ブログ

ホワイトデー

2017.03.18

皆様、こんにちは
AGC studioの吉田です。

3月も中旬を過ぎ、寒さが和らぐ日が増えてきましたが、皆様いかがおすごしでしょうか。
この季節、花粉には悩まされますね。毎年この季節は特定のアロマの香りで乗り切っている私です。花粉に効くといわれるティーツリー、ペパーミント、ユーカリなどをメインに、芳香浴を楽しみながらリラックスしています。皆様もぜひお時間ある時にやってみてください。

さてこの時期、女性は楽しみにしているイベントがあります。それは3月14日ホワイトデー。男性からの愛のメッセージを受け取れますね。毎年スタジオでも男性陣からの愛のメッセージが届く恒例のイベントとなっています。今年も木原スイーツアドバイザーがチョイスしてくれた、とっても可愛いケーキをいただきました。蓋を開けた瞬間に「キャーかわいい」って皆で感激したと同時に、あまーい香りが漂った部屋は、一瞬会社にいることを忘れた時間でした。さてさて、早速ケーキの写真です。今でも思い出すと、よだれがでちゃいそうです。

2017年ホワイトデー
1Fエントランスギャラリーは3~4か月に一度、新しいものに変わりますが、さて皆様は前回の展示の展示台はとても大きかった事、覚えてらっしゃいますか。展示最終日に私はどう撤去するのかな、大きすぎて運び出せないなって思って、ずっと気になっていたので、撤去の際、写真を撮りました。こんな感じで壊していました。

展示台の様子
長期間頑張ってくれていた展示台があっけなくパキパキという音とともに、折りたたまれてしまって無残な形になってしまいました。ちょっとかわいそうと思ってしまったのは私だけでしょうか。しかしながら、この撤去作業がスムーズに進んだおかげで、無事に3月9日より「U-35 Young Architect Japan. 多彩な光のあるガラス建築展」を開催しています。連日多くの方がご来館されていて、今回も大盛況です。6月3日までの展示となります。とても素敵な作品ですので、ぜひ皆様一度ご覧いただけたらと思います。

スタッフ一同、皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

春の企画展、始まりました♪

2017.03.11

皆様こんにちは。AGC studioの森原です。
まだまだ朝晩は冷え込む日もありますが、日中は日差しも暖かい日が増えてきました。今朝も通勤電車の中だとコート姿じゃちょっと汗ばむくらいでした。もうすぐ春ですね!

春と言えば、実はここ数年花粉症に悩まされています。ずっと無縁だったのですが、40歳を超えた頃に発症したようです。最初のうちは鼻づまり程度で「風邪っぽいかな?」と思っていたんですが、あるとき同僚から「それって花粉症の症状だよ」と言われて、花粉症の症状に当てはまっていることに気が付いてしまいました。
まあ私の場合比較的症状は軽いようで、鼻がぐずぐずしたりする程度で、特に薬を飲んだりもせずに済んでいます。あと1~2か月の辛抱ですね。

さてさてAGC studioでも、毎年恒例の春の風物詩(?)とでもいえる企画展が始まりました。「U-35 Young Architect Japan. 多彩な光のあるガラス建築展」です!

U-35 Young Architect Japan. 最優秀賞の川嶋洋平さんの作品「こちら側と向こう側」の実大展示や、優秀賞の酒井亮憲さん、前嶋章太郎さんの作品の模型など、ガラスの新しい使い方にチャレンジした若手建築家の提案プランが間近で見られます。

この企画展示はまだ始まったばかりですが、初日の3/9(木)には建築家の藤本壮介さんをゲストに招いてのデザインフォーラムも開催されました。
前半では提案者の方々を中心としたトークが、後半では藤本さんのレクチャーや、U35で審査員を務めた建築家の方々とのクロストークが行われ、会場にいらした多くのお客様は、一言一句聞き漏らさないようにと熱心に聞き入っていらっしゃいました。

展示の様子を少しだけ デザインフォーラムは盛況でした!

展示会場の様子は「さわり」の部分だけお見せしました。実際の展示はぜひ皆さん、スタジオで直接ご覧になってくださいね!皆様のお越しをお待ちしています。

 

春の準備

2017.03.04

皆様、お元気でしょうか。技術アドバイザーの木原です。
もう雛祭りです。寒い日もありますが、だんだん暖かい日の方が多くなっているような気がする今日この頃です。

私の畑もそろそろ春の準備をと、先日ジャガイモを植え付けました。冬の間、ビニールトンネルの下で寒さに耐えていた「キヌサヤエンドウ」や「スナップエンドウ」も太陽の下に出て喜んでいるようです。

畑のジャガイモ 畑のエンドウたち

先日、北海道・旭川に引っ越した友人が暖かい家に泊まりに来ないか、というので行ってきました。旅行でホテルに泊まるのとは違い、断熱の効いた(もちろんLow-Eペア入りの樹脂サッシですよ)住宅で3日間生活したのは貴重な経験です。

暖かい家と窓
札幌は雪まつりですが、旭川は冬まつりというのですね。規模は違うというか、雪と氷の違いがあり、全国のホテルの調理人が氷の彫刻を競い合っていました。

旭川冬祭り:駅前 旭川冬祭り:氷の彫刻たち

競い合うと言えば、昨年11月に最終選考の上決定した「多様な光のあるガラス建築展」~U-35 Young Architect Japan.~の勝者・川嶋洋平さん提案の作品展示の準備も大詰めに来ています。

今週末から設置工事がはじまります。ガラスの反射を利用した文字通り多様な光を体験できる装置?が一階ギャラリーに出現する予定です。 3月9日から始まる展示に、乞うご期待です。

 

浮世絵「東海道五十三次 藤沢宿」

2017.02.25

皆様こんにちは技術アドバイザーの磯崎です。
早いもので3月がすぐそこまで来ています。
寒暖の差や強風が激しい日が繰り返されていますが、確実に春が近づいて来ている様なので、花を愛でながらの楽しい屋外プレーもいよいよ解禁です。
今回は冬眠中に昨年7月に地元藤沢市辻堂でオープンした「藤沢市 藤澤浮世絵館」を見学してきましたのでご報告させて頂きます。
藤沢市が所蔵している浮世絵作品は、日本大学元総長の呉文炳(くれふみあき)氏から譲り受けたコレクションが中心となっているとのことで、2月は「浮世絵でめぐる旅と物語」のテーマで江戸時代後期の歌川広重の東海道五十三次や、葛飾北斎、歌川国貞などが描いた東海道にまつわる浮世絵数十点が展示されています。中でも藤沢宿や江の島のコーナーは生まれ育った地域でもあり身近なものとして大変興味深く観賞させていただきました。藤沢宿は日本橋から6番目で、時宗総本山清浄光寺(遊行寺)が立地し、江戸時代の庶民にとって信仰・行楽の地であった江の島や大山への参詣道の入口として栄えました。遊行寺や江の島は正月の箱根駅伝でもたびたび紹介されますので皆様にもおなじみの地だと思います。

時宗総本山清浄光寺(遊行寺) 江の島

因みに藤沢は箱根駅伝の往路3区、復路8区で、私も歩いて15分程度と近いので毎年3区の応援に駆け付けています。今年は3区で青山学院が首位に立ちそのまま総合優勝しましたが、私が応援していた場所ではまだ2位で、1位の神奈川大学とはかなり離されていました。
今回の展示会で初めて知ったのは、東海道で京都に向かう時、富士山が左側に見えるのは藤沢宿と吉原宿の2か所だけだと言うことです。後日西湘バイパスをドライブし、改めて確認する予定です。

3区で母校を応援 富士山が街道の左側

ところで、藤沢市は2015年の調査で「主婦が幸せに暮らせる街ランキング」で1位になりました。
海などがあり自然が身近、歴史がある、学校が多い、交通アクセスが良い、ショッピングが充実、などが評価基準とのことです。海が近く、気候が温暖で非常に住みやすいのは確かですが、通勤者にとっては東京まで約1時間のラッシュはかなりのダメージになります。

浮世絵館3月のテーマは「文明開化 変わりゆく浮世絵の景色たち」なので、またどの様な浮世絵を見ることができるのか楽しみにしています。
館運営の方のお話ですと、約1月半毎に展示を変えるのは作品を紫外線から守るためとのことでした。次回観賞する際は、弊社新商品の【低反射ガラス】クリアサイト高透過仕様合わせガラスタイプを紹介したいと思っています。合わせガラスで紫外線を99%以上カットして作品の退色・劣化を防ぎ長時間の展示を可能にすること、反射率を通常のガラスの約1/10の0.9%と微小に抑え、かつガラスの緑色を無くし展示品の本物の色の観賞を可能にすること等のメリットをお伝えしたいと思っています。
昨年11月、両国に「葛飾北斎美術館」がオープンしました。暖かくなったら是非こちらも観賞したいと思っています。

 

伝統と先端の融合

2017.02.18

皆様こんにちは。
AGC studioコンシェルジュの小林です。

立春も過ぎて、最近の日差しはなんとなく柔らかになり、春の兆しを感じます。
まだまだ寒い日は続きますので、ゆっくりと春までの時間を元気に過ごしたいものですが、暖かな春が待ち遠しいです。

先日のある朝のことです。いつものように通勤で東京メトロ銀座線に乗車し、AGC studioのある京橋までと思いましたら、なんだか車両の様子が違います。私は特に電車好きではないのですが、それでも車両とその中の様子がレトロで、でも新しいので、ふと辺りを見回して、少し観察してしまうほどでした。

銀座線車両 銀座線内部

あとから知ったのですが、東京メトロ銀座線は、今年の12月に開業90周年を迎えるのを記念し、当時の車両「旧1000形」を模して新造したレトロ仕様車両が運航開始されたそうです。ちなみに「伝統と先端の融合」が基本コンセプトだそうです。

私は朝から新しい発見があり、なんだか得をしたような気持になりました。

また、たしか歴史の教科書に書いてあった記憶がよみがえってきましたが、銀座線は1927(昭和2)年、浅草-上野間で営業を始めた日本初の地下鉄。今回の旧1000形は開業時から68年まで運行され、シンボルカラーの黄色い車体が親しまれたそうです。

AGC studioは、東京メトロ銀座線の京橋駅4番出口すぐのところにございます。(アクセスの詳細) もしかすると、その新しい銀座線車両に当たり、ご来館くださる方もいらっしゃるかもしれませんね。そのように当館は利便性も大変良いので、お近くにいらした際はぜひ足をお運びいただけたらと思います。

カラーガラス カラーガラス

そして、AGC studioでは、様々な意匠や機能を持つガラスや、映像とのコラボレーションを実現した商品「インフォベール」など多様な用途に合わせたガラス展示を行っています。皆様のご来館を心よりお待ち申し上げております。

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
  • このページの先頭へ

おおきなまちのちいさなリノベ展アーカイブ

  • イベント・講演会
  • 企画展
  • AGC studioで展示中の技術・新製品
  • デザインフォーラムレポート
  • スタッフブログ
AGC studio 基本情報
建築用ガラスのコンシェルジュ、「AGC studio」。
ここでは、来場者にガラスに触れていただき、ガラスの魅力・機能を分かりやすく伝え、体感いただくショールーム機能のほか、お客様とのコミュニケーションやコラボレーションを通じて、これまでにないガラスの使用方法を追求し、新たなガラス文化の創出をめざしています。
 ※展示内容は都合により予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。
開館時間:
10:00~18:00
休館日:
日曜日、月曜日、祝日、年末年始、夏期
お問い合わせ:
03-5524-5511 お問い合わせフォーム
住所:
〒104-0031 東京都中央区京橋2-5-18 京橋創生館1・2階