いしました。伊吹氏と酒井氏がコーディネーターとしての視点でカラーガラスの可能性を語るトークライブを、第1回セミナーに引き続き、商店建築編集長山倉礼士氏がコーディネートします。

■AGCcolorsGuildとは: AGC旭硝子のインテリア用カラーガラスを、広く建築家・デザイナーの皆様により良く知っていただくために、特にカラーガラスに造詣の深い建築家・デザイナーの方々からの情報を皆様にお届けしようという試みのもとにつくられた組織です。当セミナーやこれからの情報発信によって、カラーガラスの新たなムーブメントが創出されることを願っております。

【伊吹絵理 プロフィール】 
IN CO.,LTD
1969年高知県生まれ。武蔵野美術短期大学、桑沢デザイン研究所スペースデザイン学科卒業。デザイン事務所勤務を経て、2002年よりイン入社。インテリアデザイン・ファニチャーデザインを手掛ける。

【酒井万貴子 プロフィール】
IN CO.,LTD
1977年大阪市生まれ。2001年よりイン入社。インテリアコーディネーターとして、商業施設・住宅・オフィスなどのコンセプトメイキングから家具装飾アートのコーディネートを手掛ける。

2011.11.07

第11回 AGC studioデザインフォーラム
「建築を取り巻くこの一年」 ~AGC studioへのさらなる期待を込めて~
パネリスト:松村秀一氏、清家 剛氏、太田浩史氏、乾久美子氏

 


■日 時:2011年11月7日(月) 18:00~19:15

■パネリスト
松村秀一氏(東京大学大学院工学系研究科建築学専攻・教授)
 現在、日本の建築と部品の潜在能力を解き放つ変革を目指し「HEAD研究会」を主宰。
 住まい手・研究者・設計者・工務店・メーカーなどが参加し、活動をしている。

清家 剛氏(東京大学新領域創成科学研究科社会文化環境学専攻・准教授)
 第5回 デザインフォーラム「地震とガラス」講演(5/26)

太田浩史氏(建築家・東京大学生産技術研究所講師)
 第10回 デザインフォーラム「デザインの新境地~Design's New Frontiers」講演(9/26)
 (ニューヨーク近代美術館シニアキュレーター パオラ・アントネリ氏との対談)

乾久美子氏(建築家・東京藝術大学美術学部建築科准教授)
 第1回 デザインフォーラム「ガラスを使った設計について―AGC studioを中心に」講演(2010/12/21)

 

デザインフォーラム詳細へ

2011.10.29

ガラス建築ツアー(2011/10/29)

AGC studioがある京橋周辺にはガラスを使った建築が数多くあります。
図面や写真ではわかりにくいガラスの仕上がりや質感など、
ガラスの説明と共にご確認いただける機会として、
「ガラス建築ツアー」を企画いたします。 ガラス建築に興味をお持ちの方や、
ガラスの使い方をご自身で確かめたい方々のご参加をお待ちしております。

■日時 :  10月 29日(土)
        15:00~  AGC studio 見学(30分)
        15:30~  ツアースタート(AGC studio 出発)
        17:30   AGC studio 到着

■ツアー対象エリア : 銀座・有楽町周辺
■参加資格 : ガラス建築物に興味のある方

◇参加人数によってはツアー催行できない場合がございます。
◇集合時刻に遅れた場合、ツアーにご参加いただけない可能性がございます。
 当日は余裕を持ってお集まり下さい。
◇ご不明な点は、AGC studioまでご連絡ください。

銀座をめぐるガラス建築ツアー
左:「Glass Architecture Map GINZA」     右:ツアー風景

2011.10.13

U-30公開審査・30歳以下の若手建築家7組によるガラス建築の設計競技 (10/13)
・30歳以下の若手建築家7組によるガラス建築の設計競技 公開審査(10/13)


<AAF アートアンドアーキテクトフェスタ共同主催>

30歳以下の若手建築家7組によるガラス建築の設計競技 公開審査
U-30 Under 30 Architects Glass Architecture Competition
 
 
u30.jpg この設計競技では、今後の活躍が期待される30歳以下の若手建築家7組から、「多様な光のあるガラス建築」をテーマとして、ガラス素材の新しい使い方や表現の建築の提案について、1次審査通過の3作品をプレゼンテーション形式で公開審査します。
是非皆さまのご参加をお待ちしています。

■日 時:10月13日(木) 17:30~20:00(20:00~懇親会)
■テーマ:「多様な光のあるガラス建築」
■開催場所:AGC studio 2階会議室

■審査会参加建築家:
 設計競技に参加した7組の建築家の内、以下の3組が1次審査を通過し、
 審査会に参加します。
   海法 圭氏(海法圭建築設計事務所)
   加藤 比呂史氏、ヴィクトリア・ディーマー氏(KATO & Victoria)
   増田 信吾氏、大坪 克亘氏(増田信吾+大坪克亘)

■審査員:
   太田 浩史氏(建築家、東京大学生産技術研究所講師)
   平沼 孝啓氏(建築家・平沼孝啓建築研究所主宰)
   武田 雅宏
   (旭硝(株) ガラスカンパニー 日本・アジア事業本部 市場開発室室長)
   
最優秀作品は、来春AGC studioにてスケールアップして公開する予定です。

■定 員:70名(事前申込)
■参加費:無料

2011.10.06

AGC colors Guild 第1回セミナー
〈インテリア建材としてのガラスの可能性〉


AGC旭硝子ではインテリアカラーガラスの施工例を中心とした作品を紹介し、コンセプトから導き出された素材の使い方、デザイン意図などを、設計者に語っていただくセミナーを開催いたします。
今回は大塚則幸氏(株式会社大塚ノリユキデザイン事務所)と大野 力氏(sinato)にプレゼンテーションをお願いしました。
大塚氏と大野氏がお互いの作品に対して、聞きたいことを投げかけるトークライブを、商店建築編集長山倉礼士氏がコーディネートします。

■日 時:2011年9月28日(水) 18:30 ~20:00
■講演者 :大塚則幸氏 (株式会社大塚ノリユキデザイン事務所
       大野 力氏 (sinato
       山倉礼士氏 (商店建築編集長)
       木下 純  (AGC旭硝子)

■AGCcolors Guildとは:
AGC旭硝子のインテリア用カラーガラスを、広く建築家・デザイナーの皆様により良く知っていただくために、 特にカラーガラスに造詣の深い建築家・デザイナーの方々からの情報を皆様にお届けしようという試みのもとにつくられた組織です。
セミナーやこれからの情報発信によって、カラーガラスの新たなムーブメントが創出されることを願っております。

大塚則幸氏 【大塚則幸氏プロフィール】
株式会社大塚ノリユキデザイン事務所
1960年福井県武生市(現:越前市)生まれ。
"無のようで有であり、混在のようで透明な空間"をテーマにブティック、レストラン、 ホテルオブジェ、住宅等を手がける。またデザイン専門誌に海外エキジビションの取材寄稿および タイルメーカーのデザインカタログ編纂など、空間を主題としたデザインワークを行う。メーカーと共同開発で越前和紙を使用したロールスクリーンのパターンデザインでは、2007年度グッドデザイン賞を受賞。

大野 力氏 【大野 力氏プロフィール】
1976年大阪府生まれ。
金沢大学工学部にて都市工学を学び、卒業後にフリーランスを経て2004年に株式会社シナトを設立。
住宅や商業施設の設計を中心に、広告やアートに関わるプロジェクトも手がけ、その多くが国内外で様々な賞を受ける。
2011年より京都造形芸術大学非常勤講師。


2011.09.26

〈UIA連動企画〉 第10回 AGC studio デザインフォーラム
「デザインの新境地~Design's New Frontiers」

 


■日 時:9月26日(月)18:30~20:00
■講演者:パオラ・アントネリ氏
ニューヨーク近代美術館 建築・デザイン部門シニアキュレーター)
太田浩史氏(建築家 東京大学生産技術研究所講師)

【パオラ・アントネリ氏 プロフィール】
1994年より、ニューヨーク近代美術館の建築・デザイン部門シニアキュレーター。
彼女は企画や執筆を通じてデザインの改革や発展を推進し、特に2008年の「Design and the Elastic Mind」では、大きな影響力を発揮しています。最近の仕事として、このほどのMOMAのコレクションにthe @ signを加えました。また、展示企画や素晴らしいデザインの例である基本的な食材に関する本、「Design Bites」に取り組んでいます。

 

デザインフォーラム詳細へ

2011.09.17

第9回 AGC studioデザインフォーラム
「コンペに勝てるデザインとは」とガラス建築ツアー

 


■日 時:2011年9月17日(月) 18:30~20:00
■講演者:岡部太郎氏(坂茂建築設計)
■内 容:ニコラス G.ハイエック センターをはじめとし、坂茂のもとで数々の
     国際コンペに参加した経験から、勝てるデザインの条件を考察します。

岡部太郎(おかべたろう)プロフィール
坂茂建築設計 シニアアソシエイト 一級建築士
   1974   神奈川県生まれ
1997千葉大学工学部建築学科卒業
1999千葉大学自然科学研究科修了
1999~2000河野進設計事務所
2001~2003橋本文隆設計室
2004~坂茂建築設計

 

デザインフォーラム詳細へ

2011.09.17

ガラス建築ツアー(2011/09/17)

■日時:2011年 9月 17日(土) 16:00~17:30
■ツアー対象エリア : 銀座・有楽町周辺
■参加資格 : ガラス建築物に興味のある方


AGC studioがある銀座・京橋周辺にはガラスを使った建築が数多くあります。
図面や写真ではわかりにくいガラスの仕上がりや質感など、
ガラスの説明と共にご確認いただける機会として、
「ガラス建築ツアー」を企画いたします。 ガラス建築に興味をお持ちの方や、
ガラスの使い方をご自身で確かめたい方々のご参加をお待ちしております。


◇参加人数によってはツアー催行できない場合がございます。
◇集合時刻に遅れた場合、ツアーにご参加いただけない可能性がございます。
 当日は余裕を持ってお集まり下さい。
◇ご不明な点は、AGC studioまでご連絡ください。


銀座をめぐるガラス建築ツアー
左:「Glass Architecture Map GINZA」     右:ツアー風景

2011.08.27

ガラス建築ツアー(2011/08/27)
大好評企画「ガラス建築ツアー」を7月に続き8月も開催いたします。
皆さまお誘い合わせの上ご参加ください。

AGC studioがある京橋周辺にはガラスを使った建築が数多くあります。
図面や写真ではわかりにくいガラスの仕上がりや質感など、ガラスの説明と共に
ご確認いただける機会として、「ガラス建築ツアー」を企画いたします。
ガラス建築に興味をお持ちの方や、ガラスの使い方をご自身で確かめたい方々の
ご参加をお待ちしております。


 ツアー対象エリア  


 銀座・有楽町周辺

 参加資格


 ガラス建築物に興味のある方

 参加人数


 15 名程度
 ※5名以上のご応募より、ツアー開催します。


 テキスト


 AGC studio 発行 「Glass Architecture Map GINZA」  


 催行予定日


 8月27日(土) 16:00~18:30


 スケジュール


  16:00~  AGC studio 見学(30分)
  16:40~  建築ツアー スタート (AGC studio 出発) 
  18:30   AGC studio 到着


 参加費


 無料


 参加方法


 ツアー参加には予約が必要です。

 定員となりましたので申込受付を終了しました。


◇参加人数によってはツアー催行できない場合がございます。
◇集合時刻に遅れた場合、ツアーにご参加いただけない可能性がございます。
  当日は余裕を持ってお集まり下さい。
◇ご不明な点は、AGC studioまでご連絡ください。

銀座をめぐるガラス建築ツアー 
左:「Glass Architecture Map GINZA」     右:建築ツアー風景

2011.08.23

第8回 AGC studio デザインフォーラム
「建築のふるまい学(behaviorology)」

 


■日 時:2011年8月23日(火) 18:30~20:00
■講演者:塚本由晴氏

【塚本由晴 プロフィール】
 1965 神奈川県生まれ
 1987 東京工業大学工学部建築学科卒
 1987-88 パリ建築大学ベルビル校(U.P.8)
 1992 貝島桃代とアトリエ・ワン設立
 1994 東京工業大学大学院博士課程修了、博士(工学)
 2000- 同大学大学院准教授
 2003、2007 ハーバード大学大学院客員教員
 2007、2008 UCLA客員准教授
■著 作:『WindowScape 窓のふるまい学』『ペット・アーキテクチャー・ガイドブック』
 『メイド・イン・トーキョー』ほか
■建築作品:『ミニハウス』 『アニハウス』『ガエ・ハウス』『ハウス&アトリエ・ワン』ほか

 

2011.07.30

ガラス建築ツアー(2011/07/30)

■日時:2011年 7月30日(土) 13:00~15:30 (昼の部)
                16:30~19:00 (夜の部)
■ツアー対象エリア : 銀座・有楽町周辺
■参加資格 : ガラス建築物に興味のある方


AGC studioがある銀座・京橋周辺にはガラスを使った建築が数多くあります。
図面や写真ではわかりにくいガラスの仕上がりや質感など、
ガラスの説明と共にご確認いただける機会として、
「ガラス建築ツアー」を企画いたします。 ガラス建築に興味をお持ちの方や、
ガラスの使い方をご自身で確かめたい方々のご参加をお待ちしております。


◇参加人数によってはツアー催行できない場合がございます。
◇集合時刻に遅れた場合、ツアーにご参加いただけない可能性がございます。
 当日は余裕を持ってお集まり下さい。
◇ご不明な点は、AGC studioまでご連絡ください。


銀座をめぐるガラス建築ツアー
左:「Glass Architecture Map GINZA」     右:ツアー風景

2011.07.26

第7回 AGC studioデザインフォーラム
「NAME/名前や既成概念を消し、初めてのように考える」
~建築家が"スーパーしろうと"であることの意味~

 


AGC studioデザインフォーラムは、建築に使われているガラスに関係するテーマを中心に、講演者と参加者との双方向コミュニケーションができるような講演会です。
今回は、今世界が注目する若手建築家のひとりであり、常に新しい発想で建築の持つ魅力を見出されている谷尻誠氏に、建築について考えていることと名前の関係について、「NAME」というタイトルでご講演いただきます。ぜひ皆様のご参加をお待ちしております。

■日 時:2011年7月26日(火) 18:30~20:00(開場18:00)
■講演者:谷尻 誠氏(穴吹デザイン専門学校 非常勤講師、広島女学院大学 客員教授)

 

デザインフォーラム詳細へ

2011.06.24

第6回 AGC studioデザインフォーラム
「この先の公共のかたち」

 


■日 時:2011年6月24日(金)18:30~20:00
■講演者:曽我部昌史氏

【曽我部昌史 プロフィール】
建築家  神奈川大学工学部建築学科教授
みかんぐみ共同主宰
 1962      福岡県大牟田市生まれ
 1988      東京工業大学大学院修士課程修了
 1988~1994 伊東豊雄建築設計事務所
 1994~1995 東京工業大学建築学科助手
 1995      みかんぐみ共同設立
 2001~2006 東京芸術大学先端芸術表現科助教授
 2006~    神奈川大学工学部建築学科教授

 

デザインフォーラム詳細へ

2011.05.24

第5回 AGC studio デザインフォーラム
「大震災によって非構造部材はどう壊れたか ─地震とガラス」

 


■日 時:2011年5月24日(火)18:30~20:00
■講演者:清家 剛氏

【清家 剛 プロフィール】
清家 剛氏 ■東京大学 新領域創成科学研究科
 社会文化環境学専攻 准教授
■学位 博士(工学)
■専門分野 建築構法計画、建築生産
■経歴
 1964年 徳島県生まれ
 1987年 東京大学工学部建築学科卒業
 1989年 東京大学大学院工学系研究科建築学専攻 修士課程終了
 1991年 東京大学大学院工学系研究科建築学専攻 博士課程中退
 1991年 東京大学工学部建築学科 助手
 1999年 現職

 

■協 賛:

ガラスパワーキャンペーン

ガラスパワーキャンペーン ~明日のためにガラスができること~

 GPC活動ニュース ≫
デザインフォーラム詳細へ

2011.04.22

第4回 AGC studio デザインフォーラム
「自然エネルギー利用とソーラー建築デザイン」

 


■日 時: 2011年4月22日 18:30~20:00
■講演者: 大野二郎氏(日本設計)

【大野二郎 プロフィール】
大野二郎氏 ・(株)大野二郎 環境創造マネジメントセンター(CEDeMa)センター長
・(社)日本太陽エネルギー学会理事、ソーラー建築 部会幹事
・(社)日本建築学会(AIJ)地球温暖化対策アクションプラン特別委員会委員
・法政大学大学院/工学院大学 非常勤講師

作品
・投資育成ビル(1998):グッドデザイン賞、JIA環境建築賞
・J-House(2001):TEPCO環境住宅賞、INTER INTORAデザイン賞
・日本大学理工学部船橋校舎14号館(2004):グッドデザイン賞、千葉県建築文化賞、
 JIA環境建築賞優秀賞、SB05TOKYOサステナブル建築賞

著作
・ソーラー建築デザインガイド(2007):NEDO編(委員長)
・ソーラーアーキテクチャー・デザインブック(2007):日本建築学会編(委員長)
・未来をになう太陽光発電(2008):NEDO編(委員長)
・「環境世紀のデザイン」(2010):彰国社ディテール(共著)

 

デザインフォーラム詳細へ

2011.02.24

第3回 AGC studio デザインフォーラム
「スペースデザインとガラスの可能性」

 


■日 時:2011年2月24日(木) 18:30~20:00
■講演者:橋本夕紀夫氏 武石正宣氏

【橋本 夕紀夫 プロフィール】
橋本夕紀夫デザインスタジオ デザイナー
愛知県立芸術大学、東京藝術大学 非常勤講師。有限会社橋本夕紀夫デザインスタジオ主宰。JCD優秀賞受賞、ナショップライティングコンテスト優秀賞、タカシマヤ美術賞、BODW Gold Award 等受賞。代表作として、ザ・ペニンシュラホテル東京、Moonbird(ヤマギワ)など。
橋本夕紀夫氏

【武石 正宣 プロフィール】
都市環境照明研究所 所長
1959年   横浜出身
1982年   多摩美術大学 建築科卒業
1990~95年  株式会社 海藤オフィス
         チーフデザイナー
1996年   有限会社 ICE都市環境照明
           研究所 設立
武石正宣氏

 

デザインフォーラム詳細へ

2011.01.28

第2回 AGC studio デザインフォーラム
「箱の家のガラスをめぐって」

 

■日 時:2011年1月28日(金)18:30~20:00
■講演者:建築家 難波和彦氏 東大名誉教授 (株)難波和彦・界工作舎 主宰

【難波和彦 プロフィール】
1947年大阪生まれ。1969年東京大学建築学科卒業。1974年同大学院博士課程修了。
1977年一級建築士事務所界工作舎設立。1996年一級建築士事務所難波和彦・界工作舎
代表取締役。東京大学建築学科、早稲田大学建築学科、東京大学建築学科講師、大阪市立
大学建築学科教授を経て、2003年9月より東京大学工学系研究科建築学専攻教授。
2010年東京大学名誉教授。

 

デザインフォーラム詳細へ

2010.12.21

第1回 AGC studio デザインフォーラム
「ガラスを使った設計について─AGC studioを中心に」


■日 時:2010年12月21日(火)18:30~20:00
■講演者:乾久美子氏(乾久美子建築設計事務所主宰)

【乾久美子 プロフィール】
1969 年大阪府生まれ。東京藝術大学美術学部建築科卒業。イエール
大学大学院建築学部修了。青木淳建築計画事務所勤務を経て、2000年
乾久美子建築設計事務所設立。現在、東京大学、東京藝術大学、早稲田
大学、京都工芸繊維大学非常勤講師。

 

デザインフォーラム詳細へ
  • このページの先頭へ
  • イベント・講演会
  • 企画展
  • デザインフォーラムレポート
  • スタッフブログ
AGC studio 基本情報
建築用ガラスのコンシェルジュ、「AGC studio」。
ここでは、来場者にガラスに触れていただき、ガラスの魅力・機能を分かりやすく伝え、体感いただくショールーム機能のほか、お客様とのコミュニケーションやコラボレーションを通じて、これまでにないガラスの使用方法を追求し、新たなガラス文化の創出をめざしています。
 ※展示内容は都合により予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。
開館時間:
10:00~18:00
休館日:
日曜日、月曜日、祝日、年末年始、夏期
お問い合わせ:
03-5524-5511 お問い合わせフォーム
住所:
〒104-0031 東京都中央区京橋2-5-18 京橋創生館1・2階


※2016年1月より金曜日の閉館時間が変更となり、18:00閉館となりました。予めご了承ください。